【コラム】隣人を憎む社会

ちょっと前まで「炎上」という現象はごくまれに有名人の周囲にだけ起こる奇怪な現象であったが、最近は俺レベルの人間にまで「炎上」は身近なものとなっている。

バズるという言い方もするが、根本的には同じ現象だと思う。ただ、「バズる」と「炎上」の違いは悪意であって、悪意があればオーディエンスは発信者を公開処刑にかけようと身元を特定しようとするが、バスの場合は発信者に注目が集まることは稀で、発信内容そのものだけが注目されて拡散される。褒めたたえられることは稀だ。つまり発言内容次第で処刑されるリスクはあるのに、旨味は特にないわけだ。

☆有料記事について

※モバイルバージョンになっている場合はページの一番下で終了を選択してください。

-

このブログについて詳しくはこちら↓ インフォメーション