「 怒り 」一覧

善行


毎日毎日善行を積んでるのだが、、、年明け以降悪いことばかり続いている。

年末年始でクライミングに打ち込んでいたら肩を壊し、治療のためにクライミングがてきなくなってしまったのがまず1つ。
>>続きを読む

↑この記事が面白かったら拍手でもしてってください。


地球環境

昨年、ツイッターというこの世のケツの穴みたいな場所で見るに耐えない人類の醜態にお鼻を摘まされることは山ほどあったが、そんな中でも俺はけっこう右向きなアホどもと左向きのアホどもを両方差別することはなく、じっくり読んでいた。
>>続きを読む


少子化

国が挙げてる少子化対策は完全に検討違い
もはや政策を作ってるジジイどもは自分らがもう子作りなんかする当事者ではないから、時代が変わったことにも気がつかず、虚しく無意味な対策を並べ立てる。警察や消防署が時代劇みたいな訓練をカメラの前でPRとしてよくやってるが、アレと同じ。お仕事してますよ〜という単なるポーズ。本当に解決しようなどとは考えてすらいない。子作りしないのは子作り世代のお前らがちゃんと腰フラねえから悪りぃんだろ、バーカと思っている。今日はこの辺を切っていきたい、切りさばいて斬り捨てたいと思っております。多分長文になります。ジジイと異世界ファンタジーに夢中なガキは帰ってくれ。君らには関係のない話だよ。
>>続きを読む


エリカさま


やってそうとしかいえない

沢アナ…失礼。沢尻エリカの合成麻薬所持→緊急逮捕のニュース。お茶の間をほっこりさせてくれましたね。僕も大爆笑しました。いやーやってそうだなとしか思えませんでした。スンマセン(笑)。似合ってるとしか言いようがないです。ごめんなさい(笑)
>>続きを読む


草食系

この世で最も嫌いな言葉は「草食系男子」。
これはもはやドイツ諜報機関が国家転覆の企てを偽装するために作った壮大な陰謀なんじゃないかと思えてくる。←統◯失調症

まあ、ジョーダンというか今日のエントリは完全にネタだが、「草食系男子」という言葉が大嫌いなのは本当だ。この言葉を作った者の罪状は明らかな筈だから、速やかに銃殺刑に処すべきである。

男を馬鹿にするために作られた言葉としか思えない。もう出てきたての頃からムカついていたから筋金入りだ。ちなみに好きな言葉は「死」「破壊」「強制収容所」である。
>>続きを読む


強すぎても弱すぎてもダメ

SIMロック無料で即時解除 総務省が指針改正案

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50428820R01C19A0EE8000/

日本の国で国家権力を叩くのは、アリンコをアーミーブーツで踏みつけ、ブローニングM2の12.7ミリ弾を撃ちつけるが如し。んなことしても別にカッコ良くはないし、意味もない。

日本の国家権力はとても弱い。
もちろん強すぎた時代がこの国にもあって、その時の反省からこうなったのだが、今の時代、国家権力が強すぎるから起こる問題より、国家権力が弱すぎるから起こる問題のほうが遥かに深刻なのだ。
>>続きを読む


安倍自民の暴走

中村文則『R帝国』と安倍政権

前に僕は安倍自民内閣が、「ごく普通な、意志と行動力の欠如した、弱腰の頼りない民主主義体制」だと言ったんですが、あれから一年半が経過してまだ安倍自民が政権の座に居座っていますね。

流石に長い!これは長いぞ!うん、独裁だ!と思うかもしれないが(普通は思わないんだよ?)、何でこう安倍政権は独裁だと言われてしまうのでしょうか。
>>続きを読む


弱点

お口の悪さが原因で、人に嫌われ疎まれ蔑まれ馬鹿にされ、常に孤独な道を歩んで参りました。生まれた時からこうだった訳じゃないと思うんだが、育った環境や、親の性格もあるが、社会のシビアさを目の当たりにした大学卒業以降にこういった性格が固定されたように思う。

文字通り友達は少ないですね。
重度の女たらしで不良中年のA君と、殺人犯で窃盗犯で銃刀法違反で知的障害の介護福祉士B君ぐらいしか友達がいない。
>>続きを読む


香港の戦い

(ごめん。ちょっと前に書き溜めてた記事の一つ。もうネタとして古いかも。東大祝辞についてもコラムを書いたんだが今更すぎて公開できない。こういうのいっぱいあるんすよ。)
香港が中国共産党に、赤い帝国に呑み込まれようとする中、民衆の抵抗運動が盛り上がっているね。これに注目せず言及もしない人権屋はエセなのだから、絶対に信用しないように。偽物だと断言する。

中国共産党は、人類の歴史でこれまで存在したあらゆる政体の中でも最悪、最も邪悪かつ非道な独裁体制である。

今日の中国の統治者達は血で汚れた下賤な犯罪者であり…人間の屑であり 、悲劇的な時期の情況に恵まれて大国家を打倒し 、その指導者的なインテリ数百万を粗野な残忍さでもって惨殺し 、根絶し 、今やざっと100年ばかりの間どんな時代にもなかった残酷きわまる暴政を…

>>続きを読む


学習性無力感

学習性無力感とは、ある個体がすごく努力したにもかかわらず全然結果を出せず報われなかった経験を何度も繰り返すうちに、努力することを放棄し、文字通り諦めて何にもしなくなってしまうことを言う。

セリグマンという心理学者が、犬に電流を流す実験で明らかにした。犬は逃げても逃げても電流を流され続ける環境に置かれるうちに、次第に逃げることをやめ電流を食らうままとなり、抵抗を諦める。
>>続きを読む