放逐

シェアする

会社を放逐されまちた。。急遽、来週の水曜で退職でつ。。びっくりドンキーです。本当に。

たったの半年で退職でつ。。。人生ワースト2位です。。24の頃に会社を四ヶ月でやめました。社会から様々な差別を受け続け、そこからまともな生活に戻るのに要した期間はざっくり五年です。会社をすぐ辞めるのはとてつもなく危険な行為です。私は身をもってそれを知っていた、、、

理由は上と喧嘩したことです。パワハラ上等でこないだ全国紙に敗訴が報じられた一流企業でした。電通ほどの反省さえカケラもせずに、下をいじめ続けていました。しかも陰湿な女社会で、私が入社して三ヶ月で三人似たような理由で辞めていきました。我々の課で生き残っていたのは俺だけ。他は全滅。いい加減にしたらどうですか!と上に抗議をしたらあれよあれよと退職に追い込まれてしまった。不条理で俄かに信じられないが、こんなこともまだまだ現実に存在するのです。腐った社会です。大企業なんで人がいなくなって経営が回らなくても痛くも痒くもないそうなんだ、、、、とはいえ、辞める時には社長にすんごい謝られたけどな。謝って済む話か馬鹿野郎。

とはいえ、もう決まってしまったのだからこの一週間で三箇所ほど面接に行ってきまった。
思えば去年の今頃も就活したのだが、その時は四箇所ほど面接受けてすべて採用だったので、超舐めていたのだが、やはりすぐに会社を辞めるとの訳ありの烙印を押された今年の就活戦線は極めて厳しい状況である。。。二箇所×。一つは合わないな、と感じ自ら辞退。一つは小馬鹿にされて公衆の面前で30分説教された挙句に履歴書を突っ返された。一つは今選考中だが、多分落ちている(面接というのは落ちる時も受かる時も、手応えとしてすぐにわかるものだ)。

そして虚しく世間は三連休だ。またまた履歴書を書かねばならないのだがやる気がしない。
おれは常々狙っていた、フリーランス生活を試み、今回はパート希望で求職しているのだが、これがまた怪しげに映るようである。もっともらしい理由を考えて話すのだが、「ふーん」と全然興味なしだ。30代の男がパート希望なんて訳ありに決まってる。世間と一ミリでも違うことをする人間は粛清されるのがこの国の慣習だが、おれの履歴書は自分で熟読しても一ミリで収まるレベルではない。50センチぐらいズレてると思う。。。というわけなんで、この戦いは長引く、、、長引くかもしれん、、、と覚悟を決めねばならんかも。。。。

計算すると、けっこうフリーターでも稼げるんだよな、、、この業界。二、三箇所ぐらい掛け持ちして週休三日生活が夢だ。ただ、それを志向するには会社を辞めるのが早すぎたわけだ。。。三年ぐらい経験しなければフリーランスにも説得力がない、、、つうわけでこの自由への戦いがいつまで続くのか、おれのような変人にエントジークが掴めるのか、ネタにして笑ってくれよははは。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください