「 世の中のこと 」一覧

戦争こそ救い

「戦火のナージャ」というロシア映画があります。これは「太陽に灼かれて」から始まり「遥かなる勝利へ」に続く壮大な三部作の二作目なわけだが、スターリンに粛清され、独ソ戦によって懲罰大隊にぶっこまれたソ連軍大佐の数奇な運命を描いた映画…まあそんなのはいいんだが。
>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください


日和見主義の先にあるのはまさに戦争

「日韓は同時に核武装を」 韓国専門家が提言 「北の狙いは対米交渉ではなく韓国侵攻だ」

http://www.sankei.com/world/news/170909/wor1709090037-n1.html

やっと普通のことを言う評論家サマが現れたと思ったら、韓国人だった。やはり韓国は北に対する脅威という意味では日本よりも更に差し迫っている。ソウルは分断線から60キロしか離れていない。開戦すればたったの一時間で百年前に使ってた野砲だけで十分致命的な打撃を加えられる状況。こんなところを首都にしたまま繁栄してしまった韓国は、今まさに深刻な問題に直面したわけである。 >>続きを読む


飯乞食に関するお話

信じる信じないは勝手だが、おれは男友達はせいぜい二人ぐらいしかいないが、女友達はめちゃくちゃ多い。普通に仕事が女社会であるし、つうか今の職場からして男はおれ一人だ。事務の人から同業者まで全部女である。加えて、僕は週末に限らずいつも色んなところで酒飲んでいるのだが、酔うととても気が大きくなって、その辺にいる人といつの間にか仲良くなってだらだらくっちゃべったりもする。このブログでは口汚く常に何かを罵っているので、大抵の人間にパスされてしまうワタクシではあるが、現物はとても柔らかい雰囲気の優しそうな人だそうである(微笑)。

>>続きを読む




ウサイン・ボルト

on Day 9 of the London 2012 Olympic Games at Olympic Stadium on August 5, 2012 in London, England.

ウサイン・ボルトのラストレースは衝撃的だった。化け物みたいに思っていたが結局は人間で、歳には勝てないし、肉体にも限界が来て挫折を味わい消えて行く。 >>続きを読む


スイマセン

夏になると儲かっちゃうんですよおれのブログ。先月は広告費も過去最高額を計上しましたが、その最高額を今月は15日、まだ半分ぐらいの段階で上回っています。と言ってもご安心ください。金になっているのはこのブログではなく別のブログです。数か月放置してるのにすごいことになっております。いい記事を書ければきっちりのちのちまでお金になるんですよ、、、素晴らしい、、、、来年はちゃんと確定申告しないとまずそうだ。

>>続きを読む


覚せい剤なるものは…

シャブやって音楽作るという奴はかなり多いが、そのうちに濫用してセックスで使うと最高に気持ちいいということを知り、情婦に使ってヤク漬けにすればいつまでも性奴隷をキープできるという事実に気づくと、漏れ無く清原や飛鳥や尾崎豊などの出来上がりです。最期は全裸で変死体だ。そんな死に方はあまりにアホでみっともないので、シャブはやってはならないのです。
>>続きを読む


白色人種に迎合するな

おれは自分の考えに素直な人間だ。右翼みたいなことも言うし左翼みたいなことも言うけど、そのときは確かにそう思っているのだ。時の流れとともに意見も変わるし、読んだ本や世の中の流れ次第で真逆の意見を持つようになることもある。でもそれが普通だろうと思う。人間は変化する動物だ。成長なのか退化なのか、それはわからん。でも変化するのは普通のことだと思う。

おれの意見は矛盾だらけだ。その代わりおれは市民活動家ではないし、扇動家でもない。ただのいち国民だ。政治運動などに興味はない。いち納税者の目線で意見を申し述べているだけだ。お口がちょっと悪いだけだ。その意見は穴だらけで首尾一貫していないだろう。こないだ言ってたことと違うじゃないか!あれとこれは矛盾している!その通り。おれはただそのときの気分で思ったことを言ってるだけなんだから、意見に矛盾があるのは当然だし誰かと論争しようなどとも思っていない。昨日は不倫を肯定したが明日には不倫を叩くかもしれない。

考えてもみてくれ。徹底して首尾一貫し、誰にも言い負かされない理論家がいるとしたら、それはもはや市民活動家であり、扇動家であり、政治で飯を食うプロの活動家だ。ネット、とりわけSNSには作家や映画監督や弁護士や医師を名乗るプロの扇動家がどんぶりいっぱい紛れ込んでいる。彼らの意見は首尾一貫しており、理論に穴や矛盾がない。感情に左右されず、成長することを知らず、いつまでも同じことを単純な言葉で言い続ける。彼らをリツイートしたりロムる行為は、その犯罪的扇動行為への協力にほかならない。彼らプロ市民と一般国民を見分ける術はない。ゲリラと正規兵と農民を見分けられなかったドイツ国防軍や日本陸軍のように。ネットは嘘をつき放題だ。現実にはまず不可能な嘘でも五秒でつけるしそうそうばれない。素性に確信が持てない相手の発言を信用するべきでない。おれの言うこともまったく信じないでもらいたい。おれはただ自分が言いたいから言っているだけなのだ。
>>続きを読む