戦争は女の顔をしていない(コミック版第3巻)【書評】

シェアする



「戦争は女の顔をしていない」コミック版の記念すべき第1巻を購入して読んだあと、ちょっとした心の中のモヤモヤを書き殴ったら、頭に来たらしいお方に攻撃されて炎上してしまった。それは記憶に新しい。とはいえ、当時は炎上していたことにさえ気が付かず、誰かが「炎上してますよ」とタレこんでくれてようやく知ったのだが(今思うと炎上させたご本人が教えてくれたのかもしれない)、とにかくアニメ、声優、オタクなどその付近の文化を叩くと、1億倍ぐらいの規模の報復が高率であるため、俺も慎重になってしまった。彼らはネット社会では強者である。インターネット世界での効率的な暴力のふるいかたを熟知しているという面では現実社会での暴力執行機関(警察・軍隊・ヤクザ・自警団)に近い存在だろう。文字通り暴力で人々を黙らせる達人揃いだ。俺も今後は彼らを怒らせるような愚かな真似はせず、全ての表現を自粛したいと思います。

ただ、それに反し、あのレビュー記事はここの常連読者にはおおむね好評だったので、続刊が出たら購入していたが、第2巻はショージキ思い出すのも難儀な退屈な印象しか残っていない。なぜか読み直したいとも思わず本棚で埃をかぶっている。

そしてつい最近、第3巻を本屋で見つけた。ウクライナ侵攻がトピックスの今、東欧の近代史に関心が高まっている筈である。関係は無いと思うが奇しくもティモシー・スナイダー教授の「秘密の戦争――共産主義と東欧の20世紀」も邦訳され、4500円もしたのに一緒に買ってしまった。おかげで駐車場代は4時間もタダになった。ちょっと読んだ感触としては「赤い大公」に似た感じの内容であるが、まさしくロシアとウクライナとポーランド、バルト三国にまたがる戦間期の情報戦を詳述した本だ。今の時代を読み解くのに知っておくと格好いいかもしれない。そんじゃそこらのやる気では読破もできないと思うが。。

秘密の戦争についてはまだ全部読んでないので機を改めるが、今回のこの第3巻、傑作である。断言…圧倒的断言…!

☆有料記事について