「 シネマ 」一覧

炎628(Иди и смотри) 1985年ソ連

20140629-113446.jpg

※とある同人誌に何年か前に寄稿した記事です

>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください






”母なる証明” 異常な母子密着

41BmDRwsM7L._SL500_AA300_[1]

「母なる証明」という韓国映画を観たけどすごい映画だったなあ・・。また韓国をベタ褒めするけど、嫌韓の人は別にその主義におれは一切口を挟まないからおれの言うことにもいちいち干渉しないでくれな!頼んだゼ?

※過去レビュー復旧分

>>続きを読む


”メランコリア” 鬱病者のみる心地よい夢

melancholia-05112011[1]
ラース・フォントリアーの新作だ。毎回毎回生々しい手振れカメラで陰鬱な物語をつむぐ監督だが、このシトはリアルのうつ病。今回の作品はうつ病復帰後2作目ということになるが、テーマは世界の終わり、人類の絶滅。終末の時・・
※2012年ごろ書いた記事です

>>続きを読む


”レスラー” 惨めで痛々しい男の誇り

08年アメリカ映画。ダーレン・アロノフスキー監督作品。この監督はとにかく人をとことん追い込む職人である。職人というかここまで来てしまうともはや趣味なのだな、と思うしかない。

※2012年ごろ書いた記事です

>>続きを読む


“オテサーネク” 母性という名の狂気を皿まで舐め尽くす子供という名の怪物

20140515-135646.jpg

チェコのシュルレアリスムの映像作家ヤン・シュバンクマイエルの長編第四弾。共産主義政府の締め付けにより、自由な作品が撮れないという背景の元、旧共産圏では”わかりにくい映画”が発展して行く。

>>続きを読む