「 世の中のこと 」一覧

売り手市場?

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H26_Q7A530C1MM0000/

バブル期以上の有効求人倍率で、売り手市場なんだと。
今朝ニュースでいっとった。

これは例によって騙されてはいけない、数字の罠だ。
バブル期は今ほど非正規雇用が一般的ではなかったはずなんで。まったく環境は違う。
>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください

お金、お金、お金よお金

好む好まざるとにかかわらず、僕らは資本主義社会に生きているのであるから、神様はお金なのであります。僕は自他ともに認める拝金主義者で、なおかつ守銭奴で、金の亡者ですが、尊敬する人物はレーニンと即答します。 >>続きを読む


理解に苦しむ

 

http://www.news24.jp/sp/articles/2017/05/01/10360307.html
トランプ大統領「正恩氏は頭がよく利口だ」

こいつはガッカリだ。原子力空母まで持ち出して数億数兆の金垂れ流して結局芋引こうという腹積もりだ。

ハナから北とチキンレースなんかしたって勝てるわきゃないのはわかってたはずだ。口喧嘩やらせたら北は無敵である。

・国際的信用はこれ以下にはならないぐらいすでに低い。何を言っても言われても平気。
…… >>続きを読む


テロ等準備罪

これだけ北の脅威が差し迫っている状況で、なおかつイ××ムのキ××イどもに狙われるのが確実な東京五輪を控えている我が国で、スパイ罪がないなか、テロにだけでも対処しようと法案を整備しようとすることが、何がどうしてダメなのかさっぱりわからないただの男ですがひとこと言わせてほしい。

>>続きを読む


円高


シリアや北朝鮮の戦争の足音で、同じみだが円高が進んでいる。日経平均株価はまたまた18500円を割り込んだ。つくづく円は世界の不安定さに左右される。安全な通貨だから、だなんて悪いジョークだ。ちっとも安全なんかじゃねえよ。
>>続きを読む


ゴーリキーは偉い

Russian writer, public figure, founder of socialist realistic literature and journalist Maxim Gorky (1868-1936).

4月を目前に控えている。あっという間だった。。本当に時間ってのはコントロールが難しい。意味のある一ヶ月にしようと意気込んだところで大したこともできなかったし過ぎ去ってしまえば余韻も何もあったもんじゃない。ただ過去として消えていくのみだ。一ヶ月休んだからといって、今後一年無心で働けるかってそういうこともない。昨日ばくばく食ったからと今日は何も食わないということもできない。人はエネルギーを貯めるということはできないのだ。
>>続きを読む


この世には本がたくさんある

これだけの本をどうやって読むのだろうか?

読みたいけど未読、、、という本が10冊以上あるのに、また新たに10冊ぐらい購入してしまった。これはいよいよやばいことに。

それも一冊一冊上下巻あわせて1000ページ級の小説や学術本ばかりが軒を連ねており、いよいよ速読術が必須となってきた。とはいえ、速読術ってなんだ? 元来疑り深いおれは「速読」という言葉を信用しない。

>>続きを読む


信用できる情報とできない情報

現代社会……これだけ情報が氾濫していると、どの情報を信用すべきかすべきでないかは、各自がフィルターをかけて無意識に取捨選択しているんじゃないかと思われるが(メディアリテラシーとよびます)、マスメディアとインターネッツと大企業のコマーシャルと嘘と保身と虚飾とデタラメに満ちたこの社会で、信じるべき情報とそうでない情報を分けてみる。(暇なので)

※主観です
>>続きを読む


幸福の科学

富美加ショック 映画、CM大混乱 主演なのに宣伝活動が…企業イメージが…

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6229965

清水富美加のような元気そうな女の子は個人的に好きなんだが、華やかな舞台と巧妙に造形されたキャラと勝手なイメージの裏には様々なストレスがあったようだ。

色々汚い仕事をやるうちに病んでしまったのだろうか? そこに付け込んだのだろうか。恐るべきは『幸福の科学』である、、、一体なんなんだこの集団は?

>>続きを読む


善と悪

最近映画をめっきり観ていないが、おれは本来映画が好きな人間である。

保守的になっているのか感性が鈍っているのか、昔買った自分のお気に入りの映画のDVDはたまに観ることがある。今観ると新たな発見がある・・・ということは特にないが、若者だったころに感じた瑞々しい感動を思い出したりはする。最近は『戦場のピアニスト』を久しぶりに観た。 >>続きを読む