スパイの妻【映画評】

シェアする

学芸会度 100
お遊戯度 100
途中で帰りたくなる度 100
総合得点

いやはや、、、参った参った。。。。

9月ごろ付き合いだした女とこの映画観る直前に喧嘩になって別れました。ほんっと女は最初だけだ。いいなあと思うのは。だんだんと飽きてきて嫌になってきて、顔もみたくなくなる。で、金と飯にたかる卑しい性根に普段からイライラしているのだけど、とあるきっかけで爆発してしまう。ほんとにデート代一銭も払わない女はクソの塊。「何が全部奢ってもらえないと愛を感じられないの」だよ。頭にきてその場に置いてさっさと帰った。

いやいや待て待て。俺は映画観に来たんだった。そもそも今日は一人で観るつもりだったのに会いたくもないのに勝手について来やがって、それで映画代俺に払わせようとするからねえ。性根はコールガールとまったく同じ。こんな無駄に金かかる女と結婚した野郎って不幸だよなあ(鼻ほじりながら)。

そんなわけで、映画代もったいないしこの映画はそれなりに楽しみにしていたので返した踵を再び戻し、映画館へ向かう。

…2時間後、落ちたテンションは更にガタ落ち。史上最悪のゴミ映画でした(俺の精神状態が反映されたわけではない笑)

ここまでひどいとは想像してなかったなあ。。。てっきり重厚な歴史ドラマかと思っていたのだが、学芸会?お遊戯?演技も酷くて完全にガキ向けの映画。これ喜ぶのって旦那に生活の全てを依存して子供化してる主婦とかそういうの?ほかには全く思い浮かばない。試しに観てみてほしい(笑)。

ストーリーも噴飯ものにくだらないが、演出、演技、すべてが学芸会レベル。これでヴェネツィアで賞を取れた理由って本当に謎だが、731部隊を告発しようとする主人公の姿が「オー、ニッポンジン、センソウハンザイミトメテルネ。エライネ。クソツマンネィケドシカタネエカラ賞アゲルネ」みたいな感じなんじゃねえの?どうせ(おっとネタバレすまん。まあいいでしょこんなのネタバレしたって大丈夫だよ。本当にクソつまんねえから心配するな)。監督も賞貰ってびっくりしただろうし、嬉しくもなかったに違いない。こんな手抜きの学芸会お遊戯映画が評価されても複雑だと思う。「俺の他の映画も観てくれよぉ(´;ω;`)」と叫びたくなると思う(笑)。それぐらいつまらない。これは皮肉とかメタファーではなく裏はないと思って頂いて結構だ(笑)。

あと、個人的なアレで申し訳ないが、しみじみと蒼井優って不細工だなあと思っちゃいました。今はクソフェミの顔色伺って検閲通った話しかできない世の中になってきましたよね。だからこそはっきり言うけど、ほんっとブスです(笑)。どうしようもない。この不細工がみそらひばりみたいな喋り方ずっとしてるのがじわじわ迫ってくる感じで苦痛でした(笑)。泥人形の不思議な踊りみたいなのを延々見せられる感じ(笑)。とにかく力が抜ける。。。

演出も酷いです。役作りとか全くもうやる気すらないって感じです(笑)。韓国の適当な戦中映画のほうがまだマシなレベル。ひどすぎますね。軍人役は頭丸める程度のことさえせず、揃いも揃って令和で大流行のツーブロック(笑)。立ち居振る舞いや話し方も全くもって普通の令和の若者。役作りとか全然ナシ。昔の戦争映画観てみる程度の努力もせず、「別にこれでいいでしょ?」って感じの演技でとにかくやる気が感じられない(笑)。やる気全然ないのは確かだと思う(笑)。特に東出とかひどい(笑)。この若造があったかどうかもわからんような憲兵隊司令部で分隊長を勤めてるんだが、とにかく演技がひどい。全然軍人らしさとかないし、酷すぎ。「日本の一番長い日」辺りでもちょろっと観てみる程度の努力さえ放棄したのだろう。とにかく無茶苦茶酷い。その他の軍人も全部普通の令和の若者です(笑)。

