「 サブカル 」一覧

この世には本がたくさんある

これだけの本をどうやって読むのだろうか?

読みたいけど未読、、、という本が10冊以上あるのに、また新たに10冊ぐらい購入してしまった。これはいよいよやばいことに。

それも一冊一冊上下巻あわせて1000ページ級の小説や学術本ばかりが軒を連ねており、いよいよ速読術が必須となってきた。とはいえ、速読術ってなんだ? 元来疑り深いおれは「速読」という言葉を信用しない。

>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください

読書でもしよう、、

生来煩悩が多い上にスマホや映像メディアの発達によって、落ち着いて腰を据えて読書するというのが難しくなっている。おれだけではないと思いたい(泣)。

最近は書いてばかりで落ち着いて読むという時間が取れずにいた。部屋の中に積まれた未読本や、買ったはいいがいつまでたってもダウンロード待ちのアマゾンKindleブックが増えていくばかり、、、やべえなあ、、、と手先が震えるような焦燥感だ。やべ〜〜
>>続きを読む


日本軍の軍服

春頃コスプレしてみて、日本軍の軍服ってやっぱりけっこうかっこいいんじゃねえのかなあ、なんて思いを改たにした。そこで今回はネットに漂うかっこよさげな日本軍将兵の画像を厳選して紹介し、そのいぶし銀的渋みを堪能していただければ、と思う。

※なお、管理人の趣味で陸軍に限定。海軍興味ねえっす

>>続きを読む


無題(酔っぱらいの独り言)

lenin

割とありがちなことだが、例えば去年の「マッドマックス」の新作や、今年の「シン・ゴジラ」のような映画を観て、つまんねえなあ、と思った時にどういうかといえば、大抵は周囲を見渡して、自分と同じ意見の人が割と多そうなら安心して本音を語るし、大絶賛以外に何の異論もない場合は、北朝鮮人みたいに「将軍様は偉大」としか言えない人も多いだろう。

>>続きを読む


人生振り返って「時間の無駄だったな、、」と思うものランキング ワースト10

01-05

人生もほどほどに諦めがつき、落ち着いてきた35歳中年男性のワタクシが、人生振り返って「これって無駄だったな、、こんなことしてないで時間をもっと別のことに有効に使うんだった…」と後悔しているものランキング。あくまで私的なものです(笑)。

>>続きを読む


エンタメか純文学かファンタジーか③

前回のエントリはこちら。

今日は戦争や歴史を扱う際にフィクションを取り込む難しさについて語りたい。
この一連の小話はおれの創作の今後に関して重要であるというだけで、皆様におかれましては重要でもなんでもない駄文であります。無理に読まなくて良いですんで興味がない方はお帰りください。
>>続きを読む


エンタメか純文学かファンタジーか②

別館でこんな話をしていたのだが、だんだん本気になってきたのでこっちで公開することにする。

エンタメか純文学かファンタジーか①

重い歴史的なテーマや戦争をエンタメとして描写した作品はあるのだろうか? そんなもんいくらでもあるわ! と言いたいところであるが、やはり映画やアニメやマンガに多いと思う。

「シンドラーのリスト」「ライフイズビューティフル」など、ホロコースト映画の多くは娯楽映画として作られている。もちろん単なる娯楽映画ではなく、強いメッセージ性のこもった(これを宣伝と呼ぶか否かはまた別の話である)作品が多くある。

>>続きを読む


シュナの旅 思い出深い作品

嘘だろ? と思われるかもしれないが、おれは子供のころから「風の谷のナウシカ」が好きであった。特にナウシカのきゃわいさと巨神兵のド迫力に魂を抜かれた口である。だがクソのような田舎小学校にいた時、なんか知らないが「ナウシカが好き」とは言い難いものがあった。なんかそういうことを公言するといじめられる危険があったのである。アニメ好きやオタクは子供のころから粛清の対象で、無秩序な赤色テロルに晒される危険があったので、随分長いことナウシカがお気に入りということを隠していた。
>>続きを読む


出版不況

今書いている童貞小説がそろそろ書きあがるんで、校正を含めればあと2か月以内には応募できそうな情勢である。

というわけなんで、おれは今度はどこの賞に応募しようかなあ、なんてことを考え始めた。そこで色々調査していたのだが、、、、

>>続きを読む


恋は雨上がりのように リアルなのかオヤジの夢か

熱を出して会社を休んだ。そこで急遽漫画を読んだ。

試し読みだけのつもりだったのだが、おもしろかったのでついつい課金して全巻読んでしまった。序盤からぐいぐい引き込まれた。絵も上手だ。

ミステリアスな女子高生が、バイト先の45歳のオジサン店長に恋をするお話である。
こう書くと気持ち悪い話だな、と思うであろうが、なかなか女子高生の心の動きなどが瑞々しく、可愛らしく、かつありえそうな感じに表現されている。
>>続きを読む