ランボーラストブラッド【映画評】

シェアする

いやーおろろいた。。
もう忘れてたな。まさか続編が作られるとは。。「ランボー 最後の戦場」は我が映画人生で文句なしのナンバーワンなんだが、今回もなかなか面白かった。前作の良さはきっちり残されていた。でもやっぱり何か物足りないですな。おそらく高く評価されてはいないと思う。ストーリーに落ち着きがないというか。無駄に長くならないところは良かったし、ランボーらしさは漲っていたが。


シリーズとしては4作目が1番好きで、2番目に1作目が好きで、2作目3作目は途中で観るのやめたのでよくわからないが、今回は3番目に面白いかな。と言っても、パート1とパート4に比較すれば、今回との差は大きくありますけれども。

前作、ビルマ軍との死闘を終えたランボーが、なんか納得した顔で故郷の牧場へ帰るシーンでしんみりと終わった。今回は牧場で家族を持って幸せに暮らしてるところから始まる。

ベトナム帰還兵、元グリーンベレーという経歴を活かしての人助けのボランティアをしつつ、牧場経営するランボー。
住み込みの女中と、17の義理の娘と疑似家族を築いていた。

ランボーが家出していた間、牧場誰が維持してたのかとか色々細部を気にすると負け。もうここは黙って見ているしかない。

しあわせな家族の時間も束の間、義理の娘は自分を捨てた父親を探しにメキシコへいきなり出発。案の定売春シンジケートの売人に拉致されて失踪。ランボーは娘を連れ戻しにメキシコへ赴く。

アクションパートは最初ストレスフル。ランボーは向こうのマフィアにボコられて完敗。意識を失ってる間に娘は日本の芸能事務所では絶対そうならないような有様に。

復讐鬼と化すランボーだが、映画はここからようやく本領発揮。悪いマフィアたちを殴り殺し突き殺し斬り殺す。戦争を終わらせるには戦争によるほかなく、暴力に対抗するには暴力によるほかない。人の善意や優しさがいかに無防備か、守るためには結局暴力が必要だとの主義主張は前作通り。
このゴアパートのみがこの映画の見どころ。ゴアパートに限って言えば前作と肩を並べるぐらいだが、今回は戦争ではなく、80年代のハリウッド映画のようなスモールスケールで、色々既視感のあるご都合主義的な展開。あまり褒められたものではない。

特に宣伝ではメキシコの麻薬戦争がどーのこーのと書いていたが、麻薬戦争のようなスケールのデカさは感じない。敵はちっこい売春シンジケートで、これは麻薬カルテルといえるのか?よくわかんないけど、ダイハードシリーズで出てきそうな感じの悪役。

唯一気を放つのが、伝統的ともいえるサウンド面だ。いつものランボーのテーマとかが要所要所でかかる。ここで思わず条件付けされた脳が涙腺を緩ませるのだが、今振り返ってみるとそんな褒められた脚本ではなかった。

一番気になったのは度を越した御都合主義で、ランボーは未来を見通せる魔法の万華鏡でも持ってるのかと聞きたいぐらいだ。

ラストの牧場での戦闘も、あまりに御都合主義がひどい。罠まみれの要塞と化した牧場で人を惨殺する映像が作りたかった…製作者たちのその意図はわかる。その気持ちは汲んでもいいが、あまりにも展開が無理やりだ。
詳しくはネタバレになるのでもう書かないが、敵がもし牧場まで攻めてこなかったらどうするつもりだったのか。攻めてきたとしてもターゲットの男が自ら出てこない可能性も十分あった。細部を気にしたら負けなのだが。

最初の大爆発も映像的にはクるものがあるけど、戦の素人であろうと名将に率いられた百戦錬磨の陸戦部隊であろうと、あんな大打撃を受けたらすぐさま撤退するか、戦力を再編成して出直すだろう。ましてや、ランボーの潜む地下の洞窟に剥き身で飛び込むなんてあるだろうか? 各個撃破されるのは目に見えている。普通はケツまくって逃げるか、死傷者を収容したりして、それだけで1日が終わるだろう。そうこうして間にマスコミや警察が邪魔しに来て復讐は頓挫するはずだ。細部を気にしたら負けなのだが。

なのに、女をど突くしか能のないケチなヤクザどもがいきなり特殊部隊みたいな装備でキビキビ戦闘を続けるサマは違和感ありまくりだ。あんな中でも死ぬまで継戦を続けるのはある意味で英雄的な行為で、硫黄島の日本兵や、ポメラニア戦線で戦い続けたフランスSSでもあそこまで勇敢ではなかった筈だ。おかしいとしか言いようがない。

とまあ、色々考えるとおかしいのだが、ランボーがブチ切れて悪党を惨殺する、というのがシリーズのテーマなら、それは堅実に守られていたといえるだろう。

面白かったといえば面白かったけど、多分もう観ることはないと思うし、でもパート1とパート4は死ぬまで繰り返し観るだろうと思います。ランボーは劇中生きて終わりますが、スタローンの年齢を考えれば今回が正真正銘の最終作なのは間違いありません。レストインピース。

↓この記事が面白かったら拍手ボタンを押してください
web拍手 by FC2

↓管理人へメッセージを送る↓

お名前

メールアドレス (返信欲しい方のみ)

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認