殺し屋1

シェアする

最近暇なのでネットで無料漫画を漁っていたら、「殺し屋1」が全部無料で最初から最後まで読めるというので読んでみた。軽く流すつもりだったのだが五時間ぐらいかけて熟読してしまった(笑)。お、おもしれ〜。。。 あまり言うとますますおっさんくさいので言いたくないのだが、、、、ちょっと前まで漫画も面白かったし映画も面白かったし音楽も素晴らしかった。「今」ってほんとにつまんね〜〜。。。。これは年寄りの定番文句だと思うのだが、そう感じるのはホントなんで、おれも戸惑いながらもやはり断言するしかないのだ。いやだね、、、また老害と言われてしまう(おれはまだ36だぞ!)


何故そう感じるのかな、、、おれだけなのかな? ここまで綺麗さっぱり世代でセパレートされるともはや作品が云々ではなく、「自分」の感性が乏しくなったんじゃないかと思わざるを得ない。間違いなくそれもあるだろう。作品を鑑賞して感動する自分に最近はそうそう出会えない。今年も忙しく仕事ばかりして真っ当な社会人を演じる一方で、プライベートでは酒ばかり飲んで破戒僧以下の放蕩生活を続けていた。全然家で漫画読んだりする時間はなかった。ちょっとパラパラめくってつまんね〜と放り出し、映画を観てもすぐにスマホをいじってしまう。おれは欲望に弱いし誘惑にも弱いし女にも酒にもカフェインにもクソ弱い。読書も続かん、、、そんな中で5時間も時間を忘れさせた「殺し屋1」はしゅんごい。。。しゅんごいの。。。。と控えめに断言したい。

というか「殺し屋1」は大学生の頃にゲラゲラ笑いながら読んだし、その時も大興奮した覚えがあるんだが、今回も変わらぬ感動を覚えた。名作は色褪せぬとよく言うものの、それを地で行く本当の傑作は少ないものだ。当時は映画版があるのも知っていたが、実は未見である。何故か当時は浅野忠信が主演だと聞いて唾吐き捨ててスルーしたのである。不思議なもので、今はおれ的には浅野忠信は最もかっこいい俳優の一人だと思っているのだが当時はなんか嫌だったのだ。。。(でも演技はイマイチ。声に迫力がない。オダギリジョーもそう)

今読み返してみてもとんでもなく残酷な漫画で、善も悪も超越したやりすぎっぷりにただただ茫然とする。この漫画のキャラクターの魅力的なところは、全然カッコつけてないところだ。主人公のダサさは例えようもないほどだし、平気で虐待されてる可哀想な娘などを惨殺してしまう。変態性欲者ばかりで読んでて胸が悪くなるほどの残虐描写で、日本人は変態だと世界中に誤解を与えかねない強烈な内容である。出てくる女性はほとんど全員レイプされて殺されるし、殺され方も女性に対する敬意などカケラもない地獄変ぶりだ。

主人公は本当にただの変態殺人鬼で、座間のジェフリー・ダーマー白石を凌駕する勢いの超ど変態。ピカレスクロマンなのかな?と思わないとやってられないが、そんな型にハマるストーリーでもない。恐ろしくストーリーの完成度が高い上に、これまで見たことがなかったような型破りな展開にゾクゾクさせられ、次へ次へとどんどん読んでしまう。この牽引力は久しく感じない。最近はどんな漫画でも途中で面倒臭くなって読むのをやめてしまう。先が気にならないのだ。水戸黄門のごとくほのぼのとダラダラと、ただ続く漫画が異常に幅を利かせている。やることやりきったらあっさり終わる漫画のほうが絶対面白いと思うど。。。

こう考えると、作品の奥深さといえば実にチープな論評だが、昔の傑作を表面だけなぞった偽物が跋扈しているのは嘆かわしい限りだ。昔の作品には「深み」が、それこそ底なし沼の如くズボズボと落ちていけるような漫画が確実に存在していた。萌えや表面的エロやグロや、安易に嫌悪感を催すような安い設定でお茶を濁すばかりの目的志向のない作品がなんと増えたことか。特に顕著なのは童貞のオタクや引きこもりが美少女に変身するだとか、勝手に惚れられるだとか、超能力貰ってヒーローになるだとか、いわゆる「チートもの」が激増したことである。チートはけっこうだが、楽した代償を支払うために苦悩したり地獄に落ちたりする作品のほうが面白いと思うのだが、最近は努力することが読者に嫌われるため禁忌になっているのだという。おれも伊達にラノベやなろう系に張り合って小説を書いているのではない。本当にそういうマーケティングがあるらしいのだ。努力や苦悩は禁忌で、自爆攻撃後のイスラム教徒みてえに処女に囲まれて永遠に官能的に暮らさねばならないらしいのである。。。そんなの悪夢だろ、、、女ひっかけるにしてもHUBとか行って自分でナンパするから面白いんだろ。。。勝手に寄って来られたらチン×勃たないよおれわ。。。

というわけで、「殺し屋1」を褒めるだけで終わらせるつもりが、結局最近のサブカルを叩いて終わるといういつもの流れに順調になってきたところでおしまいにしたいと思います。文句しかいえないって残念なオトナだな〜。とりあえず映画版を観て「ホムンクルス」も読もう。。。作者はマジに天才だと思う。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください