NOFXーSELF ENTITLED(・・と相澤仁美の話)

シェアする

SNSにばかりかまけていないでたまには更新しよう! ブログを!と思い、スタバに出張ったが何も思い浮かばないのでヒヒヒ・・・ヒヒ・・イヒヒ・・と腕時計の画像をググったり保存したりしていたら3時間ぐらい経ってしまったので、よし! じゃあブログの更新は諦めて味ぽんとか味噌とかそういうのを買い込もう! とドンキホーテに向かったら自然と足は腕時計コーナーへ。「エヘヘヘ、、、綺麗だね、輝いているね、イヒヒヒ君の名は。」などとしばらくロレックスやブルガリの時計をヨダレ垂らしたジャージのヤンキーと並んで眺め、おうちへ帰ったら眠くなったので寝た。起きたらもう夕方だったのでもはや日課と化している小説を書いた。

で、夜になってもやしなどでかさを増やした鍋をぐつぐつと煮込んでウィスキーを飲み、「あ~~今日も無為に過ごしたなあ」と哀しみの涙に暮れながら、相澤仁美はおっぱいが良かったのかお尻であったのかということについて小一時間ばかり激論を交わした挙句(一人で)、また眠くなってきたので・・・

でもたぶんおれはこの笑顔が好きだったのだ。元気そうでよかった

おいおい!

おれはそんなニンゲンじゃねえ!!馬鹿にするんじゃないよ。おれはタマナシ扱いは好かん~!!

バカだなあ、、ネタに決まってるだろ? おれはストイックで自分に厳しいジャパニーズビジネスマンだぜ~? そんなオ×ニーなんかするわけないだろう? 孤独になんかとっくに慣れてるぜ~?

まあ、そんなことはいいのであるが、久しぶりに相澤仁美の流出AVを観ながら「こんなしょうもない動画一つでこんなカワイイ娘が芸能界から干されるなんて、、、、芸能界って意味わかんねえ、、」などと酔った頭で愚痴っていたのだが、その時タマタマかかったのが上のCDだ。(やっと本題)

エピタフ系列と呼ばれるものがありましてねえ。エピタフってのはレコードレーベルのことですけども。僕らが若いころはそれはそれはメロコアが流行っていたものですから、「エピタフから出たCDは全部チェックするゼ?」なんてくっだらねえことに命を賭ける地獄に落ちた勇者どもがわんさといたものである。そんなことしてなんになるの?!今ほどネットが発達してないから情報集まらないのはわかるけどさ、全部チェックってアホなの?!「百人を巻き添えにしても一人のスパイを逃がすな!」内務人民委員部じゃん!阿保なんだよ、、、、もっとマシなことにエネルギーを注がないと、、、

そんな風にため息をつきながら呆れ果てていたにもかかわらず、そういう奴らが買い集めたCDを借りてはMD(死語)に落とすということをまめにコツコツと続けた結果、結局いいバンドはNOFXとバッドレリジョンだけじゃん、、、などとおれはエピタフにガッカリしていたのであるが、そんな中、おれは次にメタルやラウドロックにハマり、メロコマにハマっていた自分を黒歴史として闇へ葬った(笑)。メロコア好きとか言ってたらメタラーのヒエラルキーの中では下に見られる恐れがあったのである(笑)。え、、、カルトですか? その通り。メタル好きはアブナイ奴か童貞なんで、、、せめてアブナイ奴と言われたかった!童貞とだけは思われたくなかった!そんな小さなプライドがそのような行動へと駆り立てたのです(真顔)。

ああ。。。今日は一段と支離滅裂ですね。一応酒は抜けてるはずなんだけどなあ、、、、どうせ音楽の話題はウケないしと、もうヤケクソなのかもしれないが、、、

とかグダグダ言ってたらもう聞き終わってしまったので今もう一度再生ボタンを押しましたが、速い!短い!潔い!というパンク勢の中でもこれほど爽やかでメロディアスなバンドもないだろう。そして一抹の哀愁の光。大学生の頃から音が全然変わっとらん。。。このCDは確か4年ぐらい前に発売された比較的新しい音源だが、、、、ほとんど変わってない、、、何十年も前から似たような速くてメロディアスな音楽を作り続けている職人集団やね、、、と感動するわけである。

最近思うが、音楽というものは半分は懐かしさで聞くんだよ、、、ああ変わらないなあ、、、、ああ不変だなあ、、、あああヨイものはヨイのだなあ、、、、というアレコレである。。諸行無常、、永劫不滅なものなどなく、この世はすべて空である、、、、と悟って久しいわけだが、だからこそ良いと感じることもあるという話である。。。変わっていくはかなさと寂しさ、変わらぬものへの慈しみ、、、

音楽も芸術も受け取る人間と作品との関係性のうちに生じる感情なんだよなあ、、、、と思わされる。これをいきなり聞いたからといって良さもワビサビもわからんであろう、、、このワビサビがわからないなんて若い奴らは不幸だなあ、、、などと言っているとまた「ジジイ死ね」と言われるのだが、つうか、最近本当によく「ジジイ死ね」と言われるのだが、そりゃあいつか死ぬのはおれもお前も同じなんだよ。。。なんでそれがわからねえんだろうなあ、、、←違う

相澤仁美だってさあ、、、今はがりがりに痩せてしまって若いころの面影はない。しかし、時間が経ったら経ったで、そこでしか感じられぬ美しさは確実にあるわけである、、、(とオフィシャルブログを閉じる)

変わるものと変わらぬもの、、、どちらも美しいじゃないですか、、、嗚呼、、光が見える。。。※シャブうちすぎました

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください