「 サブカル 」一覧

ゴーストランドの惨劇 (Incident in a Ghost Land)

パスカル・ロジェの新作。6年ぶりだ。
あれこれ説明するより好事家のあいだでは、「マーターズの監督のシト」と言ったほうがわかりやすいだろう。そう、あの変態だ。

「トールマン」は駄作だったがDVDは一度観賞されることをお勧めする。監督本人がインタビューに答える映像が特典として収録されているからだ。目のイったボディランゲージのせわしない、なんか頭おかしい感じのオジサンを見ることができる。本作や「マーターズ」がより不気味に思えるので必見だ。
>>続きを読む

↑この記事が面白かったら拍手でもしてってください。


表現の自由

おえっ!なんだこのキモいポスターは!
顔は幼稚園児みたいなのに乳の強調されたアングルは巨乳フェチ(熟女)ポルノレーベルから発売されたアダルトビデオのパッケージみたいだ。手つきはグラドルが乳を強調するときのようなラインを描いているし、腰つきやら太もも、ケツのラインまでくっきり浮き出た、シャツを模した特殊スーツのごときものを着ている。しかもツラは変態だ。

こんなもんでハアハアしてる奴らは国の恥だ。アゼルバイジャンに強制連行し、穴掘らせて銃殺刑にするべきだ!
裁判など必要ない!
断固執行すべきだ!

>>続きを読む



ボルダリング

最近ハマってるボルダリングの話をします。
興味のない人はスルーしてちょ

今年の4月ごろはじめて以来ハマっちゃってるんですが、なんでこんなにハマったのかなあと自分でも不思議に思い、またお馴染みの一人哲学を通勤途中などにしてみたので記録を残しておこうと思う。
>>続きを読む


アンノウンソルジャー 英雄なき戦場

地味度100
つまらん度100
眠い度100
総合得点45

これまでにも何度も映画化や映像化がされているフィンランドの古典的名作小説「無名戦士」を映画化し、同国史上最大のヒット作となった戦争映画。

こんなイントロダクションを用意されると、本気で期待してしまった映画だがこれははっきりスカでしたでごんす。なんという眠い映画だろうか。文化の違いすら感じた。
>>続きを読む


聖闘士星矢を、語る

ここ半年ぐらいで、スマホゲームの「聖闘士星矢ゾディアックブレイブ 」にハマって毎日不毛なバトルを繰り返すうちに俺の中の小宇宙がどんどん燃えてきて、結局コミックスをほぼ全部買い直すという事態に至りました。何してんだ俺は。夏には試験受けるのに。

そこで、色々な外伝作品も読んだんすけど、やっぱり車田が書いた原作こそが至高だとの結論に至りました。
>>続きを読む



漫画ルポ「中年童貞」

かる〜〜い気持ちで「ピッコマ」で読んでみた漫画だが一気にハマってKindleで購入し、読んでしまった…これはえげつない。

ギャグ漫画なんだが、いわゆる「中年童貞」なるカテゴリーを一つの棄民問題として捉える内容だ。これは僕のブログでもちょっとそういう要素はあって、たくさんの中年童貞の方々から嫌がらせや罵倒を浴びたりもした。もはや社会全体でこの問題を考えるべきだという機運も高まっている。何しろこの漫画でルポルタージュされてる人物は全て強烈極まりないが、「ああ、いるよな。たしかに」と思える人々ばかり。確かにいる。確かにいて、さまざまな人に迷惑をかけている。 >>続きを読む


日記

今年は本当に放置したこのブログですが、来年はもう少し頑張りたい気持ちです。
毎日毎日ネタを考えてそれを一つの記事にまとめるのは大変っすよ。今日みたいにぐっすり寝た日曜日ぐらいしか頭働かないし。仕事に没頭してるとこうなります。残念だがいたしかたない。

小説は完全に挫折中です。もう書き上げられないとサジを投げてしまった。今年はこんな形でみじめな年の瀬ですが、来年もこんな風に何も書けないとしたら小説の道は諦めるしかないでしょう。ダメなもんに執着するのは元来嫌いです。はやばやと諦めてもっと楽しそうなこと、実になりそうなことに時間を使うべきだ。人生も中盤過ぎたわけだし、これもいたしかたない。
>>続きを読む


ザ・プレデター 違和感ありまくりの続編

こいつは参った。こいつは駄作だ。
スターウォーズもそうだが昨今過去の偉大な傑作のリバイバルが喧しいが、ことごとく失敗かましてるのは結局かつての観客が名作達の解釈を間違えまくっていたといういい証明なのではないか? かつての観客が勘違いパワーでクソつまらん同人作品を開陳し、思考停止群の盲目信者が崇め奉る。このような構図は許せないと断言したい。少なくとも何度もやっていいことではない。 >>続きを読む