羽生

シェアする

どうでも良すぎてウケたのが羽生選手の金メダル獲得劇だ。

いや、別に選手をディスる気は全然ない。怪我を乗り越え、言い訳一つせず、しのごのいわずに結果を出すのはできる男の美徳だ。彼が超人で、なおかつ謙虚で好感の持てるスーパー日本男子であるのは疑いない。俺がウケるのは彼の周りでグダグダ言ってる人間たちである。


いわく、羽生が凄いのであって?日本人が凄いわけじゃない?で、その左翼のおなじみのクソ面白くもない冷やかしに大真面目に反応して足を引っ張る自称愛国者たち。どっちもアホである。

俺の意見では、羽生が凄いのは確かだが、俺の生活にはまったく関係ない訳で、俺は現実主義者かつ利己主義者で、なおかつ超絶の拝金主義者で守銭奴なので、羽生が金メダルを取ろうが何しようが、本音ではどうでもいい。俺には一円も入らないからだ。

かと言って、その活躍に水をさそうだとか、冷やかしをいう気も全くない。それどころかニュースを見ながら「凄いじゃないの」とか、「大したもんだな、派手にこけて怪我してたのに」とかブツブツ言いながら酒を飲んでいる。会社では「凄いですよね✨」「嬉しいですよね✨」などと言ってみせる。でもそれだけである。それ以上は何も言わないし何も思わない。最近、俺は自分をごくフッツーの、多数派の日本人の庶民の代表みたいに思うから、たぶん俺の感覚は日本人のごく普通の中流階級のどこにでもいるオッさんのそれとほぼ同じだ。みんなそんな感じだと思うんだよ。

顧客の91歳の爺さんが、「変な話だよね。金メダルって凄いと思うけど、個人で貰っただけで国家は関係ないんでしょ? それを国民総出でもてはやすなんてさ。変な話だよ」と言ってた。これって戦争世代のごく普通の意見なんだろう。個人は国家の為に、という時代のいち意見であって、これはこれで尊重されるべきである。ちなみに俺の意見もこれに近い。

でも、ツイッターって場所はむやみに喧嘩するのが好きで、どっちが上でどっちが下か、頂上決戦ばかりしてる人間の吹き溜まりだと認識してるのだが、例によって争う必要もないアホのような理由でお互いの足を引っ張りあっている。こんなことでは北朝鮮と戦争しても勝てないだろう(笑)。お互いの意見を冷静に認め合うということができないと大人とはいえないし、相互理解も深まらない。意味もなく相手の意見を否定してはいけない。否定したって意味はないし、聞き流したって別に何も起きない。別に本気でどうでもいい話なのに、何でそう意味もなく喧嘩するんだと思ってしまった。(←俺に言われちゃおしまいだと思うよ)

羽生や将棋の藤井六段に夢を託し、自分も頑張ろうとモチベを保とうとするのは別に自然なことだと思うし、そもそも人の勝手だ。他人がとやかく言うことではない。国家がどうのこうのと野暮もいいとこだ。

でも同胞だろうがなんだろうが、そんなもんは他人の祭りであって、別にどうだっていいよ、、というのも別にそれはそれで普通の意見だ。

問題の根っこは、他人が自分の意見と同じじゃないとダメなどというエゴイズムであって、そこを涼しい顔でスルーできないなんて、よっぽど自分に自信がねえんだな、と苦笑いしてしまう。なんで他人が自分と同じ意見じゃないと許せないんだろ?よくわかんねえな。

↓この記事が面白かったら拍手ボタンを押してください
web拍手 by FC2

↓管理人へメッセージを送る↓

お名前

メールアドレス (返信欲しい方のみ)

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認