マヤの秘密【映画評】

4か月ぶりだったんですけど、たまには映画でも観ようとナチスがらみだったのでとりあえず観てみました。

第二次大戦後にアメリカへ移住した女性が、かつて大戦中に自分をレイプした独軍兵士を見つけ困惑。悩んだ末、男を待ち伏せして襲撃。家まで拉致し、夫に協力させて尋問にかける。

男は「全然心当たりがない!」という感じで困惑している。トーマス・スタインマンと名乗り、スイス人だという。15年前(大戦中)はスイスの運輸省に勤めており、同僚も自分を知っていると。どれほどきつく尋問しようが、過酷な状況でゲシュタポ並みの拷問を加えるが、男は頑なに人違いだと主張する。妻がいる。子供も二人いる。俺が彼らを養っている。警察にはいかないから助けてほしい、と。

有料記事について

-

このブログについて詳しくはこちら↓ インフォメーション