「 ヨタ話 」一覧

書かないと書けない

これまで人生をいい加減に考えていたツケとして今年は仕事を真面目に頑張ろう、と珍しくやる気を見せているのですが、とにかく最近は時間がない! ここまでブログを放置したのはここ数年記憶にないんで、よっぽどなんだな〜と思っていただきたいです。
始発に乗って夜遅く帰るという生活で体も脳もくたくたでございます。。

まあここまでがんばれるのはけっこう仕事に熱中しているからなんですよ。嫌なことはいっぱいあるが、ある程度はやりがいを感じながらがんばっている。ちょっと疲れるのだが、、、 >>続きを読む




夏はホラー映画

夏になるとホラー映画が観たくなるんですよね。しかもじとーっとネチっこくて薄暗い、日本のホラーが最高である。
平山夢明原作の『「超」怖い話』を借りたんですよ。

これは近所でずーっとレンタルされてていつまでたっても帰ってこないから「きっとカルト的面白さなんだろう……絶対大盛りで観よう(ごくり)」と思い痺れを切らしてツタヤディスカスでレンタルしたんだが、噴飯ものの駄作でごんした。多分怖さのクオリティは悪く無いはずなんだが、俺の目が肥えてしまってるんだと思う。全然満足できなかった。余計欲求不満が溜まってしもうた。 >>続きを読む


戦後は遠くなりにけり

戦後、日本人は戦場をあまり語りませんでした。戦争を語った人はたくさんいたけど、「大変だった」「戦争は良くないよ」と言って終わりになる場合が多く、自分が戦った異国の戦場を詳細に語る人は多くなかった。代わりにめっぽう語られたのは銃後の困窮した生活、国内での生活だ。ひもじさや空襲、原爆の恐怖が何度となく語られた。語り手の多くは戦場を知らぬ女や(当時の)子供達だった。彼らは自らの父や夫が如何なる場所へ送り込まれ、どのような生活を送ったのかを知らない。兵士の多くは復員したのちも当時の話を滅多にしなかった。黙して語らず。あの世まで持って行く者もいたし、老境に差し掛かり漸く語り始める者もいた。古くなった記憶は多くの場合精確さに欠き、曖昧かつぼんやりした内容だった。

>>続きを読む


現実と幻想

最近はブラック企業に提供する労働の時間以外はほぼ全部家事に追われるか寝ているし、僅かばかりのプライベートは親しい人々との時間に捧げている。「万引き家族」以来、たぶん一本も映画を観ていないし、趣味的なものってほとんど何もしていない。ネット民から言わせれば哀れな社畜である。
>>続きを読む


私見ーファストファッションブランド百人斬り 〜どの格安ブランドで買うべきか〜

いやはや。。

仕事が忙しすぎてご心配おかけしております。

最近はあまりにクソ暑いので、お得意のジャケパンスタイルが目下崩壊中です(笑)。暑くてかなわん。。そんな中、東横線の満員電車で通勤してると、暑いにもかかわらずシャツ着てスラックス革靴姿といういでたちのサラリーマンたんが山ほどおる。舐められるわけには行かねえ! スーツを着る必要はないが、37歳ビジネスパーソンとして恥ずかしくない格好で出勤せねば! というわけで今夏はボーナス無しにもかかわらず服をたくさん買いました笑。
(こんな事ぐらいしかネタがないんだな〜と憐れんでください^^;) >>続きを読む


夏来たる

観測史上最も早い梅雨明けだそうです。。凄いですね、、、とことん雨降らなかったな、、

雨嫌いなワタクシでさえ、「もっと降ってもいいんじゃ…?」と思うぐらいだったので今年は空梅雨という言葉さえおこがましいほど雨量の少ない6月でした、、 >>続きを読む


DIR EN GREYー人間を被る……とAshのお話

僕が多感な高校生だった頃、とにかくキていたのがバンドブームである。
今思えば単なるブームだったとは思うのだが、当時はとにかく流行ってましたね。色んなバンドの曲がアニメとかバラエティのテーマソングに使われてました。今思えば異常だったと思います。インディーズで活動してるようなバンドが翌年にはデビューし、そのデビュー曲がヒットチャートのランキングに入ってたりとか。名もなきバンドがランキングを席巻し、波のように引いては消えて行きました。バンドファンの面々にとってはちょっとしたお祭りのようでした。
だいたい20年ぐらい前の現実のお話です_| ̄|○ >>続きを読む


吸血鬼とカルチャー

最近押し入れの奥からポロリと出てきたフランシス・フォード・コッポラの「ドラキュラ」のDVDを観ていて、その耽美かつ官能的かつおぞましい絵作りにしみじみと感動してしまった。なんて美しくて不気味な映画だろう。「エクソシスト」を思わせるざらついたフィルムの質感まで全て素晴らしいと思ってしまった。特にゲイリー・オールドマン演じるドラキュラ伯爵の下僕として登場する三人の女ヴァンパイアが最高。後にも先にも映画で描かれた「吸血鬼」でこれを超えるものはない。登場時間は短いが、キアヌ・リーブスがこの3人に襲われるシーンは我が映画人生で最も好きなシーンのひとつだ。

>>続きを読む


東京都某区

東京都某区……
な、なんだここ……?中央軍集団が破られてがら空きになった東プロイセンみたくなってるぅぅ……。オーデル川を渡河してみたらびっくりぃ……ジジイとババアとガキと障害者しかいないぃ……。元気がいいのは駐輪場の係員と、やたらあちこちでパトロールしてる国家の犬(注:警視庁)だけ…!若い男は全部前線に取られて街には一人もいない!だからなのかやたらと本当に警察官が多い。誰だよ、デコは常に二人だとか抜かした野郎は。チャリンコ乗ったお巡りさんはだいたい一人なの! >>続きを読む


映画レビュー


お客様がたくさん「あの映画観ましたか?感想を是非!」と声をかけてくれるのは大変嬉しいものですが、WEB拍手のメッセージに対して「返信する」という機能は全くなく、完全に黙殺!ポツダム宣言ばりの黙殺をかまし続けるのも心苦しいものです。みんな疑ってると思うけど、うちのWEB拍手はいつもかなり賑わってるの!
>>続きを読む