顔が良ければイージーモードか?違うだろ!

シェアする

昨日は早朝からやってる都内のジムへ、一人でまたボルダリングの練習に行ったのですが、早朝にボルダリングなんてクソハードは運動を好んでやる人間は一種の変態なんでしょうね。ほとんど人いないんすよ。僕は早寝早起きのジジイですから、5時に起きて朝6時の特急電車に乗って新宿のスタバでゆっくりコーヒーを飲んで朝飯を済ませ、スポーツドリンクやプロテインをコンビニで購入し(便利な時代だ…)、店の前で開店までスタンバってたんすけどね。

開店時間になっても、ドアを開けにも来ないもんだから、開けてみたらてっきり鍵かかってると思ってたのにあっさり開いたんですよね。中に入って、シーンとしてて人もいないわけです。レジに行ったら髪の長い可愛い~女の子がマスクつけてダウンコート着こんで丸椅子でふんぞり返って座ってスマホを見てました。おはようございまーすお願いしまーすと声をかけメンバーズカードを渡すと、無言で受け取り(挨拶はスルー)、時間はどーしますー?とやる気なさげに聞いてくる。会計を済ますと女の子はまた丸椅子に座り、壁を背にしてずっこけ座りでスマホをいじりはじめた。

まー別にこの娘は悪い子ではなくて、話せば普通に会話できる子なんすけど、ただちょっと社会通念がなってないのですよね。大人っぽくて美人だから、年齢はよくわかりませんが少なくとも精神年齢は大学生レベルだと思います。(クライマー女子は美人率が極めて高いです。すごく体が引き締まるからね。)まー早朝で客もほとんどいないため、この子はずーーーーーーーーっと丸椅子でふんぞり返って一心不乱にスマホを眺めていました。この仕事に給料が発生しているとしたら、そうとうおいしいバイトだと思います。ちょっとうらやましいなと思いました。

ところで、顧客に94歳の婆さんがいて、マッサージしてたら息子が「お母さん、44年にどこかで働いてた?役所に提出しなきゃならない書類があるから教えて」とやってきた。

「44年?昭和19年?事務だったかしら。。どこかで働いてないと徴用があるって噂があったから、父の会社の関連先の工場で事務をしてた…でも事務って言っても何もすることなくて座ってるだけで…戦争が終わったら、ああもう行かなくていいんだって思って…」

「お母さん、その工場の名前わかる?役所で聞かれたんだよ」「ええと、何だったかしら。名前はちょっと大昔の話だし、、、」

そんな会話があったんですよ。座ってるだけ。何もしなくていいの。徴用があるからどこかに所属してないといけなかった、ってすげえパワーワードだなと。心の中で「すげえ時代だ…」と呟きました。国家の権力が今とは比較にならないほど強かった時代です。当時の日本は地球の4分の1を強大な軍事力で手中に収め、500万の第一線部隊が内外に展開していました。極東のド田舎の今よりよっぽど国際的な感覚が日本人にあったと思う。それゆえに異民族に対する差別も激しかった(…と俺は思う)。

かたや別のジムではこのご時世です。男の子のいかにも大学生な、チャラくて女癖悪そうな、一見するとふざけたナリのアルバイトの坊やがアルコールスプレーとタオルもってせこせことホールドを磨いていました。客は俺以外一人もいなくて、今しかないと思ったんでしょう。仕事中暇なのは辛いことです。無数に。それこそ膨大な量のホールドを、全部磨けるとは到底考えていないでしょうけど、それでも一個一個磨いてるんだよなあ、、偉いと思いました。。女の子店員もいましたけど、やっぱりレジの中で下を向いて何もしてませんでした。やっぱり可愛い顔をしていた。

申し訳ない。申し訳ないけど、断言しますが、顔の可愛い女はダメですね、、、、社会では本当に。。。ダメな理由はいろいろあると思いますが、簡単に言ってしまうと顔が可愛いゆえに皆から鬱陶しいぐらいにチヤホヤされ、調子に乗ってしまい、上を目指そうという精神力を錬磨する機会を奪われてしまうからではないかと思いました。普通に性格が悪い場合が多いですし、「皆が自分のために何かをしてくれるということ」がすんごく当たり前の営みとなっており、人への感謝や献身とか、瑞々しい感動とか、温かい感情などを学習しにくいと思われます。

特にクライミングの世界では顕著なんですよ。俺は登ってるときは不思議なぐらいスケベ心を封印できてしまっており、ものすごく冷静な目で周囲を観察しているんだが、若くてかわいい女の子はほぼ間違いなく男連れなんですよね。彼氏に誘われて来た、みたいな。キャーキャー言いながら登って、彼氏にアドバイスされて丁寧に教えてもらって、やさーしくやさーしく教えてもらって。

