大晦日2016

シェアする

気がつけば大晦日です。
今年ほど映画を観ない年はなかった。。ここが映画ブログだということを忘れるぐらい映画の話もしなかった。←読者はもう忘れてるだろうけど、、
今年はもう、「サウルの息子」を観て、それ以外は全部おまけでした。

「シンゴジラ」は確かに良かったのですが、なぜかもう一度観ようとは思えず、結局一度しか観なかったです。

他は多分、何も劇場ではグッと来なかったんじゃないかな?覚えてないです。。

唯一、映画的なイベントで楽しかったのはカナザワ映画祭です。

なんでもそうだが、最近はとにかく異世界ファンタジーにみんな夢中のようです。
ラノベだけの流行りかと思ったが、そうでもないみたい。
漫画なんか、ほぼ全部異世界だの超能力だの、そんな話ばかりだし。

映画は最後の砦だが、最近は危うい。ゴジラだのなんだのと…現実(風を含む)を描いた作品は少ないです。

イリュージョンにしか興味が持てないのが最近の観客なのかもしれませんが、夢だの愛だの人の善なる心だのは、結局のところ金儲けに利用されているのが現状です。誰も否定できやせんでしょうが。夢なんか見せかけなんだよ、、

おれはどうにもこうにも、最近は現実にしか興味が持てなくなりました。ここ数年の話ですね、、、現実と格闘するうちに、どんな物語にも没頭できなくなってしまいました。楽しいことも現実にしかないじゃない、と思うんですよ。。

現実的な物語ならいいんですけど。嘘ごとでもうまく騙してもらえれば気持ちよく感動できるのですが。どうにもあからさまなファンタジーには興味が持てなくなってきています。

漫画やゲーム、テレビはほとんど興味が持てません。。。萌えアニメとか、白痴みたいな声出す声優とか、胸がムカつくし吐き気を催すんでテレビに映ると即チャンネルを変えます。勘弁してほしいですわ、、、アニメが日本の誇りって冗談だろ・・? 萌え・美少女アニメに関しては確実に世界の恥だと思いますけど。世界で日本のエロアニメがなんと呼ばれているか知ってるんですか? ”Hentai”と呼ばれてるんですよ。

M・ナイト・シャマランの「アンブレイカブル」でも、アニメショップの店員が「おい!日本のアニメコーナーでマスかくなよ!」と車いすの男性(サミュエル・ジャクソン)をからかうシーンがありますけど、あの映画はもう15年近く前の映画だと思うんですが、その当時よりも確実に今のほうが萌えアニメは悪い意味で進化・深化していますよねえ、、、語るのも嫌ですが。。

「スターウォーズ」も昔は本当に好きで、それこそスピンオフまでチェックしていましたけど、先日公開された「ローグワン」、駄目だったなあ、、、受け手のおれが悪いのか、作り手が悪いのか両方なのか、それはよくわかりません。しかしとりあえず寝ちゃいましたねえ、、ベイダー出てこなすぎだし、、、ポリコレ意識し過ぎで、全ての人種が勢揃いしているのはかえって不自然でした。。。結局主役級は白人だし。マッツ・ミケルセンの渋過ぎのしかめっ面は、こんな嘘ごとの映画ではもったいなさすぎて役不足だったし、主人公たちにも何の魅力もなし。アジア人の、超能力持ってそうな胡散臭いイメージを上塗りするかのような、盲目のカンフー野郎がスターウォーズの世界まで汚してしまったのは非常に残念ですね、、もう一人のアジア人は「鬼が来た!」の主人公の人でしたのでそれは楽しかったんですけど、、、

あと、過去作のオマージュはもういいんじゃないかと思うんですよね、、、自分が一番になってやろうという勝負を既に捨てているじゃないですか、、、40年前の映画のファンなんかに媚びないでいいんだから、新しいモノを作って欲しかったです。最後のベイダーの無双も、弱い者いじめにしか見えないし。デススターの惑星破壊も、トリアーの「メランコリア」のラストシーンの一億分の一にも及んでないですね。消滅が。

あと、帝国軍の人道的な支配体制にはヌルさしか感じません、、ストームトルーパー、相も変わらずアホすぎだし。手榴弾持ってたのか? と全てのシリーズ遡って「なんで使わないの?」と尋ねたい気分です。反乱軍が機関銃みたいな何連発もできるブラスターを持っているのに、帝国軍にはなぜ機関銃がないんですか? なぜ機関銃も手榴弾も迫撃砲も使わずに、歩兵が役にも立たない防御力ゼロの重そうな甲冑着こんで走って突っ込んでくるんですか? 塹壕とか掘らないんですか?? 指揮官は誰よ? おれが政治将校ならそいつは裁判なしでグラーグ行き決定~~!

・・・「炎628」の冒頭を200回みなおして出直してほしいです。「1943年・・ドイツ軍占領下の白ロシア」というあの緊迫感にはまったく及んでないと思うんですよね、、、現実に大敗を喫しています。どう考えても現実のほうがおもしろい。これからおれは何に楽しみを見出せばよいのでしょうか?

その点、今日の朝一で観に行った「ヒトラーの忘れもの」というドイツ・デンマーク映画ですが、これは素晴らしかった。完璧に現実が描かれていました。夢も希望も愛も美しい心も、完全に物語から排除され、しかしそれでも残る、人が人をいたわる心、というものがおれの胸に染みこんできました。掛け値なしに素晴らしく、みるも無残な駄作「ローグワン」とは大違い。 今年度一番の映画は1月に観た「サウルの息子」だったけど、勝るとも劣らず素晴らしかったのは大晦日に観た「ヒトラーの忘れもの」。

新年一番に詳しいレビューをあげようと思います。こういう話をすると、比較する対象が違うって言いだす人が必ずいるんですけど、そんなの決めるのはおれなんだよ。ここはおれのブログなの。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください