洗脳の歴史

シェアする

いまや私の主戦場である「第Ⅲ収容所」にて新着記事を投下しております。「洗脳の歴史」です。今年はロシア革命100年ですね。今年はとにかくロシア革命にまつわることをやろうと自分の中でキャンペーンを張っているのですが、この洗脳の歴史もロシア共産党がいわゆる開祖と考えられています。

http://3rdkz.net/?p=646

洗脳なんてのは、外部から人の行動をコントロールすることを便宜的にそう呼んでいると思うのですが、古代~中世の精神病院では「病的行動」を修正するために様々な方法が試されていました。殴る蹴るの暴行に水責め、作為的飢餓、非人間的環境への留置、強制労働、電気ショックにロボトミー(精神外科)、教育という名のハラスメント。人は何となくこのような行為が人を服従させるのに有効だと知っていました。それを科学にまで昇華させたのがコミュニストの冷酷な科学者たちや、アメリカのスキナー派やワトソン派と呼ばれる行動心理学と呼ばれる一派の学者たちです。

僕は大学でまさに行動心理学や行動変容と教育の関係のようなものを研究していました。まあ、そのとき培った雑学を雑多にぶち込んだだけの安い記事ですが、13000字を超える大作となりました。一週間もかかってしまった。。。無職にかまけて怠惰にだらだらとしていたら時間がかかってしまったのだ。内容としてはそこまで高度なものではありませんが、ニッチな雑学としてお楽しみください。

そういえば先週面接に行ったところに、常勤でなら採用すると言われました。僕は非常勤で掛け持ちを希望しているんですけど、週四回で常勤でいいというんだよな。給料はぽっきり25万で、完全週休三日制ではあるが祝日は仕事なんだと。残業はほとんどないそうだ。ダブルワークは勝手にしてよいとのこと。退職金や昇給はないが、ボーナスは一応あるし歩合給も少しばかりあるとのこと。

最初はふざけんな!と憤慨したものの、まあ悪くねえのかな、と考えるようになった。25万で社会保険払えば手取りは20万ぐらいだと思うが、週に3日も休めるんならのんびり暮らせそうだ。。。金が欲しくなったらダブルワークすればいいかもだし、ブログがんばれば広告費が伸びて金になるかもしれないしね。

とにかく週5日働くのに疲れてしまった。。週4日で最低限の生活をし、困ったらバイト掛け持ちする感じで行くかなあ。明後日にも一箇所面接に行く予定なんだが、そこも非常勤よりは常勤のほうが欲しいと言っているから望みは薄い。そこがダメなら週4常勤という新しいスタイルで働いてみるかなあ、、、、なんて悩む程度には無職生活にうんざりしている。暇だなあ。速く働きたい。

本気で悩んでるんだがこういう時友人に相談しても冷淡だ。誰か意見求む。。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください