「 世の中のこと 」一覧

顔の良し悪し

写真はただのイメージです

NHKの某お天気お姉さんとかアナウンサーとか毎朝見るわけですよ。他の番組見ていると女子高生向けの特集組まれていたりしてどうにも居心地が悪いので、仕方なくNHKを見ているわけです。

もう、どこ見渡しても美女しかいない世界ですよ。経歴とかも東大出だったり、すごいわけです。
>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください

三等国

http://lite-ra.com/i/2016/08/post-2523-entry.html

過熱する高畑裕太レイプ事件報道で被害者のプライバシー暴き、セカンドレイプが横行! ネットでは被害者の年齢中傷も

インド以下の三等国があったな、と思ったら日本だった、という話。

>>続きを読む


報道特集

今日の報道特集観ましたか? クソみたいなオリンピックでメダルが何個だうんこだとクソみたいな堕落した報道が幅を利かせる中、8月14日に米軍が行った「フィナーレ爆撃」とやらを特集した迫真のルポタージュでした。

>>続きを読む


卑屈な満足

gender_inequality

女子大生は、なぜ「売春」せざるをえないのか

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160809-00130756-toyo-soci

AVに出演したけど、完成品を見てこわくなった…「流通」を止めさせることは可能?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160806-00004973-bengocom-soci

琉球大エリートは、なぜ風俗嬢になったのか

http://toyokeizai.net/articles/-/125109?utm_source=yahoo&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=related

国の借金1053兆円=1人当たり830万円―6月末

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160810-00000182-jij-pol

しっかし、こう世の中不平等なのに、なんで国の借金の話になると「国民一人当たり830万円」などとこれ以上ないぐらい平等に負債を割り振られるのかねえ、、、まったく言葉もないほどクソだ。クソを塗りたくる厚みだけには神経を使いやがる。そんな金持ってないわ。

>>続きを読む


思想と芸術

難しい問題ではあるが、結論から申し上げればワタクシは単純に思想と芸術はとりあえず分けて考えていいんじゃない?派である。

だいたいよく考えてもみてくれよ。

音楽でいうとさ。ハードコアやOi!やパンクやらRACやNSブラックメタルなんかはさ(言葉の意味はわかんなくてもいいからね)。露骨に政治的メッセージを前面に押し出した芸術活動であるわけでさ。

>>続きを読む


誤解しないでぇ!

どの記事だったかもう忘れたけど T4作戦は本当に間違っていたのか…?みたいな意見を載せてましたよね。 過激なことばかり書いてますが、あなたも本質は人道主義なんですね。

こんな匿名メッセージがお客さんから来たんだけど、ちょっと危機感を覚えたので今日この記事を書いた。結局過激な言葉を連ねるとその印象ばかりが記憶に残り、内容やテーマは早々に記憶から薄れ、曲解されてしまうのかもしれない。

おれもこういう誤解を受けると、これから活動しにくくなってしまうと思うし、少し釈明させてほしい。メッセージをくれた方には、これをやらなきゃならない、と気づかせてくれたという意味で感謝申し上げたいと思う。

>>続きを読む


思想

最近のイスラム国のテロの不気味さは、必ずしも中央の指令を受けた軍事作戦ではなくなっていることだ。

イスラム国が拡散する憎悪に満ちたプロパガンダに影響され、独自に決行を思い立ち、独自の計画で実行した「自主的ムジャヒディン」と思われることである。

>>続きを読む


修羅の国

修羅の国・・・とはやしたてられることも多い北九州であるが、ワタクシは子供の頃はそのド田舎の山奥に住んでいて、そこでもこんなことがあったりするのであるが、、、、

>>続きを読む


殺されたミンジュ 高品質韓国ノワール

「嘆きのピエタ」でも韓国黒社会と、底辺で蠢く人々の闇の群像劇を描いたキム・ギドクの新作ということで「観る~!これ観る~!ボク観る~!」という感じで映画館に行こうと時間を調べていたら、もう公開停止、、、どこでもやっていない、、、という感じで、早い話が見逃した本作であるが、最近すごく久しぶりにTSUTAYAを冷やかしていたら見つけたので即借りた。

>>続きを読む


出版不況

今書いている童貞小説がそろそろ書きあがるんで、校正を含めればあと2か月以内には応募できそうな情勢である。

というわけなんで、おれは今度はどこの賞に応募しようかなあ、なんてことを考え始めた。そこで色々調査していたのだが、、、、

>>続きを読む