「 シネマ 」一覧

スパイの妻【映画評】

学芸会度 100
お遊戯度 100
途中で帰りたくなる度 100
総合得点

 

いやはや、、、参った参った。。。。

9月ごろ付き合いだした女とこの映画観る直前に喧嘩になって別れました。ほんっと女は最初だけだ。いいなあと思うのは。だんだんと飽きてきて嫌になってきて、顔もみたくなくなる。で、金と飯にたかる卑しい性根に普段からイライラしているのだけど、とあるきっかけで爆発してしまう。ほんとにデート代一銭も払わない女はクソの塊。「何が全部奢ってもらえないと愛を感じられないの」だよ。頭にきてその場に置いてさっさと帰った。

いやいや待て待て。俺は映画観に来たんだった。そもそも今日は一人で観るつもりだったのに会いたくもないのに勝手について来やがって、それで映画代俺に払わせようとするからねえ。性根はコールガールとまったく同じ。こんな無駄に金かかる女と結婚した野郎って不幸だよなあ(鼻ほじりながら)。

>>続きを読む


異端の鳥【映画評】

なにやら「炎628」と比較されることが多い作品で、日本でも鳴り物入りで公開された。典型的なアート映画で、いわゆる娯楽映画ではない。全然面白い愉快な作品ではない。お勧めするかと訊かれたら「いや、特には・・・」と答える。

難点は、この映画の知名度の中途半端さゆえに公開されている映画館が限られていること、一日の中で上映される回数が極端に少ないこと、そしてこの映画の尺そのものがクソ長いことが挙げられる。そのため、時間に都合をつけてわざわざ普段行かない映画館に足を運び、たった一日一度のロードショーの為に近所のスタバで時間をつぶすという行為がとにかく難しかった。。こう見えてもワタクシは多忙な社会人である。ここまでするとなると「この映画にここまでする価値はあるのか?はたしてどうなのか?」と思案する時間のほうが長くなり、結局やめて壁登りに行っちまうんだ。この日はどうにか誘惑を振り切り、なんとか観てきた。思うに、駅前のレンタルショールームと接続して、大画面でオンラインで一人で好きな時間に映画を観れるシステムができるといいなあと思うんだが。多少割高でも構わないですよ、、

>>続きを読む


人間の時間【批評】

我が魂の師キム・ギドク監督の最新作だ。といっても2018年の作品で、日本では冬ごろ公開されたが、クソ中華ウィルスのせいで映画館が全部自粛。(茶番だ)

早い話が見損なった本作だが、自粛明けと相まって、神奈川県民最後の希望「シネマジャックアンドベティ」にて最近また公開された。

そういえば前にも「TheNET 網に囚われた男」もここで観たんだったか。横浜のはずれの風俗街。チョンコとチャンコとヤクザと障害者と厚化粧のバイタしかいない。楽しい町だ。

>>続きを読む


ランボーラストブラッド【映画評】

いやーおろろいた。。
もう忘れてたな。まさか続編が作られるとは。。「ランボー 最後の戦場」は我が映画人生で文句なしのナンバーワンなんだが、今回もなかなか面白かった。前作の良さはきっちり残されていた。でもやっぱり何か物足りないですな。おそらく高く評価されてはいないと思う。ストーリーに落ち着きがないというか。無駄に長くならないところは良かったし、ランボーらしさは漲っていたが。
>>続きを読む


ナイチンゲール【映画評】

2018年のオーストラリア映画。白色人種の恐るべき残虐性・暴力性を告発する映画であるとともに、女や子供という、社会の中で男によって暴力で抑圧される者たちを共に犠牲者として描いた映画だ。心意気や良しだが残念ながら欠点の多い映画で、この志を後続が継いでくれることを祈っている。

>>続きを読む


お勧め戦争映画ランキング

色々なことを思い出しながら、廃棄改装となった「戦争映画中央評議会」をうろついていました。もはや完全な無人地帯で、「BLAME!」の霧亥ですら特に寄り道もせずに上の階層に行っちまうだろう。ここにいるのはもう作った本人のこの俺だけだ。もはやデータベースにアクセスするためのIDとパスワードをすら忘れ、消すことさえ難儀となってしまった真の意味での廃棄階層。「建設者」が暴走して勝手に都市を拡充するために働き続けてくれていればまだ良かったのだが、それすらもうない。(マニアックなネタでスンマセン)

>>続きを読む


自粛?もうええやろ

自粛?もうええやろ。

家に引きこもって、そうしていればそれでいい、それが一番安全なのよって考え方は

主婦

の考え方です。

外に出てって金を稼いで一家を支えているお父さんとかはそんな風には考えないんすよ。家でyoutubeやAmazonプライム見てても一円にもなりませんし、金がかかるだけだし。休みの日ならそれでもいいけど、いつもいつもそれだけってのは無駄です。自分が外に出て働かねばならない。そんな緊張感を一人前の大人は皆持っているのだ。

>>続きを読む


パラサイト 半地下の家族【レビュー】

ちょっと前に話題になった映画。まだ都内で上映していたので誕生日前にサクッと観てきた。39歳になっちゃったよ、、、

とはいえ外出自粛要請発令の中、首都戒厳令下のような状況を予想してある程度覚悟して新宿まで行ったが、全くいつもと変わらない。レストランで女口説いてるやつもたくさん外から見えた。飲み会帰りの若者の集団も山ほど。帰りは終電付近で満員電車。いつもと同じトウキョウジャパン。 >>続きを読む


ゴーストランドの惨劇 (Incident in a Ghost Land)

パスカル・ロジェの新作。6年ぶりだ。
あれこれ説明するより好事家のあいだでは、「マーターズの監督のシト」と言ったほうがわかりやすいだろう。そう、あの変態だ。

「トールマン」は駄作だったがDVDは一度観賞されることをお勧めする。監督本人がインタビューに答える映像が特典として収録されているからだ。目のイったボディランゲージのせわしない、なんか頭おかしい感じのオジサンを見ることができる。本作や「マーターズ」がより不気味に思えるので必見だ。
>>続きを読む


アンノウンソルジャー 英雄なき戦場

地味度100
つまらん度100
眠い度100
総合得点45

これまでにも何度も映画化や映像化がされているフィンランドの古典的名作小説「無名戦士」を映画化し、同国史上最大のヒット作となった戦争映画。

こんなイントロダクションを用意されると、本気で期待してしまった映画だがこれははっきりスカでしたでごんす。なんという眠い映画だろうか。文化の違いすら感じた。
>>続きを読む