「 シネマ 」一覧

「全員死刑」と「ゴジラ 怪獣惑星」

・・・を観た。ヒューマントラストシネマ渋谷というミニシアターで。というか「全員死刑」が目当てだったんだが、続けてゴジラをやるというからついでに観たのだが、ゴジラは個人的にはまったく受け入れられなかったので途中退席。ゴジラが出てきたのは数秒だった。あとは意味不明な説明台詞を延々聞かされて・・・というかおれももうこういうのは聞かずにスマホをいじることにしているので、映画を観たというよりはただ劇場で暗い中でダラダラしていただけ。気が済んだら出てきた。もう無理してチャレンジ精神を発揮させるのはやめる。時間も金ももったいない。

>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください

ダンケルクとか

最近はめっきりやる気ない。映画レビュー?なんでそんなもんをちまちまと書かなきゃなんないんだ金にもならんのに。ダンケルクはさっき観た。まあまあだった。演出は優れているが脚本はクソだ。最後のチャーチルの演説など怖気が走る。アイマックスで観たけど2300円は高すぎるだろうと思った。タバコと同じで映画も年々高くなってる。昔は千円以下で観れたのに。ラフ画並べただけで1300円取るどこぞのアニメスタジオよりはマシかもしれないが。 >>続きを読む


まとまったネタがないんですよ

最近はこのブログを更新しても金にならない、とようやく気付いてしまったので更新意欲は激減中です。もう人生残り少ないし無駄な事業はすべて排除するぐらいで丁度いいと思うわけです。もう特別声高に主張したいこともないし。人に認められたいとか受け入れられたいとかも思わないですね。クソですよ。ほんとに。世の中全部クソだと思うぐらいで丁度いい。

>>続きを読む


ハクソーリッジ 中国人向けの内容

うーん。
総合得点は75点というところですかな。いくらおれがメルギブソン好きったって何でも無条件で褒めるわけじゃねえよ。おれは公平な男だ!差別はしない!
鳴り物入りで公開されたにしては、随分宣伝はあっさりめで何が何だかわからないテレビコマーシャルでした。ぱっと見てもタイトル読み上げてもこれが沖縄戦を描いた映画だとはわからないだろう。県民感情を優先させた結果のマーケティングなのかもしれないが、何とも中途半端である。40年前より先の大戦の記憶はより忌まわしく我が国の言論環境を覆っているような気さえする。県民感情県民感情ってそんな朝鮮人じゃあるまいにいつまでも気にしてる奴っているのか?沖縄は現実に我が国の共産党下部組織の巣窟になってやんややんやと政治運動をやっているわけである。彼らは声は大きいが大した規模ではない。そんなものに慮っていてばかりでは前には進めないと思うのだが如何でしょう?
>>続きを読む



BLAME!ブラム劇場版

な、な、なんじゃこりゃ〜〜!?
け、け、傑作だよこれは傑作だよ〜〜!!
いつの間にこんなもん作ってたの〜〜?!
日本のアニメ制作者たちは天才技術者のエリート集団なのか〜〜?!
もう何もいうことない!総合得点100点だよ〜〜!!
シリーズ化してくれ〜〜!!
毎年やってくれ〜〜!!
10年でも20年でも待つからもう一度これを観せてください〜〜!!
>>続きを読む


提督の戦艦

また馬鹿馬鹿しいタイトルの映画を紹介して申し訳ない。。。。本来なら「戦争映画中央評議会」で紹介する映画のはずだが、諸所の事情であっちは更新停止中である。よってこのブログで紹介します。

これは例によってタイトルはデタラメである。この邦題をつけた人間にも色々な大人の事情があったに違いないが、どう考えても内容とリンクしていない。これではまるで海戦がメインの映画のように思える。が、実際は海戦のシーンは最初の15分ぐらいで、あとは全然塩粒一粒出てこない。騙されないでいただきたいと願う。

>>続きを読む


無限の住人 劇場版

 

今朝朝一で観てきた。

無限の住人、木村拓哉主演という、近年これほど胸の躍らない企画もなかったが(まあそれでもジョジョよりはマシだけど)、木村拓哉の万次さんのビジュアルが思ったよりさまになっていたのと、残酷描写には定評がある三池崇史監督とのことでなんとなく気になっていた。

>>続きを読む


隻眼の虎

風変わりな映画だ。これも一種の抗日映画なのだろうか?こういう変な映画を観るのも楽しいものだ。的外れかもしれないが、ツラツラと感想でも書きたい。

大杉漣が悪い日本軍の将軍?か将校か忘れたが、そんな人物として登場。

※ネタバレアリ >>続きを読む


哭声コクソン

ああ、もうどうしよ。
「お嬢さん」「アシュラ」「哭声コクソン」と観たいのが韓国映画しかない。韓国映画のストーリー展開のテンポの良さや、俳優陣の演技力、層の厚さ、流行を惜しげもなくより大胆に露骨に再構成する姿勢、タブーを恐れぬ製作、絵の美しさ、、、、、誰がどう考えても世界最良の映画製作国だろう。韓国映画を無視するのは真の映画好きとは言えないな、とすら思えてくる。すっごい勢いがあるし、勢いが緩む気配もなし。

※一番下にネタバレ書いているので注意してちょうだい
>>続きを読む