「 書評 」一覧

銃 中村文則

表紙もタイトルも非常に地味な、、、一見売る気あるの?と訝ってしまうような文庫本である。

これは中村文則という作家さんのデビュー作で、新潮新人賞を受賞。筆者はその後も芥川賞をはじめ、数々の賞を受賞し、しかも海外での評価も高い。デビューからして24歳?ぐらい?だったか。いわゆる鬼才である。

>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください

エンタメか純文学かファンタジーか②

別館でこんな話をしていたのだが、だんだん本気になってきたのでこっちで公開することにする。

エンタメか純文学かファンタジーか①

重い歴史的なテーマや戦争をエンタメとして描写した作品はあるのだろうか? そんなもんいくらでもあるわ! と言いたいところであるが、やはり映画やアニメやマンガに多いと思う。

「シンドラーのリスト」「ライフイズビューティフル」など、ホロコースト映画の多くは娯楽映画として作られている。もちろん単なる娯楽映画ではなく、強いメッセージ性のこもった(これを宣伝と呼ぶか否かはまた別の話である)作品が多くある。

>>続きを読む


シュナの旅 思い出深い作品

嘘だろ? と思われるかもしれないが、おれは子供のころから「風の谷のナウシカ」が好きであった。特にナウシカのきゃわいさと巨神兵のド迫力に魂を抜かれた口である。だがクソのような田舎小学校にいた時、なんか知らないが「ナウシカが好き」とは言い難いものがあった。なんかそういうことを公言するといじめられる危険があったのである。アニメ好きやオタクは子供のころから粛清の対象で、無秩序な赤色テロルに晒される危険があったので、随分長いことナウシカがお気に入りということを隠していた。
>>続きを読む


ティモシー・スナイダー

今日本屋で「ブラッドランド」のティモシー・スナイダーの新刊の邦訳が出ていて軽くレジ横でフェアなんかされてて驚いた。


「ブラックアース」。モノクロの表紙がいいカンジである。センスいいなあ、、、

「ブラッドランド」と同じような雰囲気の表紙で上下巻、でも上下で450ページぐらいで、わりとコンパクトな本なのに、上下で6000円以上したので頭にきてほぼ立ち読みで済ませた(笑)。
(下巻なんて3分の1ぐらい役者のあとがきと参考文献の羅列なのに3000円以上するんやで! えげつないのう! 商業主義者に大量テロルを行え!

>>続きを読む


ブラッドランド ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実

筑摩書房の「ブラッドランド」を記事にまとめてみたが、あまりにも膨大な文字数になってしまったので、もっと読みやすく調整して、使えそうならどこかで使おう思っているが、いまのところ見合わせている。

この本は30か国で刊行された全米ベストセラーだが、ブラッドランドという概念は日本人には理解不能だろうなあ、と思う。
>>続きを読む


トレブリンカ叛乱-書評

「サウルの息子」を観た記念に、刊行されたばかりのこの本を読もう、と思い買ったはいいが、やや読みにくい文章のおかげでようやく読了。

トレブリンカ絶滅収容所でゾンダーコマンドとして働いたユダヤ人青年の手記である。

サウルの息子 戦争映画中央評議会
>>続きを読む


書評-ディファイアンス

これはダニエル・クレイグ主演で映画化されている。

映画を観たのが先で、映画の内容がイマイチ頭に入ってこなかったというか、少しなじみの薄い素材のように感じたので、原作を読んでからレビューを書いた方がいいのかなあ、などと思い、本を買って読まずに積んで早三年。。。映画レビューもできないまま無為に時間だけが過ぎていった形だ。ここまで映画の感想文をかくだけなのに、手を焼かされた記憶はあまりない。
>>続きを読む



書評―戦場のコックたち

長いことこういう小説を探していた。

日本人の作家の手で
第二次大戦が舞台で
下手に日本人が登場せず
軍事的リアリティや史実に手を抜かず
異文化を描き切る、、
そんな戦争小説を
>>続きを読む