「 無法地帯 」一覧

「ノーカントリー」と無法地帯

 

 


コーマック・マッカーシーの「血と暴力の国」が原作のクライム映画。
「ファーゴ」のコーエン兄弟の監督作品だ。

正にドストライクのテキサス犯罪映画である。
80年代の無法地帯テキサスで麻薬組織や殺し屋に付け狙われるとある男の物語だ。

>>続きを読む


「石の花」と無法地帯

国家が斃れると無政府状態になる。当たり前のようだがなぜだろうか?

国家は暴力を行使する唯一の権限を持っており、何者かが暴力をふるって国民が被害を受ければその暴力を勝手に振るったクソッタレを国家がじきじきに暴力によって叩きつぶす。

警察や軍隊以外に暴力装置がないのが正常な秩序ある社会といえる。

しかしとある国には警察・軍以外にも暴力を振るうための組織が存在していることがある。
それらはしばしば民兵・自警団・ゲリラ・傭兵・ヤクザなどと呼ばれる。

国家はそれら私設暴力組織を完全には制御できないことが多い。
それどころかしばしば完全にコントロールを失う。
理由は様々だがこういう状況に陥れば秩序は失われ無法地帯と呼ばれる。

ひとたび無法地帯に陥れば女は犯され子供は拉致され老人は殺され家には火を放たれる。

>>続きを読む

↓この記事が面白かったら拍手ボタンを押してください
web拍手 by FC2

    ↓管理人へメッセージを送る↓

    お名前

    メールアドレス (返信欲しい方のみ)

    フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。

    確認




    「ドラゴンヘッド」と無法地帯

    あらすじ:修学旅行の帰り道の新幹線がトンネル内で脱線事故を起こす。生存者はわずか3名。たった3名で新幹線の中でサバイバルをし、やがて家路を目指すようになる。

    知ってる人も多いでしょう。当時はかなり流行ったと記憶しています。
    新幹線という閉鎖空間における密室サスペンスと思われた本作だが、何のことはない、とっくに新幹線の外の世界も終わってしまっていた。灰が降り積もり、政府は機能を失い、流言飛語が飛び交い、少ない水や食糧をめぐって人々が争い、未来に何のビジョンも描けなくなってしまっていた。

    ※ちょい前に書いた”無法地帯特集”の復旧
    >>続きを読む


    「ブラッドメリディアン」と無法地帯

    85年に発表されたコーマック・マッカーシーの比較的初期の小説だが、20世紀後半の最も優れたアメリカ文学の一つと評される作品である。

    これはすさまじい。
    舞台はテキサス州の帰属をめぐってアメリカとメキシコが戦争をした1845年前後のアメリカ南西部。主にテキサスとメキシコだ。正に無法地帯の荒野である。

    >>続きを読む


    「アシュラ」と無法地帯

    asyura

    途方もない飢餓・・かつて日本は天災の影響でたびたび深刻な飢餓に襲われた。その度民は飢えて膨大な数死んだが、権力者は民から食糧をぶんどり生きながらえる。古くから変わらない世界の仕組みの一つだ。

    ※昔書いた書評の復旧

    >>続きを読む


    「ザ・ロード」と無法地帯

    ぼくたちは誰も食べないよね?
    ああ。もちろんだ。
    飢えてもだよね?
    もう飢えてるじゃないか。
    さっきは違うことをいったよ。
    さっきは死なないっていったんだ。飢えてないとは言ってない。
    それでもやらないんだね?
    ああ。やらない。
    どんなことがあっても。
    そう。どんなことがあっても。
    ぼくたちは善い者だから。
    そう。
    火を運んでるから。
    火を運んでるから。そうだ。
    わかった。

    >>続きを読む