「 漫画の話 」一覧

戦争は女の顔をしていない(コミック版第3巻)【書評】



「戦争は女の顔をしていない」コミック版の記念すべき第1巻を購入して読んだあと、ちょっとした心の中のモヤモヤを書き殴ったら、頭に来たらしいお方に攻撃されて炎上してしまった。それは記憶に新しい。とはいえ、当時は炎上していたことにさえ気が付かず、誰かが「炎上してますよ」とタレこんでくれてようやく知ったのだが(今思うと炎上させたご本人が教えてくれたのかもしれない)、とにかくアニメ、声優、オタクなどその付近の文化を叩くと、1億倍ぐらいの規模の報復が高率であるため、俺も慎重になってしまった。彼らはネット社会では強者である。インターネット世界での効率的な暴力のふるいかたを熟知しているという面では現実社会での暴力執行機関(警察・軍隊・ヤクザ・自警団)に近い存在だろう。文字通り暴力で人々を黙らせる達人揃いだ。俺も今後は彼らを怒らせるような愚かな真似はせず、全ての表現を自粛したいと思います。

ただ、それに反し、あのレビュー記事はここの常連読者にはおおむね好評だったので、続刊が出たら購入していたが、第2巻はショージキ思い出すのも難儀な退屈な印象しか残っていない。なぜか読み直したいとも思わず本棚で埃をかぶっている。

そしてつい最近、第3巻を本屋で見つけた。ウクライナ侵攻がトピックスの今、東欧の近代史に関心が高まっている筈である。関係は無いと思うが奇しくもティモシー・スナイダー教授の「秘密の戦争――共産主義と東欧の20世紀」も邦訳され、4500円もしたのに一緒に買ってしまった。おかげで駐車場代は4時間もタダになった。ちょっと読んだ感触としては「赤い大公」に似た感じの内容であるが、まさしくロシアとウクライナとポーランド、バルト三国にまたがる戦間期の情報戦を詳述した本だ。今の時代を読み解くのに知っておくと格好いいかもしれない。そんじゃそこらのやる気では読破もできないと思うが。。

秘密の戦争についてはまだ全部読んでないので機を改めるが、今回のこの第3巻、傑作である。断言…圧倒的断言…!

☆有料記事について


少女漫画

いやー、少女漫画を読んでると胸がトキメキますなあ‥(真顔)

というか、少女漫画という表現は違うのかな?最近のサブカルのカテゴライズの複雑さにはもはや全くついていけないので、ちょっと的外れなこと書いてるのかもしれませんけれども。

いわゆる、10代の女性が読む古き良き?ソレコレではなく、20〜40ぐらいのアラサー、アラフォーぐらいの女が読んでそうな漫画が最近の好みである(真顔)。今調べたらレディースコミックというらしい。(あってる?)

>>続きを読む


ワタモテ

今更話題にするのはどうなんだともちろんわかっているが、これは一時の流行のみで終わらせるのはあんまりの愚行。実は数年前にも何度かこの漫画について書いているのだが、長らく読むのをやめていた。最近になって、あまりに娯楽が減ってきたためにスマホゲームとスマホでのコミック購買をやめられず、めちゃくちゃ買いまくってその流れで途絶えていた続刊の購読を再開した。漫画を金出して買うのとか久しぶりだったんだが、後悔はない。他にはバキの宮本武蔵編にハマったりとかな。で、シグルイの影響めちゃくちゃ受けてるのモロわかりだったんでシグルイをまた読むだろ?ついこないだ読んだばっかりだったんだがちょっとだけよと思ってたらまた全部読んでしまった(この作者はマジに不世出の天才)。すると作者の他の漫画も読みたくなったりとかしてな、、、、ぶふ~~~~

>>続きを読む


忍者武芸帳(影丸伝)【書評】

だいぶ前にカムイ伝の話をした気もするんですけど、男の子ってのは人生において恐竜と忍者と大ドイツにハマる時期が絶対どっかにあるもんなんすよ(真顔)。白戸三平さんの漫画はうちにもたくさん置いてあったので子供のころからよく読んでいました。「カムイ伝」はハードコアな作品で正直きつかったですが、「ワタリ」は小学生などにも大変読みやすいマンガで一番好きでした。「忍者武芸帳(影丸伝)」はカムイ伝のハードさもありつつ、「ワタリ」のヒーロー漫画的色彩も濃かったので、マニアぶりたいサブカル大学生などに勧めたい作品。

おなじみの階級闘争史観もありつつ、忍者漫画らしい真っ向勝負なバトル時代劇でもある。

>>続きを読む


聖闘士星矢を、語る

ここ半年ぐらいで、スマホゲームの「聖闘士星矢ゾディアックブレイブ 」にハマって毎日不毛なバトルを繰り返すうちに俺の中の小宇宙がどんどん燃えてきて、結局コミックスをほぼ全部買い直すという事態に至りました。何してんだ俺は。夏には試験受けるのに。

そこで、色々な外伝作品も読んだんすけど、やっぱり車田が書いた原作こそが至高だとの結論に至りました。


漫画ルポ「中年童貞」

かる〜〜い気持ちで「ピッコマ」で読んでみた漫画だが一気にハマってKindleで購入し、読んでしまった…これはえげつない。

ギャグ漫画なんだが、いわゆる「中年童貞」なるカテゴリーを一つの棄民問題として捉える内容だ。これは僕のブログでもちょっとそういう要素はあって、たくさんの中年童貞の方々から嫌がらせや罵倒を浴びたりもした。もはや社会全体でこの問題を考えるべきだという機運も高まっている。何しろこの漫画でルポルタージュされてる人物は全て強烈極まりないが、「ああ、いるよな。たしかに」と思える人々ばかり。確かにいる。確かにいて、さまざまな人に迷惑をかけている。 >>続きを読む


殺し屋1

最近暇なのでネットで無料漫画を漁っていたら、「殺し屋1」が全部無料で最初から最後まで読めるというので読んでみた。軽く流すつもりだったのだが五時間ぐらいかけて熟読してしまった(笑)。お、おもしれ〜。。。 あまり言うとますますおっさんくさいので言いたくないのだが、、、、ちょっと前まで漫画も面白かったし映画も面白かったし音楽も素晴らしかった。「今」ってほんとにつまんね〜〜。。。。これは年寄りの定番文句だと思うのだが、そう感じるのはホントなんで、おれも戸惑いながらもやはり断言するしかないのだ。いやだね、、、また老害と言われてしまう(おれはまだ36だぞ!)
>>続きを読む


ミスミソウ

ムナクソ悪い系のホラー漫画だ。ホラーといっても幽霊は出てこないしゾンビも出てこない。今はやりの「本当に怖いのは人間」系のホラー。ごくありふれたプロット。

いじめられっ子が、いじめっ子に家族を殺され、復讐鬼と化すという、色々と既視感のある設定だが、絵柄や表現が個性的で、ありふれたお話ながら異様な緊迫感を放つ一作だ。けっこう胸が悪くなった。

>>続きを読む



恋は雨上がりのように リアルなのかオヤジの夢か

熱を出して会社を休んだ。そこで急遽漫画を読んだ。

試し読みだけのつもりだったのだが、おもしろかったのでついつい課金して全巻読んでしまった。序盤からぐいぐい引き込まれた。絵も上手だ。

ミステリアスな女子高生が、バイト先の45歳のオジサン店長に恋をするお話である。
こう書くと気持ち悪い話だな、と思うであろうが、なかなか女子高生の心の動きなどが瑞々しく、可愛らしく、かつありえそうな感じに表現されている。
>>続きを読む