飯の話

シェアする


なんなんだよほんとにもう〜

あっち食えばこっち引っかかるといったあんばいだ。

普通に和食をむしゃむしゃ食ってたら糖尿病と高血圧で死ぬ。

かといって欧米型の食生活だと大腸癌と心臓病で死ぬ。

酒飲んでお刺身食ってたら肝硬変と腎障害で死ぬ。(その前に痛風とアル中で苦しむ)

糖質制限なんかしてたら、やはり大腸癌と腎障害で死ぬ。

何食っても結局何処かが悪くなって死ぬ。
自然の摂理はかくもはかない。

昔、髪を切ってもらってたら、美容師…俺と同じ歳ぐらいの男性チーフだったが、昼飯は食わないと言うのだ。

美容師さんて忙しそうですよね〜飯食う暇あるんすかあ?
「いや、飯は食わねえっす」
は?
「人間、空腹の時に一番力出るんでえ。昼飯は食わねえっす」
一日何時間働くんすか?
「ま、だいたい15時間ぐらいすかねえ。店閉めた後も後輩のカット見てやったりしてるっす。それは業務には含まれねえっす」
昼飯は
「食わねえっす」
彼はその後フォローもなく口を閉じ、むっつりと押し黙った。

う〜ん。凄いやつだ。。そういえば別の美容師の友人も似たようなことを言っていた。電通的というか旧日本軍的というか…もはややらされてるわけではなく、自らやってる感じがおもろかったです。空腹だと力出るって…ニューギニア戦線かい。

彼が何故そのような思想を持ったのか。数々の経験がクロスオーバーし、そのようなポリシーを抱くに至ったのでしょう。

でも俺も思い当たることはある。仕事がクソ忙しいと全然空腹は覚えないよね。夜10時ぐらいまで残業した日があったが、夕飯食ってないのに全然お腹すいてない。というよりもう早く風呂入って横になりたいという欲のほうが強いのだ。ちょい違うか?まあ、とはいえ、風邪ひいた時も何も食わないほうが回復早いらしいです。消化に良いもの食べるよね。お粥とか。食べ物を消化するのってけっこう大変らしくてエネルギー使うらしいんだわ。だから疲れてる時、休みたい時は何も食べずに水分を補給するぐらいで良い。確かに俺もターミナルな婆さんを何人も世話したが、やばくなると必ず医者から絶食指示が出る。

我々は脂肪も筋肉もけっこうついてるんで、一週間ぐらい食べなくても余裕で生きられるらしい。もちろん水分補給は必須だが、贅肉は食べられない時のエネルギーの貯蔵にほかならないわけで、腹が弛んでるうちはどんなに食べなくても死にはしない。疲れてる時は食べずに寝るのが吉だ。血糖値が下がり切ってる時は空腹感もない。

…なんでこんなストイックにも程がある話をせねばならないのかな〜。

最近は何をどうしても病の影があちらこちらでチラついてるんすよ。気をつけられるところなんて食生活だけだしな。何をどうしてもコレステロールも尿酸値も高いし、何をどうしても医者に将来多分死ぬと言われる。

最近疲れが取れなくて困っちょる。一日三食も食ってたら消化と吸収で体は大忙しじゃないか。それで仕事までしたらとても疲れるじゃないか、とワタクシの脳にもカルトが侵入しそうになりましたが、偏ったことしてるとまたおかしなことになりそうだ、との本能の声に従い、まだ飯は一日三回食べている。

定期的に体重計に乗って、太ってなければいいんじゃないか?最近はあまりに肉しか食べないので、便秘気味だわケツの穴の中に注射されちゃうわで阿鼻叫喚なんで、コメも少しは食べてたまには蕎麦とか食って、酒は平日控えて、夜9時にはグッスリ寝ております。セックスの次ぐらいに寝るのが一番幸せ。いつか死ぬってそんなの当たり前だろ!

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください