「 ヨタ話 」一覧

凍りの掌 シベリア抑留記

確か僕のおじいちゃんもシベリア抑留の経験があった。南方戦線を経験した人よりも、やはり満州や北支で戦った人の方が生存率がいいものなのかもしれない。おじいちゃん以外にもシベリア抑留の経験者に会うことは多かった。

皆ひどい社会主義者で、人民は、とかプロレタリアートが、とか言っていたし例外なく社会党支持者であった。※あくまで主観による

そんな中、大昔だが、今思えば亡き祖父がシベリア抑留の頃の話、というかいかにしてシベリアに連行されたか、という話をしていたことがあった。

koori >>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください

サブカル終戦

おれは戦争映画のレビューサイトなんかやってるかもしれないが、軍事オタクではないと思う。そんなに兵器に関心がないからである。ただその辺の通行人よりはちょっとは詳しいかもしれん。。ただ軍服にもちょっとうるさいかもしれん。う〜ん…ちょっと軍事オタクか?まあとりあえず置いといて話を進めよう。
20130815-125416.jpg

おれが日頃違和感を覚えてやまないのは、

>>続きを読む


8月13日

その晩、将校たちは、シュトレールケとその補佐たちによって飾り付けられた食堂に集まった。ブローベルはわたしたちのところに現れたときすでに飲んでいて、眼が充血していたが、自制してほとんど喋らなかった。将校の中では最年長のフォクトが祝いの言葉を捧げ、彼の健康を祝して乾杯の発声をした。それから、ブローベルが話すよう求められた。

>>続きを読む


汚水が毎日300トン

ここ最近のニュースで最も腹が立ったのは原発の汚水が日に300トン、ドラム缶1500本分も海に流れ出していました。最近気づきました。いつからかはわかりません。つうかそれ本当ですか?僕たちはまだ事実の確認をまだしていないんですけれども〜

と、東電が言っていたというニュースである。

>>続きを読む



ドイツ・チェコ旅行記 完結編

7月20日(帰国)

長い持久戦も今日で終わりだ。今回はトラブルが少なくガンガンまわれたおかげで、耐久力を試される場面が多かった。
キツイ日差し、時差ぼけで眠れぬ中、ひっきりなしに歩き回り、電車に飛び乗り、バスを乗り継ぐ。
IMGP2268

>>続きを読む





ドイツ・チェコ旅行記⑤

7月18日(木)

さあ、今日はプラハにきたメインイベントのひとつ。テレジエーンシュタットに行く日である。ホレショビツェという駅まで地下鉄で行き、その後バスに乗り換えるということなのだが・・

異国のバスの料金システムなんてさっぱりわからんだろ?わかる人とかいるの?まあそんなわけで不安である。どこから乗るのか・・何番のバスか・・料金はどうやって払うのか?前払いか?後払いか?ぼんやりとした情報だけしか集まらなかった。地球の歩き方にも「郊外に行く以外はバスに乗ることはないだろう」で終わっている(笑)

ホテルの朝飯

ホテルの朝飯

>>続きを読む