「 こだわるべき道具 」一覧

私見ーファストファッションブランド百人斬り 〜どの格安ブランドで買うべきか〜

いやはや。。

仕事が忙しすぎてご心配おかけしております。

最近はあまりにクソ暑いので、お得意のジャケパンスタイルが目下崩壊中です(笑)。暑くてかなわん。。そんな中、東横線の満員電車で通勤してると、暑いにもかかわらずシャツ着てスラックス革靴姿といういでたちのサラリーマンたんが山ほどおる。舐められるわけには行かねえ! スーツを着る必要はないが、37歳ビジネスパーソンとして恥ずかしくない格好で出勤せねば! というわけで今夏はボーナス無しにもかかわらず服をたくさん買いました笑。
(こんな事ぐらいしかネタがないんだな〜と憐れんでください^^;) >>続きを読む





こだわるべき道具ー財布編

こだわるべき道具と言ったものの、おれは長らく財布にはこだわりなかったんすよ。。考えたこともなかったんですよね。財布なんてなんでもいいじゃん、、とも良いものがほしいなあ、とも、なんとも。

>>続きを読む


こだわるべき道具 眼鏡編

megane

眼鏡くんといえば一昔前のがり勉(死語)の童貞野郎を意味する侮蔑語であった。

昔、日本で流通していた眼鏡はデザイン面がパッとしない上、医師の処方箋を貰って専門店で買う医療補助具としての役割がメインであり、値段もたいそう高く、昔はメガネは貴金属としての扱いを受けていた。

>>続きを読む



こだわるべき道具 革靴編

スターリングラードにせよ、アウシュビッツにせよ、真っ先に必要だったものがある。それがだ。

靴がない環境では、人間は生きられない。寒ければ凍傷を受け、そうでなくとも怪我を負ってそこから細菌が侵入してくる。足を怪我すれば人は歩く速度が遅くなり、生存できる可能性が著しく下がる。
>>続きを読む


こだわるべき道具 ダウンコート編

道具と言ってもかっこだけでは魅力は半減だ。かっこよく、なおかつ実用的でなければならない。そして極めつけは愛着が湧くような魅力的なフェイスが必要だ、、なんてことを倦んだ脳で考えたりもしたのだが、ただかっこいいだけではだめだ。21世紀のアーバンライフをたくましくサバイバルするために、ともに乗り越えるための力強いなにか、、そうそれは「戦友」と呼ばれるべきではないか。ワタクシが求めているのはそんなドーグである。
>>続きを読む


こだわるべき道具 腕時計・ジーパン編

おれがなんでドイツ軍趣味を始めたかって軍服が好きだからである。アレはかっこよすぎる。戦後七十年も経つのにまだ東洋人さえ魅了する恐るべき官能。ナチが何かオカルトじみた魔力を持つとしたら、それは間違いなく軍服から立ち昇る香気である。
>>続きを読む