びびってんなよ

シェアする

あのさあ、二、三年後には大陸間弾道弾を完成させるのがほぼ確実なのに、何を手をこまねいているんだい?グズグズしていてはいけない! 一刻も早く平壌を爆撃するべきだ。爆撃すれば自ずと戦端は開かれる。既成事実を作るんだよ。関東軍を見倣え!

おれが何でここまで戦争を推すのかといえば、あの邪悪なキム王朝を打倒するチャンスは、もう向こう一年間が最後だということなんだ。二年後には核を小型化し、ワシントンに水爆を落とせるようになるだろう。少なくともそう脅せるぐらいにはミサイル技術を発展させるはずだ。そうなれば中国のように、核を持った大国の仲間入りだ。北は結局毛沢東と同じことをしようとしているだけで、その戦略は今のところ完全に順調だ。二年後にはイスラエルにそうしたように核保有を認めざるを得なくなるし、そうなればアメリカもロシアも中国も無論我が国も多額の経済援助をして「これあげるんでミサイル撃たないでくださいね(^^; ね(^^; ね(^^;」という感じになるのだ。

あのキチガイ国家が核を保有する事態を、おれはどうにも合点できない。それを認めたくない。拉致被害者は永遠に帰ってこないし、北に毎年朝貢してご機嫌を伺う羽目になる。おれの価値観では、国民を数百人も拉致されてそれを取り戻すことさえできず、スイマセンスイマセンと貢物をするのは負け犬である。はやい話が、だ。今確実にその特急列車に乗ってる。国民を数百万人も餓死させ、粛清し、強制収容所と秘密警察でこの世の地獄を演出する邪悪な独裁国家が、そんな風に勝ち逃げするのは言語道断だ。座視できない。アポカリプスを巻き起こして石器時代に戻してやるべきだし、そのチャンスはあと一年ぐらいしかないのだ。二年後には相互確証破壊が完成し、通常戦力を用いた戦争での解決は不可能となる。好機はいまだ。ワシントンだってそれを理解しているはずだ。北京もモスクワもそれを理解しているはず。

何兆円かかろうとも、何十年かかろうとも、今年やるべきだ。数十万人の血が流れようとも、未来の数百万人を救うべきだ。

自分の世代だけ戦争が起こらず、自分の代だけ安穏と欲にまみれて楽して人生を終えようだなんて、卑怯者の考え方だ。我々の子孫のために、輝かしい未来のために、今こそ北朝鮮を石器時代に戻すべきだ。

おれが強く主張したいのは、戦争は最悪だが共産主義独裁体制は悪夢だってことだ。戦争しなければ世の中は平和か?それ、とんでもない平和ボケだな。戦争しないからこそ国家によるテロに人民はしめあげられ、延々と責め苦に苛まされる。そういうことばかり起こってきたのが20世紀という時代だった。ポルポト政権に苦しめられるカンボジア国民は、どうやって救われたんだい? 絶滅収容所で穴ばかり掘らされていたユダヤ人は、どうやって救われたんだい? 戦争だよ。戦争によって救われた。戦争で救われる命もある(真顔)。少なくとも歴史はそれをいつでも証明する。北の人民をあのキチガイ政権から救ってやりたいとは誰も思わないんだろうな。おれは救ってやりたいよ。強制収容所で解放を待つ囚人も、戦争こそが唯一の救いだと空を眺めているはずだ。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください