「 2019年09月 」一覧

リビドー

フロイトの理論に局所論というのがある。
局所論…何の印象にも残らない言葉である。
局所ってなんだ?チン×かよ?と思ったが、フロイトは他にも色んな理論を提唱している。

構造論…何だそれは…まったく印象に残らない。
さっきの局所論と混ざってどっちがどっちやらという感じである。
「井戸の構造」なんて覚え方をしたものだ。
イドとは本能に近い言葉だ。人の心はイドとエゴとスーパーエゴから成る、という考え方。性欲もイドから生じる欲動である。

フロイトによれば、イドはリビドー…つまり性的エネルギー=性欲を満たそうと働く。そのエネルギーたるや強烈だ。

スーパーエゴは道徳心だ。イドがなりふり構わず性欲を満たそうとするのを監視し、抑制する。

エゴはイドとスーパーエゴの調整役だ。性欲は暴走するのも抑圧するのも健康に良くない。社会的に望ましい形で満たそうと調停役をかってでる。

よって、イドは様々な形に置き換えられる。
例えばスポーツや芸術だ。
>>続きを読む

↑この記事が面白かったら拍手でもしてってください。


弱点

お口の悪さが原因で、人に嫌われ疎まれ蔑まれ馬鹿にされ、常に孤独な道を歩んで参りました。生まれた時からこうだった訳じゃないと思うんだが、育った環境や、親の性格もあるが、社会のシビアさを目の当たりにした大学卒業以降にこういった性格が固定されたように思う。

文字通り友達は少ないですね。
重度の女たらしで不良中年のA君と、殺人犯で窃盗犯で銃刀法違反で知的障害の介護福祉士B君ぐらいしか友達がいない。
>>続きを読む


香港の戦い

(ごめん。ちょっと前に書き溜めてた記事の一つ。もうネタとして古いかも。東大祝辞についてもコラムを書いたんだが今更すぎて公開できない。こういうのいっぱいあるんすよ。)
香港が中国共産党に、赤い帝国に呑み込まれようとする中、民衆の抵抗運動が盛り上がっているね。これに注目せず言及もしない人権屋はエセなのだから、絶対に信用しないように。偽物だと断言する。

中国共産党は、人類の歴史でこれまで存在したあらゆる政体の中でも最悪、最も邪悪かつ非道な独裁体制である。

今日の中国の統治者達は血で汚れた下賤な犯罪者であり…人間の屑であり 、悲劇的な時期の情況に恵まれて大国家を打倒し 、その指導者的なインテリ数百万を粗野な残忍さでもって惨殺し 、根絶し 、今やざっと100年ばかりの間どんな時代にもなかった残酷きわまる暴政を…

>>続きを読む


学習性無力感

学習性無力感とは、ある個体がすごく努力したにもかかわらず全然結果を出せず報われなかった経験を何度も繰り返すうちに、努力することを放棄し、文字通り諦めて何にもしなくなってしまうことを言う。

セリグマンという心理学者が、犬に電流を流す実験で明らかにした。犬は逃げても逃げても電流を流され続ける環境に置かれるうちに、次第に逃げることをやめ電流を食らうままとなり、抵抗を諦める。
>>続きを読む