高橋一生とかもこんな若造なのに貿易会社のCEOみたいな立場でとにかくお金持ちの役(リアリティ全然なし)。これが満州に渡ってうまいこと731部隊のノートを入手(笑)。一番気になるその過程は完全に割愛されてますし、何もかもがご都合主義。空いた口が塞がらない。なんか話し方とか大物ぶった社長風の演技をしようとしてるのだが、それがまた鼻に付く(笑)。とても高く評価できない。

このいけすかない金持ちが義憤に駆られて731部隊の存在と人体実験を国際社会に告発しようとするという、中学生でももちっとマシなストーリーを考えると思うんだがねえ。いや、本当にこんな話なんですよ(苦笑)。こんな話で芝居作ろうだなんて、本当に心からアホなんじゃないか。。と呆れ果てます。

で、高橋一生には夫に尽くしまくりのふるくっさい女房がいて、すっごく不細工で話し方が美空ひばりなんすよね。これがたくさん画面の中心にしつこいぐらい映るわけでして、それを観てるだけでも苦痛…だんだんと腹が立ってきます(笑)。

高橋一生と蒼井優の馬鹿夫婦は仲良くスパイごっこをしてまして、憲兵隊はこの素人丸出しのお遊戯インテリジェンスを全く感知できない(笑)。尾行もつけないし一度は捕まえるのにすぐ釈放。拷問は自白させるために爪剥がすだけ。素人芸です。こんな連中怖くもなんともないわ。(ドイツ映画「ヒトラー暗殺、15分の誤算」のゲシュタポの拷問でも観たらいい。このダメ映画の製作者たちは死にたくなるんじゃねえかな。)

つうか、こんな二人捕まえるのにわざわざ憲兵が出てくるかねえ?これってよくて特別高等警察、普通なら所轄の仕事だよな?憲兵が市民まで監視し始めるのは大戦中盤以降だろ。その辺の歴史考証もどうせ適当にやったに違いありません。

とにかく関連作として、かの世紀の駄作「スパイゾルゲ」を挙げたいと思いますが、あの駄作のほうがこれより100000000倍は良かった、と言えば少しは伝わりますかね?本当に。皮肉と取らずに真摯に反省してもらいたいのではっきり言いますけどね。本当にゴミですよ今回のこれわ。。

結局一途だが馬鹿な人妻蒼井優(こういうキャラ造形こそフェミの人は問題視したほうがいい。俺もこういう女は大嫌いだし心底軽蔑する)は、スパイの夫に裏切られて国に置いてけぼりにされてしまうわけだが、「アハハハハ!お見事!」と叫んでズコーっとこけてみせる。これなんてドリフのコントかと思いましたよ。心底馬鹿馬鹿しく思わず失笑。んで頭狂って精神病院へ収容されるようなんだが(これもなんつうひどい脚本だ)、はじめから精神病院にいたという設定で、「なにもかも全部キチガイの夢でした」という話だったほうがクソつまらないのは同じにしてもまだ納得できたと思うわ。そうなんじゃないかと本気で思ったもん俺。そう信じたかった(笑)。それぐらい酷い。掛け値なしに酷い(真顔)。

ぼろくそ書きましたけど、本当に酷いから仕方ねえよ。一応言っとくが俺は面白い映画は面白いとちゃんと書く人間です。これは今世紀ぶっちぎりの最低映画です。逆に是非観てください。国内で全く興業がふるってないのもそりゃそうだと完璧に納得しました。

(主人公は731部隊の蛮行をフィルムに撮ったとか馬鹿げた設定でして、その記録風の汚い白黒映像も劇中出てくるんです。これはそういう感じの作り物なのは間違いないのですが、こういうのが後年「Human Experiments of the Medical Forces of the Japanese Army」なんてキャプションつけられてウェイボーとかで拡散される訳なんですよねえ。この馬鹿映画の為にこんな映像を作って、それが将来宣伝に利用されるのかと思うと、ほんっと腹立たしい映画です。個人的には製作者は全部死刑にしたいぐらいだ

↓この記事が面白かったら拍手ボタンを押してください
web拍手 by FC2

↓管理人へメッセージを送る↓

お名前

メールアドレス (返信欲しい方のみ)

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認