強すぎても弱すぎてもダメ

シェアする

SIMロック無料で即時解除 総務省が指針改正案

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50428820R01C19A0EE8000/

日本の国で国家権力を叩くのは、アリンコをアーミーブーツで踏みつけ、ブローニングM2の12.7ミリ弾を撃ちつけるが如し。んなことしても別にカッコ良くはないし、意味もない。

日本の国家権力はとても弱い。
もちろん強すぎた時代がこの国にもあって、その時の反省からこうなったのだが、今の時代、国家権力が強すぎるから起こる問題より、国家権力が弱すぎるから起こる問題のほうが遥かに深刻なのだ。

富農はソビエト政府の凶暴な敵である…これらの吸血鬼は人民の飢餓によって裕福になったのである。これらのクモは労働者によって肥え太った。これらのヒルは労働者の血を吸い、都市労働者が飢える一方で、一層豊かになったのである。クラークに無慈悲な戦争を!彼ら全員に死を――レーニン

ソフトバンク、ドコモ、KDDIをはじめとする携帯会社の暴利を貪る悪逆非道な振る舞いは日本国民なら誰でも知っているだろう。ルールを理解できない馬鹿どもを搾取するため、ことさらに複雑でひたすら自分らに有利なルールを十重二十重に張り巡らせ、金を払う必要もない局面で客に金を払わせてきた。しかもシャレオツを気取ってクソのようなコマーシャルを電波に乗せ続ける。不快な存在だ。

膨大な額の金。
社員をサビ残させてタダ働きで得た収益を資本家は残らず吸い上げ、その金で女に飯と酒と甘い甘いデザートを奢る。そしてセックスをする。世の中で起こってることの大半はただそれだけだ。

携帯会社とその下で働くフランチャイズ企業こそ、この世でもっとも卑しい仕事である。

国はこの非道な携帯会社の悪辣極まる詐欺商売を長年是認黙認してきたのだ。国はその力があまりに弱すぎて、ソフトバンクなど携帯各社のヤクザ商売に口を出せなかった。

また金を神と信奉する資本主義社会においては、たくさん稼いでたくさん納税する企業ほど大きな口を叩いて威張っていられるのだ。馬鹿どもを騙して搾り取った金で恐ろしいほど力をつけた携帯会社は、文字通りこの国の稼ぎ頭と見なされていた。国はおべっかを使うばかりで規制らしいことはほとんど何もしなかった。それどころか法人税を下げる有様。テレビや新聞もスポンサーの悪口は言えないから、企業の犯罪は余程のことがない限り表沙汰にならない。それがこの国の問題のほとんど全てである。

それが、今回どういうわけか国がはじめて良い仕事をした。
携帯料金高すぎるやろ。
わけわかんないことで手数料取って消費者囲い込むのやめろや。

…と言ってくれたのである。ありがたいことです。安部政権憎しの面々も、流石にこれにケチはつけられまい。この調子でベアをしない企業の指導者を全員チェーカーの刑に処すぐらいのことは当然してほしい。つうかしろコラ

国家権力が昔に比べて強くなったんか?というと別にそんなことはないだろう。舞台裏は知らん。しかし、どういうわけか初めて国が暴利を貪る吸血鬼のごとき詐欺企業にニンニクを投げつけてくれたわけである。

資本主義という魔物のもとで、我々は好む好まざるに関わらず、金を稼ぐためのレースに投げ込まれ、生涯走り続けることを余儀なくされている。金を稼ぐことが税収を増やすことにつながり、生活を豊かにし、市民福祉も充実するのである。この考え方に則り、障害者には病人には優しいが、労働者には異常に厳しい社会ができあがった。

豊かさに対する羨望は、労働者を安く働かせ、違法スレスレ(というかいまや違法)の商売で暴利を貪る資本家を大量に生み出した。国はこれら吸血鬼どもを駆逐するよりも、手を結んで税金をたくさん取るほうがよいと考えた。その結果労働者にとっては地獄のパラダイスが極東の片隅に生まれた。周りは全部共産主義なのに、70年以上もこのアメリカ型の資本主義を守り抜いてきた。

豊かにはなったが、人生はただ働くのみという虚しい社会が完成形を迎え、人々は変革を諦め今日も満員電車に心を殺して乗り込む。土日はただ体を横たえ月曜日に怯える。子育てするものは休むことさえ許されず、土日も家族サービス。キツすぎて子供を産むことを諦める人々が続出。ただ老い、健康だけを求め、苦しく虚しい人生を目的もなく長生きすることが至上命題となった。戦いに明け暮れ敗北した者たちは、人生の伴侶さえ見つけられず独りぼっちでジャンクフードを食ってブクブク太り、そのうちに健康を害して死んで行くのが当然となった。

まかり間違えて産まれてきてしまった子供達は、この地獄のパラダイスで資本主義を更に加速させるために育ち、学び、働く。そしてどこかの段階で子孫たちは繁栄を諦め、疲れ切ってベッドに横たわり、そして死ぬ。

国はもっとパワフルに、横暴になって良い。
違法な労働環境や、暴利を貪る資本家の面々を駆逐してほしい。労働に手をつけない限りこの国は決して良くならない。滅びが待っている。少子化の原因のほとんど全ては、人生の豊かなりし時代を搾取する吸血企業のせいだからだ。

もちろん、中国や北朝鮮のように、国家権力が強すぎる社会も問題である。まあ、あれは国家よりも憲法よりも更に上位の概念として「党」が存在しており、「党」が国家権力を簒奪していると考えることもできる。

いかに中国が市民のデモに対して発砲しようと、北朝鮮の秘密警察がいかに強大でおそろしかろうと、同じ恐怖を日本で感じる必要はない。国家権力は強すぎても弱すぎてもいけない。

↑この記事が面白かったら拍手でもしてってください。