人は食ってるもんがすべて?

シェアする

食い物とイケメンと愛国

前回の続きなんだが、うだうだ言いつつ自分自身も飯に関しては年々ストイックになってる。それどろこか人の知性は食生活に現れるものなんじゃないかと訝しんでしまう有様。というのもこれだけ飯食えプロパガンダが氾濫する世の中ですから、人の食生活もかなりテレビに影響を受けていると思うからだ。実際には食生活にはそれぞれで個別性が出るわけで、何を食うべきで何を食うべきではないかなど他者が干渉する余地はない。しかし、どうにもこうにも気になる。そんな栄養バランスでええんですか。。。と。一言二言文句つけたくなるのだ。

とりあえず、職場の昼休憩にせよ金曜の夜のディナーにせよ、他人が何を食ってるのかは興味があって、俺は常に目を光らせている(笑)。

若い奴はとにかくインスタント食品だ。安くて高カロリーで待つ必要がないからだ。うちの職場では若者が多く、異常なまでにカップ焼きそばが幅を利かせており、銃撃戦になったらとりあえずバラ開かれる迫撃砲や重機関銃のようなお手軽さでおもむろに持ち出される。すぐ作れてお腹いっぱいになるし、温かいしな。そしてあまり認めたくはないがけっこう美味いのだ。美味いのだ、というのはだな、おれも実際影響されて日曜日の昼飯にこっそり食ってみたからだ。あれって異常なまでに香ばしいので獣的なまでに食欲をそそるのである。「くそ……あんな健康に悪くて太りそうなものを……いともたやすく食いやがって、、、、このクソガキがーーー!!」と心の中で一通り啼いた挙句に我慢できずに食ったワケよ。

まあ、美味かったね(腕を組んで踏ん反り返って)。
あんな具もほとんどなく、スープを啜るという休憩行為さえできずにひたすら固めた粉を油で揚げて水道水でふやかしただけの代物をガツガツかきこむだけで何とか一食間が持ってしまうのだから恐ろしいな。美味かったんだが、あとで胸焼けがしたし、腹が膨れすぎて気持ち悪かったね。食った粉が全部腹の奥深くで沈殿してそのまま脂肪に変換されたような体感幻覚のようなアレコレを感じました。美味かったんだが毎日食おうとはとても思えないな。次食うのは東京五輪後でいい(真顔)。

で、職場の若い奴らときたら、カップそば山盛り食っておいてだな、更にポテチを衛生手袋つけて箸で食ってやがるんだよ!で、お饅頭とかお稲荷さんとかおにぎりまで食べてるの!正気なの?!うちの子だったら引っ叩くよ!?

と、おれは内心ハラハラするのだが、若さは恐ろしい。別にそいつらは痩せてるしいずれもイケメンなのである。というか女も焼きそばやカップラーメンなどのインスタント食品で簡単に済まそうとしてるし、上司は女なんだがドジっ子属性付きの仕事熱心な手合いで異常に無駄な動きが多く、飯食ってたら必ず電話対応に追われ、ローソンの唐揚げくんに爪楊枝を刺した状態で数時間にわたって放置し、午後の5時ごろにガチガチに固まった唐揚げくんをぼそぼそと不味そうに食っていた。なんつー食生活だ。。。(おれは内心真顔で独りでウケて「これは絶対大盛りのネタにしよう」と誓ったよ)

まとめるとこいつら馬鹿だな、、、ということが言いたいんだが、そんなもんは余計なお世話なんだよな。食生活は正直、人に干渉されたくない部分である。俺の食生活に関してはここで開陳しないが、健康にそれなりにお腹いっぱいで過ごそうと思うと、お金がかかるというのは真理だ。牛丼屋で300円の牛丼食えばそれでええという選択肢が他にあった場合に、大抵それを選ばない理由はない。つまり貧乏……で節約志向が強くてずぼらな人間はジャンクフードばかり食うことになり、若いうちはまだいいが、歳取るとどんどん太って醜い豚となる。節約志向が強くてマメな人間は自分でスーパーで安い野菜を買ってきて調理し、ゆっくり食べて健康的な体型を保つ。俺は正直「もう、これはしょうがないって。ある程度金かかるのはしょうがないって。。」などと思いながら、あまり太らなそうなものばかりチョイスし、毎日脳をフル回転させて献立を考えて食事をとっている。定食屋に入ればご飯を少なめにしてもらい半分以上残す、という世のお百姓さんに銃撃されてもおかしくないほどの冒涜的習慣を実践しているし、ラーメン屋では無料のご飯を拒絶し、麺を少なめにしろと注文して鉢巻まいた元ヤンのにいちゃんの顰蹙をかっている。(ほんとにあいつら冷たい目でおれを見るぜ

