「 怒り 」一覧

香港の戦い

(ごめん。ちょっと前に書き溜めてた記事の一つ。もうネタとして古いかも。東大祝辞についてもコラムを書いたんだが今更すぎて公開できない。こういうのいっぱいあるんすよ。)
香港が中国共産党に、赤い帝国に呑み込まれようとする中、民衆の抵抗運動が盛り上がっているね。これに注目せず言及もしない人権屋はエセなのだから、絶対に信用しないように。偽物だと断言する。

中国共産党は、人類の歴史でこれまで存在したあらゆる政体の中でも最悪、最も邪悪かつ非道な独裁体制である。

今日の中国の統治者達は血で汚れた下賤な犯罪者であり…人間の屑であり 、悲劇的な時期の情況に恵まれて大国家を打倒し 、その指導者的なインテリ数百万を粗野な残忍さでもって惨殺し 、根絶し 、今やざっと100年ばかりの間どんな時代にもなかった残酷きわまる暴政を…

>>続きを読む

↑この記事が面白かったら拍手でもしてってください。


学習性無力感

学習性無力感とは、ある個体がすごく努力したにもかかわらず全然結果を出せず報われなかった経験を何度も繰り返すうちに、努力することを放棄し、文字通り諦めて何にもしなくなってしまうことを言う。

セリグマンという心理学者が、犬に電流を流す実験で明らかにした。犬は逃げても逃げても電流を流され続ける環境に置かれるうちに、次第に逃げることをやめ電流を食らうままとなり、抵抗を諦める。
>>続きを読む



ウトヤ島、7月22日

衝撃度 100
緊迫度 100
窒息度 100
総合得点 95

 

ひゅ~~~

い、生きててよかった、、、劇場を後にしながら心からそう思った映画だ。

軽い気持ちで観てみたらとんでもない! あやうく「ま、いいかDVDで。」と見逃してしまうところだった。こいつは本気でやばい映画だった。なるべく画面がでかくて音の大きい映画館で観て欲しいところだ。

2011年7月22日、午後3時ごろノルウェー首都オスロの政府庁舎前で自動車に仕掛けられた爆弾が爆発。8人が死亡。午後5時にはオスロから40キロ離れたウトヤ島で銃乱射事件が発生。当時島ではノルウェーの伝統的な左派政党「労働党」の青年部(AUF)によるサマーキャンプが開催されており、何百人もの若者が恋にスポーツに、と夏を謳歌していた。

通信障害と警察の初動の遅れにより犯行は72分間に及び、69人が射殺された。

>>続きを読む


白人至上主義

明けましておめでとうございまつ。

早速でナンですが、この世は白人至上主義なんだと改めて主張致します。

しつこくてアレですが、この世のありとあらゆるスタンダードの元を辿ると、根っこの部分にはでっかい字で白人至上主義と書いてあるんですよ。
>>続きを読む


滅び

東京五輪の次は大阪万博だそうです。
良かったですね。
壮大な団塊世代の悪あがきにもうつります。

昔のことは知りませんが、要するにこの国は内需でどうにか切り盛りしてたんです。それがもうできなくなった。みんなみんな歳をとって、子供は産まれず、日本人だけで未来を描くのは不可能になったからです
>>続きを読む


日本は助けてくれ~と叫ばない者を救わない

家を買いまちた。

37歳にして3750万円の借金を背負いまちた。地銀の変動金利0.6パーセントです。フラット35やネット銀行と、どっちがええんか限界ギリギリまで悩みましたが、東京五輪が控えてるとはいえ、この国が大きく成長することはないと考えました。ごめん。金利もしばらくこのままゼロ金利でしょう。(…と信じたいという話)

様々な面倒な手続き、審査をくぐり抜け、ようやく融資にこぎつけました。でも借金に変わりはない。見ようによっては人生詰みました。 >>続きを読む


夏はホラー映画

夏になるとホラー映画が観たくなるんですよね。しかもじとーっとネチっこくて薄暗い、日本のホラーが最高である。
平山夢明原作の『「超」怖い話』を借りたんですよ。

これは近所でずーっとレンタルされてていつまでたっても帰ってこないから「きっとカルト的面白さなんだろう……絶対大盛りで観よう(ごくり)」と思い痺れを切らしてツタヤディスカスでレンタルしたんだが、噴飯ものの駄作でごんした。多分怖さのクオリティは悪く無いはずなんだが、俺の目が肥えてしまってるんだと思う。全然満足できなかった。余計欲求不満が溜まってしもうた。 >>続きを読む


現実と幻想

最近はブラック企業に提供する労働の時間以外はほぼ全部家事に追われるか寝ているし、僅かばかりのプライベートは親しい人々との時間に捧げている。「万引き家族」以来、たぶん一本も映画を観ていないし、趣味的なものってほとんど何もしていない。ネット民から言わせれば哀れな社畜である。
>>続きを読む


東京都某区

東京都某区……
な、なんだここ……?中央軍集団が破られてがら空きになった東プロイセンみたくなってるぅぅ……。オーデル川を渡河してみたらびっくりぃ……ジジイとババアとガキと障害者しかいないぃ……。元気がいいのは駐輪場の係員と、やたらあちこちでパトロールしてる国家の犬(注:警視庁)だけ…!若い男は全部前線に取られて街には一人もいない!だからなのかやたらと本当に警察官が多い。誰だよ、デコは常に二人だとか抜かした野郎は。チャリンコ乗ったお巡りさんはだいたい一人なの! >>続きを読む