「 - 」一覧


戦争は女の顔をしていない(コミック版第3巻)【書評】



「戦争は女の顔をしていない」コミック版の記念すべき第1巻を購入して読んだあと、ちょっとした心の中のモヤモヤを書き殴ったら、頭に来たらしいお方に攻撃されて炎上してしまった。それは記憶に新しい。とはいえ、当時は炎上していたことにさえ気が付かず、誰かが「炎上してますよ」とタレこんでくれてようやく知ったのだが(今思うと炎上させたご本人が教えてくれたのかもしれない)、とにかくアニメ、声優、オタクなどその付近の文化を叩くと、1億倍ぐらいの規模の報復が高率であるため、俺も慎重になってしまった。彼らはネット社会では強者である。インターネット世界での効率的な暴力のふるいかたを熟知しているという面では現実社会での暴力執行機関(警察・軍隊・ヤクザ・自警団)に近い存在だろう。文字通り暴力で人々を黙らせる達人揃いだ。俺も今後は彼らを怒らせるような愚かな真似はせず、全ての表現を自粛したいと思います。

ただ、それに反し、あのレビュー記事はここの常連読者にはおおむね好評だったので、続刊が出たら購入していたが、第2巻はショージキ思い出すのも難儀な退屈な印象しか残っていない。なぜか読み直したいとも思わず本棚で埃をかぶっている。

そしてつい最近、第3巻を本屋で見つけた。ウクライナ侵攻がトピックスの今、東欧の近代史に関心が高まっている筈である。関係は無いと思うが奇しくもティモシー・スナイダー教授の「秘密の戦争――共産主義と東欧の20世紀」も邦訳され、4500円もしたのに一緒に買ってしまった。おかげで駐車場代は4時間もタダになった。ちょっと読んだ感触としては「赤い大公」に似た感じの内容であるが、まさしくロシアとウクライナとポーランド、バルト三国にまたがる戦間期の情報戦を詳述した本だ。今の時代を読み解くのに知っておくと格好いいかもしれない。そんじゃそこらのやる気では読破もできないと思うが。。

秘密の戦争についてはまだ全部読んでないので機を改めるが、今回のこの第3巻、傑作である。断言…圧倒的断言…!

☆有料記事について


TITANE/チタン【映画評】

巷でも散々言われているが同意する。超変態映画。フランスが誇る、ド変態だけど、人間という存在の謎と深淵に切り込みまくりの突撃機甲師団系映画だ。多分サブカル大学生はマストバイ!絶対観るべきだ。この映画を、ベレー帽かぶってるけどメイクは普通な女と並んで観た後に、普通のレストランで普通の飯食って普通のセックスができる野郎が羨ましいですな。

フレンチホラーはかつて世界を席巻し、驚愕させると共に血の涙を各所に降らせたが、波が引くように流行も先細りとなっていった。なぜかはわからない。ただ、フレンチホラーが観ていて本当に痛いのは確かだし、その人間探究力と言いますか、超強烈な哲学パワーは「さ、さすがフランス革命・・・ロ、ロベス・ピエール」とか言いたくなる感じなので大量生産できそうにないというのは何となくわかっていた。

※こちらは無料記事なので安心して御覧ください。

>>続きを読む


チェチェンへようこそ ーゲイの粛清ー【映画評】

2022年現在、もっぱら世界をお騒がせしているおそロシアだが、この映画が製作されたのは2020年なので、今回のウクライナ侵攻とは直接的には無関係である。

とはいえ、おそロシアのおそろしさを遺憾無く堪能できるおそろしドキュメンタリーとしてお勧めできる。いやはや本当におそろしい。。おそロシアがこんなにおそろしいとは、、、

アメリカのジャーナリストが編集しているが、登場するのはロシア国内で活動するLGBTQ支援活動家と、チェチェンで迫害されるLGBTQ達だ。

チェチェン共和国及びロシア連邦でのLGBTQの抹殺政策を告発した映画である。

チェチェン共和国ではカディロフという名の独裁者が君臨しており、その私兵集団「カディロフツィ」がウクライナ戦にも投入されて悪さをしていると聞く。最近では、マリウポリで集合住宅に向かって機関銃を乱射する映像が公開された。めちゃくちゃだ。真のヨタ者である。ゴロツキ、ならず者だ。

本作には、これどうやって撮ったのかしら?と尋ねたくなるような拷問映像が収録されており、けっこうショッキングだ。

☆有料記事について


露軍のウクライナ侵攻により懸念される幾つかの事柄【コラム】

現在進行形の戦争は聞くのも語るのも難しいものだ。露軍の攻撃はヒステリックになり、軍人民間人を問わず死傷者がどんどん増えており、短期決戦で終わると誰もが予想したのに、まさかの総力戦の様相。このまますんなり終わるとは思えず、けっこう長引くと思われる。

今回のコラムは、ニュースをまとめて紹介するだとか、実況中継・・・とかではなく、ワタクシ個人が過去の戦争の歴史から、今回の戦争が長引くことによって起こりうる人道危機を警告するものだ。正しい情報だけを望む読者はこの記事を決して購入しないようお願いしたい。

目次

戦線の膠着による消耗戦

市民への無差別攻撃が常態化する

外国人傭兵、国際旅団、義勇軍が戦闘に参加

破壊的な殺戮兵器の使用

人口密集地帯での市街戦、包囲殲滅戦

現ウクライナ政府、国家の解体と傀儡政権の樹立

過酷な治安戦による国土全域の焦土化

LGBTQの抹殺

ポーランド、モルドバ、バルト三国の危機

まとめ

☆有料記事について


SNS疲れ【コラム】

最近はコロナの新規感染者数を調べるときとか、ちょっとした調べ物をしたい時だけツイッターにアクセスしているのですが、ちょっとそれだけ、たったそれだけの間にちらと他のトレンドみたいなのが目に入ったりして、そのトレンドに投稿している様々な人々の発言を目にするのだが、ツイッターって、もう学校化してるよな、って思った。

学びの場というポジティブな意味では全く無くてですね。。

有料記事について


ウクライナ侵攻【コラム】

「休め。わが軍は、敵首都を占領した。誠に御同慶の至りである。この攻撃において示した諸官と、ならびにその麾下部隊の兵の忠勇は、おそれ多いことであるが・・・気をつけ!