体型や食習慣で社会階級や知的レベルがわかるってのは、精神医療に携わる者にとっても暗黙知である。太った人間は大抵心を病んでるかそもそも知能が低い場合が多い。日本の場合、生活保護でそれなりに食べれるし、生活保護になるような人間は大抵超ズボラで料理なんかしないので、ビールばかり飲んでコンビニ弁当ばかり食ってるからだ。貧乏人ほど太るというのは資本主義社会では常識で、世界一のデブ大国アメリカも特権階級だけは健康的な体型を保っている場合が多い。俺も仕事で億のタワーマンションに住まう人妻のカウンセリングに週一で通うが、そこに住まう人間は大抵美しい体型を保っているし見た目もこぎれいだ。その後には生活保護世帯の統合失調症患者のところへ行ったりもするんで落差は歴然。病者、貧者はこの世の中で欲を制御できず、目の前のジャンクフードをなんでも食って不健康に太っている。

まあ、なんというか、炭水化物を因習に従い普通に食ってると確実に体重が増えてくるんで、穀物は本当に少量食うのみに留めたほうがええ、ってのはこの歳になってようやく気付いたし、ご飯を茶碗一杯食うぐらいなら、それを食わずにシュークリーム食ったほうがまだマシだってことに他人も気付いているのかどうか本当に気になるんだよ。で、大抵の人間はご飯も食ってシュークリームも食う。そんなのもちろん太るとも。糖尿病になるのは必然。で、あとで苦労する。「あと」のほうが人生はずっと長いし険しい。そこに他人も気付いているのか、本当に気になる。だから他人の食習慣は注視している。大抵は反面教師だ。「あらあら、、そんな食い方しちゃって。。」と内心思っているが、もちろん何も言わない。むしろ俺の食習慣に「随分気使ってますね」と奇異な目を向けてくる手合いはかなりいる。特におばさんは男はガツガツ何でも食え、と思っているらしく本気で干渉してくる。全部無視している。そこで因習に負け、「ガツガツ何でも食って」たら数年後には人間を廃業して豚になるのは確実だからだ。健康を害すし見た目も汚くなる。それはできれば死ぬまで避けたい。

という程度には飯のことばかり考えて生きているのは俺も同じ。30年代のウクライナやカザフスタンだったら落ちてるパンでもあれば仲間をゲーペーウーに売ってでも食うに違いないが、不幸な時代でありまして、食が溢れており、食い過ぎて病気に罹る人間の方が餓死する人間より何百倍も多いわけだから気を使うのは当然だろう、と思う。何故そこに思い至らないのか。そんな時代にアレ食えコレ食えってテレビがプロパガンダを垂れ流すのは異様である。。結局食って飲んで……で、ちゃんとお金を払ってね、ということであるから、結局企業と政府が金を欲しがっているという、欲望から生まれる些事に過ぎん。それに踊らされて美味いけれどもコスパも良いように思えるけれども、電波に乗った食い物を山盛り食って写メに撮ってインスタで流して、他人の食欲さえも侵害するのは卑しいハラスメントだと思える。少なくとも自覚してアップしたらどうだ?と嫌味の一つも言いたくなる。

まあ、そんな中、俺のように無駄食いに耽る習慣に反発する者も多いのだろう。体幹トレーニング本が本屋やコンビニの雑誌コーナーで平積みされる時代となっており、美しい体幹に対する希求もまた強い。その手の雑誌は食習慣に関する部分も熱く記述されているのだが、大抵異常にストイックすぎて一般人はまず手を出せない。俺でさえひるむ厳しさ、ストイックさで、「こんな食生活で過ごしてたら半年後にはベルゲンベルゼン解放後みたいになっちまっうぞ。。。」と思えるほどひどい。ここまでする必要はない。ちょっとぐらいなら糖質も食っていいのだ。1日20g以下とか実践してたら下手したら餓死するぞ。。。と思う。それにとってもお金もかかると思うし外食なんか死んでもできなくなるんで労力も大変なものとなる。俺が勧めるのはゆる〜い糖質制限だ。朝は普通に食って良い。昼は意識して半分ぐらいにしとく。夜はタンパク質と野菜だけ。酒は蒸留酒のみ。体幹トレーニングは毎日する。それで十分いい体型を維持できる。まあ個人差はあると思うが、いずれにせよ毎日好きなだけ食う生活はさっさと足を洗ったほうが良い……って結局人の食習慣にケチつけてるじゃねえか?!このモラハラ野郎!確かにその通りなんだが、カップ焼きそば食ってお饅頭食うのは絶対ヤバイって!病気になるぞ!お父さんは心配です。