「誰もが世界の終わりと思った」

シェアする

シエナで人がばたばたと死にはじめたのは5月のことだった。残酷でおぞましかった。 この悲惨さと過酷さを、 どこから語っていいのかわからない。ほとんどすべての人が、苦難を目の当たりにして茫然自失の状態だった。この恐ろしい 事実を人間の口で物語るのは不可能だ。 じつのところ、悲惨な状況を見ずにすんだ者は幸いだとしか言いようがない。 犠牲者はまたたく間 に命を落とした。わきの下と鼠径部が腫れ、 話しているさなかに倒れてしまった。 父は子を見捨て、妻は夫を見捨て、兄弟はお互いを見捨てた。この病は呼吸や視線を介して伝染するように思えたからだ。こうして、 彼らは死んだ。 死者を埋葬してくれる者は見つからなかった。死者が出た家の者は、 遺体を溝まで運ぶだけで精一杯だった。 司祭もいないし日々捧げられる祈りもない。 弔いの鐘が鳴ることもない。 シエナの各地で深い穴 が掘られ、 多数の死者がそのなかに積み重ねられた。 昼夜を問わず数百人もの人びとが死んでいった。遺体はすべてこれらの穴に放り込まれ、土をかぶせられた。 穴が満杯になると別の穴が掘られた。 そしてこの私、アグノロ・ディ・トゥラ と いえば…… わが子5人をこの手で埋葬した…… あまりに多くの人が死んだので、 誰もが世界の終わりだと思った。

1320年台のある時、ゴビ砂漠でペストが発生し、旧世界の大半に広がった。ネズミがペストに感染したノミを東は中国へ、南はインドへ、西は中東、地中海沿岸、欧州へと運んで行った。中央アジアの隊商路が拡散ルートとなっ た。

1345 年、ペストはクリミア半島に到達するとそこでイタリア商船に乗り移り、地中海沿岸に運ばれていった。

1348年、死を運ぶ貨物船が、アレクサンドリア、 カイロ、 チュニス といったアラブ圏の大都市を襲った。翌年にはイスラム圏全体がペストの感染爆発に呑み込まれ、特に都心部で膨大な死者数が報告された。

1347年秋にシチリア島にペストが持ち込まれた。それからほんの数カ月でペストはヨーロッパ南部のほぼ全域に広がった。

ピサ、 ジェノヴァ、 シエナ、 フィレンツェ、 ヴェネツィアの住民が、 もっと小さな多くの 町の住民とともに命を奪わ れた。伝染病は1348 年 1月 に マルセイユに到達し、 フランス南部とスペインをあっという間に壊滅させた。 ペストが北へ広がっても依然として阻止する ことはできなかった。 1348 年春にはパリに、その後フランドル地方と北海沿岸低地帯〔 現在のベルギー、ルクセンブルク、オランダ〕に達した。 49 年にはスカンディナヴィア地方 を襲い、さらに辺境の地であるアイスランドとグリーンランドへと進んだ。134 8年 秋 には、南部の港町からイングランドに入り、 翌年アイルランドに上陸した。

ウォルター・シャイデル. 暴力と不平等の人類史―戦争・革命・崩壊・疫病 (Kindle の位置No.7856-7862). 東洋経済新報社. Kindle 版より引用

今回の感染爆発は日本国家の悪いところの全てがまろびでた結果、最悪の事態を招いた。もう一度精巧にシュミレーションしたとしてもこれほど悪い結果にはならないだろう。去年の暮れに中国でペスト発生の報が聞かれたとき、これが日本に持ち込まれないかと心配した政治家が果たして何人いたであろうか。おそらく一人もいなかったであろう。

ペストに襲われた旧世界の大半は滅亡と総破壊により社会の全てに変革を迫られた。繁栄を謳歌していた都市の大半は人口が半分以下にまで落ち込み、キリスト教権威の没落を招き、快楽主義と禁欲主義が同時に台頭し、医者は全ての経験則の再考を迫られた。

旧世界の総破壊の結果、不平等の圧縮が急速に進んだ。労働力の極端な減少により、賃金が跳ね上がり、地代と食糧価格の暴落が起こり、生き残った労働者の立場が著しく向上したからだ。

中国はあらゆる感染症揺籃の地だ。かつてはサーズやマーズがあったものだがここまで破滅的な結果とはならなかった。今回の武漢コロナは感染力が恐ろしく強く、接触感染や飛沫感染とされているが空気感染の可能性も否定できない。1月~2月に首都圏で電車やバスに乗った人すべてはすでにこの新型ウィルスに暴露した可能性が高い。

当初は楽観論に次ぐ楽観論の連続だった。どいつもこいつも大したことにならないだろうとタカを括っていた。中国は鼻ほじりながら適当にやっていた。国連も緊急事態出すほどやないやろ?とダラダラしていた。日本もアメリカも対岸の火事としてニヤニヤ笑いで見ていた。

子供は罹らない、若者にとっては軽い風邪みたいなもの、死ぬのは重い持病をもつ高齢者だけ、年寄りは死んでもらっても構わないしぃ~と鼻くそほじっていたのだ。

少子化と内需の減少により、移民と海外旅行観光客に極端に依存する社会ができあがっていた。伝染病のリスクと秤にかけた特権階級は、年寄が大量に死ぬより金もうけができなくなることを恐れた。政府は経済界とヌメヌメの愛人関係だ。中国人様にきてもらって金使ってもらわないと私腹を肥やせないしぃ~と涙目だった。その結果、湖北省縛りという訳のわからない入国制限が始まった。諸外国が中国渡航歴のある人物ならば誰でも入国拒否にしていたのに、日本だけはいまだに中国人を受け入れて人命よりも金もうけを優先させている。その結果がいまだ。いまや20代の若者も重篤な状態へと陥り、未就学児にも感染が確認され、小学校や介護施設でも感染爆発が起きようとしている。

これは全て愚かな現政権の日和見政策によって招いた人災でもある。この期に及んで自己責任、各々の判断に任せます、ウィルス検査は高熱が四日以上続くまでやりましぇん、通勤?テレワークを進めてる会社も中にはあるんだってぇ~。えらいよね?

これはだめだ、、、、と国民のがっかり感は今や末期レベル。ここまで力の弱い国と政府に人の命を守れるわけがない、、、とようやく気が付いたようである。日本のラッシュアワーの満員電車はウィルス培養には最高の舞台だ。毎日乗ってるけど、少しも混雑が緩和されてる印象はない。ぎゅうぎゅう詰めのハンバーグ弁当みたいだ。いつか自分も感染し、ことによっては重症化して、死ぬ可能性もある。おれ喘息持ちだし。中国で30代医師が死んだニュースを見たときに、やっぱりこれはやばいなと思ったものだった。30代の男、医師ですら感染し、しかも死ぬのである。

インフルエンザ等々でこの結果はまず起こりえない。インフルエンザにはワクチンがあるから、対策だってたやすい。新型コロナの猛威はインフルエンザとは比較にならないのだ。我々はかつてないほどの危機に晒されている。今の政府に国を守る力はない。悲しい。悲しいし悔しいし嘆かわしい。一体何百万人が感染し、死んでゆくのか。生き残れるのだろうか?

↓この記事が面白かったら拍手ボタンを押してください
web拍手 by FC2

↓管理人へメッセージを送る↓

お名前

メールアドレス (返信欲しい方のみ)

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認