叡慮を安んじ奉ったことと拝察する。命令。わが軍は、明後十七日に、××城の入城式を行う。わが軍は、その日までに、市内に、敵兵の一兵たりとも、残存するを許さず。各小隊は城内にある敵兵を、徹底的に粛清せよ。以上が命令である。・・・」

ーー『城壁』榛葉英治

残念なことに、ウクライナでまた戦争です。クリミア半島併合とあわせ、まさにナチスドイツのラインラント進駐、ズデーテンラント進駐によ~く似た方法でやられちゃいました。21世紀にまだこんなやり方が通用するなんて、そう考えた権力者の老人とその犠牲者たちが、一体この先どうなっていくのか、まさに今我々は歴史を目撃しているわけです。

有料記事について


マヤの秘密【映画評】

4か月ぶりだったんですけど、たまには映画でも観ようとナチスがらみだったのでとりあえず観てみました。

第二次大戦後にアメリカへ移住した女性が、かつて大戦中に自分をレイプした独軍兵士を見つけ困惑。悩んだ末、男を待ち伏せして襲撃。家まで拉致し、夫に協力させて尋問にかける。

男は「全然心当たりがない!」という感じで困惑している。トーマス・スタインマンと名乗り、スイス人だという。15年前(大戦中)はスイスの運輸省に勤めており、同僚も自分を知っていると。どれほどきつく尋問しようが、過酷な状況でゲシュタポ並みの拷問を加えるが、男は頑なに人違いだと主張する。妻がいる。子供も二人いる。俺が彼らを養っている。警察にはいかないから助けてほしい、と。

有料記事について


複雑な時代

年末年始以降の暴飲暴食がたたったのか、先週から胃の不調に苦しんでおり、ある日は仕事中に熱が出てきて、寒さに震えながら外回りをこなしましたが、「やばい・・やばい・・」と今思うとけっこうやばかったです。帰りの電車で高齢者用の椅子に倒れ込みましたが、座れなかったら倒れてたかもしれん。少なくとも嘔吐するために途中下車したのは確実ですな。

食べ過ぎというか、そういう風邪?或いは元旦に作ったお雑煮を4日ぐらいずっと食っていたからかもしれん。親も多分そろそろ健康寿命的にリミットが近いと思ったので、お雑煮の作り方を教えてもらったのだ。今までは食うばかりのダメンズだったからな。九州のほうのお雑煮にはブリが入っていたりもする?ようなので、ブリが傷んだのかなんなのか。でも特に下痢はしてなかったんだが、、、とにかく胃が苦しくて熱も38度以上出たので、家に帰りついてからはずっと寝ていた。

>>続きを読む


DAU.退行【映画評・レビュー】

これの前作?の扱いである「DAU.ナターシャ」の批評はこちらをどうぞ。

DAU.ナターシャ【映画評】

前回も書いたように、ハリコフに架空のソ連研究所を建設し、そこで実際に万に及ぶ人々を送り込み、2年間そこで生活させ、撮れた映像を映画にした、との触れ込み。真偽は謎だが、出演者の演技はほぼすべてアドリブだとのことである。

この映画、、、、、というか映画?映画は映画だと思うのですが、とにかくこの「退行」は長い。6時間9分です。半端ねえ。劇場でも家でのDVDでも、6時間を超える映画を一気に観る羽目になったのは間違いなく人生初のことですね。まーもちろんTVシリーズとか、単に長い尺の映画自体はいくらでもあると思うのですが、これは6時間9分一気上映で、途中の休憩もたったの15分である。つまり、全部見通すのはけっこうきついとわかっていたし、なんなら途中退場しようとおもっていた。面白くなければ、途中で飽きたら出てこよう。なにしろ、今日は週に1度の貴重な休日なのだ、、、

ところがどっこい(死)、、、これが自分でもちょっと信じられないんだが、6時間9分全部観てきました。めちゃくちゃ集中して、最初始まって30分ぐらいの時に15分ぐらい寝たけど(前の日全くの不眠で、3時間しか寝てなかった)、それ以降はスッキリして一度も眠らず全部観ました。

テーマは「ナターシャ」を先に観ていたのでなんとなく知れているわけですし、絶対途中で飽きるよなと思っていたのですけどね。けっこうやるな俺も、と驚きました。なにしろ連日のテレワークで腰がすこぶる調子悪いので、ここでまた休日にも6時間劇場で映画を観るってけっこう躊躇したんだよね、、、もう二度とはゴメンだが、案外やれるもんだな、と思ったです。

まあ、とはいえ6時間に及ぶ復活したソビエト連邦の悪夢にうなされ、どう咀嚼し何と感想を述べればよいのか、、、、本当にこれほど批評を難しいと思うこともない。どう書けば、何と言えば良いのか。。今も全然構想とかは無いっす。徒然と書いていきます。

雰囲気作りは完璧の100点満点です。