まーもちろん、とっかかりは彼氏とのデートでも、そのうちクライミングの純粋な楽しさや、自然にボディメイキングできる性質にどっぷりハマってジムに通い始める女の子も多いですが、そこで彼女たちが遭遇するのは男たちのナンパです。ナンパというか、教えたがりのオッサンやツヨツヨの兄ちゃんがね、「いや?ここはこうするといいゼ?」「これはこうやるんだゼ?」みたいな。鼻の下延ばして話しかけるんすよ。(自慢にもならねえが俺はこんなみっともない真似はしたことないよ)女たちはそのどーでもいいアドバイスを真剣にふんふんと聞き、そのうちに仲良くセッション(=同じ課題を教えあいながら一緒に登る)が始まる。で、今度また一緒に登りませんか~この続きはlineかカカオで話しませんか~みたいな。んなクソみてえな営みが全国で展開されています。んでこのスケベ男どもがその可愛い女とセックスできるかと言われたら、全然まったくできてないですよね。多分だけど。まったく相手にされてないんですよね。どちらかといえば利用されてるという表現が正しい。女は年頃になると言い寄ってくる男を利用することを覚えるし、そのうちそんな風に非人間的に感情ゼロで男を捌くことに罪悪感など感じなくなる。教えてもらっといて飯まで奢ってもらえて、結局何もさせずに既読スルー。それがごく普通のクライミングジムにいる女たちである。多分な。←想像

だいたいな、クライミングは自分の身体能力や体格を冷静に分析し、足りない部分をスキルやテクニックで補うという登り方をするものなんだ。俺も最近は1級、2級が登れたりするようになってきたから語っちゃうけどよお。

例えば俺がこのやり方で登れたとしても、女の子の小さな体格貧弱な筋力では、真似しようったって真似できない場合が大多数だ。それは俺が上手いやつの登り方をそっくりそのまま真似しようとしても全然真似できないのとまったく同じで、自分にあった登り方は結局自分自身で試行錯誤して見つけるしかない。上級者ほどこれを理解しており、安易にビギナーにアドバイスなんかしない。「まーとにかくたくさん登って、そのうち登れるようになりますよ」なんてこと言う。でもこれは真理なのだ。俺もそう思う。4級がたまに登れるぐらいの中途半端な奴ほど人に教えたがるんだよな。しかも自分流の無手勝流でしか教えられない。その点、講師なんかはその人の体格にあった登り方を提案するようなことを言う。ま、そんな優秀な教え手はあまり多くないですが。

まーとはいえ、参考になることはあるんですよ。教えてもらえないよりは教えてもらえるほうが有利である。特に本当にビギナーのときはね。俺もビギナー時代は誰かに聞きたいことが山ほどあった。全部自己解決してきたが。師などいらん。

俺はクライミング初めてようやく一年経とうとしてる時期なんだが、本当にびっくりするほど誰にも教えてもらえず、一緒に登る仲間もいないから独りで黙々登り、何度も何度も登っては試行錯誤し、自分の登りを動画で撮ってフォームを確認したりして、通勤電車の中で動画を見て、そこで何かを閃いたりして、次それを試すけど上手くいかなくて、悔し涙にくれながらまた何度も練習する、、、、そういうことを何度も何度も繰り返した。

に教わることなんてなかったし、応援してもらえることさえほとんどない。怪我しても自己責任だ。それが当たり前なんだよ。教えてもらいたきゃ金払って講習に参加するのが筋だろう。

外岩だってよー。俺だって行きたいんだよ。その点女は男に車出してもらって道具類全部貸してもらって、自分の身一つで一銭も出さずに山に連れてってもらってあっさり外岩デビューしてやがる、、、ムカつくなー。まともにやったらいくらかかると思ってるんだ?どれほどの時間と金を仕事の合間に調達しなきゃなんないと思ってんの?ありがたいと思ったことあるのか??

あっさり教えてもらえる顔の可愛い女を見てるとムカつくし、軽く侮蔑の念を禁じ得ない。本当に甘やかされて育ちやがって、、、とこの世のものとは思えない醜い感情が芽生えてしまうのである。そうやって甘やかされて、尻尾振って懐いたふりだけ巧みになりやがって。んで飯まで奢ってもらうのか?本当に人間としてのプライドはねえのかと。あー腹が立つ。

俺も女連れて登り行ったことあるけど、店員も全然違うんだよな。俺にはアドバイスの真似事すらしなかった野郎が、俺の女には懇切丁寧に付きっ切りで教えてるんだよ。こんなに違うものかと絶句したわ、、、まーとっくに別れたけどな。

下向いて仕事サボってるだけなのに、周りから可愛いね可愛いねってちやほやされて、それで人間が上等になるわけねえだろうと思う。

顔が可愛いと精神が成長できる機会をごっそり削がれてしまうというお話です。いつまでも子ども扱いを受けて、ペットに餌やるみたいに奢ってもらえるのがそんなに大事なことかと。

まーもちろん、スケベなクソ男にも同じぐらいムカつくんで、そこは男女平等だと思って頂いてけっこうです。俺もちょっと前にまた彼女ができたけど、こいつがまた1円も払わねえ女なんだ!飯代酒代コーヒー代ホテル代に至るまで、全く一円も払わねえ。あームカつくなと思いながら顔には出さずに気前よく奢ってやって、セックスだけしてリリースしてますけどね。こんな奴どーでもえーわ!性処理の便利アイテムにしかならん!

あー、、、盛大に愚痴った。顔が良ければ人生イージーモードかもしんないけど、いろいろと見えないところで様々なものを失ってるものだろうと思う。顔の可愛い女は一人でだれにも頼らず何かをやり遂げてみろ!できるもんならな!

↓管理人へメッセージを送る↓

お名前

メールアドレス (返信欲しい方のみ)

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認