「 第三帝国極悪伝説 」一覧


第三帝国極悪伝説30
ジプシー絶滅に協力した博士たち


ロベルト・リッター & エヴァ・ユースティン

Dr.Robert Ritter & Dr.Eva Justin

rittereva

L:Ritter   R:Justin

”ジプシーの根絶に尽力した人類学者たち”

所属:人種優生学・生物学的人口学研究所
出身:共にドイツ
職業:医学博士・人類学博士
罪状:ナチ政権の”ポライモス”政策を理論的に後押しした

>>続きを読む


単なる日記

このブログの左の下の方にアンケートがあると思うんですけど、誰かがたまに投票してってくれるもんで、時々チェックするのがささやかな楽しみになっているのですが、今までは社会への文句系のネタに力を入れてほしいとの声が多かったのですが、最近はナチ系や戦争系の話題が人気のようで、集計すると一位になりました。となると、俄然ワタクシもサービス精神が働くもので、何かをしないと!という心境である。

>>続きを読む




第三帝国極悪伝説外伝
ラトヴィア編
アラーイスコマンド

ports_latvia_l

ラトヴィア首都リーガを流れるダウガヴァ川左岸に住むエルマル・リヴォシュが晴れ渡った青空に見慣れぬ戦闘機を認めたのは、6月22日の早朝だった。飛行機音は、夜のうちから聞こえていたという。何事かと訝りながらも、リヴォシュは息子を幼稚園のサマーキャンプに行かせることにした。それがとんでもないことだとわかったのは正午のヴァチェスラフ・モロトフのラジオ放送で独ソ戦の始まりを知ったときだった。

>>続きを読む


第三帝国極悪伝説28
ヴォルフラム・フォン・リヒトホーフェン②
スターリングラード大空襲とNKVD

IMG_0670.JPG
1942年8月23日の日曜日、スターリングラードという名の欧州最大の都市は地獄と化した。街路に取り付けられたラウドスピーカーが繰り返し報じる。「同志のみなさん、警戒警報が出ました。同志のみなさん、おしらせします。警戒警報が、、」

>>続きを読む


第三帝国極悪伝説外伝
自由フランス編
同胞に処刑されし東部戦線の英雄たち報われざる青春

33-SS-Charlemagne-px800[1]

自由フランス軍というとどんなイメージだろう。連合軍のノルマンディー上陸でなんとか息を吹きかえしたというイメージが付きまとう。実際自由フランス軍はアメリカ軍司令部の傘下で戦うこともあり、兵士たちは米軍の制服を改造したりそのまま着てるものもいた。
>>続きを読む

第三帝国極悪伝説外伝
クロアチア編
ウスタシャの怨念


SL1[1]

Axis_occupation_of_Yugoslavia_1941-43[1]

1941年4月6日、ユーゴの反独新政権を打倒するべく、ドイツ空軍が戦端を開いた。その後ドイツの電撃作戦が圧倒的な成功を収め、ユーゴ軍総司令部はわずか10日で降伏し、ユーゴスラヴィアは解体された。
>>続きを読む