「 - 」一覧

羽生

どうでも良すぎてウケたのが羽生選手の金メダル獲得劇だ。

いや、別に選手をディスる気は全然ない。怪我を乗り越え、言い訳一つせず、しのごのいわずに結果を出すのはできる男の美徳だ。彼が超人で、なおかつ謙虚で好感の持てるスーパー日本男子であるのは疑いない。俺がウケるのは彼の周りでグダグダ言ってる人間たちである。
>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください

住宅ローン

最近は仕事がとても充実していて毎日が楽しい。人はほとんどの時間を仕事して過ごすわけですから、仕事が楽しくないと人生煮詰まるの法則は単純にいえる。仕事の内容や詳細をここで書いてもしょうがないので書かないが、昨年迷走した転職劇は結果的には大成功を収めたといえるでしょう。金も良くて毎月45万ぐらい貰えてしまう。金があれば当然この国でやることは一つ。豪遊だ。
>>続きを読む



X JAPAN

最近はマニアックな洋楽は全然聞かないですね。そういうのを発掘するのがひたすら面倒くさいです。そうとしか思えなくなりました。

デヴィッド・リンチの「ストレイトストーリー」という映画があります。おれはこの映画を観た時、「デヴィッド・リンチはもう終わったな」と思ったものでした。何とも言えない映画です。ただ、若者がこれを観ても面白いはずがない。これは歳を取ることの虚しさを描いた映画だからです。老病死から逃げられぬ人の哀しみを描いてるわけで、若者が観る映画じゃないのだ。

>>続きを読む



電車で隣のお姉さんに寝られた話

何度も言ってますが、一昨年ぐらいに肉体改造に挑んだ結果、8キロぐらい痩せました。本当は10キロぐらい痩せたんですけど、その頃クロアチアとハンガリーへ旅行したいなあと思い、パスポートを更新しようとスピードカメラの前に立ったのですが、頬のこけた、目の落ち窪んだ、老けたおじさんの写真が一枚撮れたので、あ、これやりすぎちゃったーと思い、もう2キロぐらい調整して体重を増やし、ちょうどいい感じになりました。 >>続きを読む


こだわるべき道具 軍用時計編②

こだわるべき道具、というシリーズですけど要はワタクシの私物を自慢するコーナーなんすけどね。こんな話をリアルの職場とかでしたら一瞬で干されて変人扱いを受けるのは確実です!というわけで、くだらないけどこういう場所が俺には必要なんすよ。。。みんなもやろう!

というわけで、昨年の暮れ、実に2ヶ月半に渡って給料を貰えなかったワタクシですが、無職期間は1ヶ月弱だったんすけど、収入なしの状態は繰り返しますが2ヶ月半に及びました。んで、国民健康保険払えだ、国民年金払えだのと国はさらに俺を追い込んでくる。なんなんだほんと、と思いながらも全部無視してワタクシはパネライの腕時計を二つ買いました。俺の中では就活頑張ってやっと決まったんでそのご褒美だったんすけど、完全にこれは間違いでした。というか間違いだとわかっていたのに欲望に負けたのです。で、その後2ヶ月はたっぷり困窮しました。いやはや、金がなきゃ誰も俺なんかと遊んでくれん。。。寂しい年末年始でしたよ。
>>続きを読む




小室哲哉

小室哲哉、涙の引退会見「悔いなし、なんて言葉は出てこない」
https://natalie.mu/music/news/265902

まあ、知らんけどね。何があったかなんてのは、当事者同士にしかわからんことだし。

しかし、この会見は読んでて泣けたよ。ウルっときたすわ。何とも文学的である。長年音楽ばかり作ってきたこのシトが、作詞や歌にも通ずるのか、スピーチの才能にも恵まれているのは確かすわ。切なすぎて胸が苦しくなった。言葉にならないレベル。ぜひ読んでほしい。
>>続きを読む