「 2016年12月 」一覧

大晦日2016

気がつけば大晦日です。
今年ほど映画を観ない年はなかった。。ここが映画ブログだということを忘れるぐらい映画の話もしなかった。←読者はもう忘れてるだろうけど、、
今年はもう、「サウルの息子」を観て、それ以外は全部おまけでした。

>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください

年末年始(ブラックアースよもやま話)

仕事納め? いや、おれ明日も仕事なんで。

つうか1月1日、2日も仕事なんで。休みは大晦日の31日と1月の3日だけなんで。

普通の土日と変わらん(笑)。おせち?んなもん食わんでいいわ(笑)。どうでもいい(笑)。

だいたい、休みこれだけで、年賀状も書いて、親戚とかに挨拶回りして、職場で年初の挨拶したり墓参りしたり?おせち作って?大掃除もしろって?

バカかよ(笑)。誰がするか(笑)。

なんでこんな面倒な国に生まれちゃったんでしょうねえ、、マジで、クニ、クソ。

>>続きを読む



敬語で毒を吐く

おれのブログをみて、

スッキリしたわ!

今日の毒はイマイチね!

もっとぶち込んでくれなきゃイケないわ!

という人たちがそこそこいらっしゃることは存じ上げておりますが、おれは好きで毒を吐いているんじゃねえんだよ!こんなもん誰が好きで吐くか!だからここに毒を期待されるとおれも、、

ああ、なんか特にムカついてないけど怒らないと叱られるしぃ。。。

ああ、なんか特に興味ないけど怨念込めてディスらないとお客さんをがっかりさせちゃうしぃ。。。

ああ、なんかアレだけどとりあえず口汚く罵ってweb拍手稼ぐしぃ。。

という感じになってしまって鬱だ、、、おれは本来ネタとしてではなく、本当にムカついている時だけあーいった毒をぶちかましているのだが、あとですっごく嫌悪感に陥り、自分の心根の卑しさに心底嫌になり、恥ずかしくなり、うんざりしてしまうので、あとで記事を消すことも多い。毒舌ばかり期待する客に「二度と来んな」と啖呵を切ったことも一度や二度ではない。自浄したいんならてめえでやれ!他人の手でマスかこうとするんじゃねえ、気持ち悪いんだよオ×ニー野郎めが。。←こういうのが良くない

でもあんまりお利口なことばかり書いてると、客は退屈するんじゃないか?というジレンマもある。

>>続きを読む


年末

年末・・・今年も仕事は本当に不調だったなあ、、、人間関係がどうしてもダメです。人に興味ないんだなおれ、、馴れ合いも嫌いだし。

一方、プライベートはすごく充実していた気がします。悲しいこともあったけれども、楽しいこともありました。

大晦日だよドラえもん、、ではなく、年末振り返り系の日記はまた今度書くことにしますが、今日はとりあえず、今年も残すところあとわずか、ええと一週間ぐらいですか。やりたいことを書いておこう。

>>続きを読む


資本主義社会の問題点まとめ

我々の理想郷、この日本社会は、世界で類を見ないほどの超絶資本主義社会の帝國である。白人社会と異なり、キリスト教など宗教からの倫理への介入が著しく弱いため、善も悪も歯止めがかからず極端に暴走する傾向にあると思うのだ。(その最たる例が日本のポルノ産業であろう)

そんなこの国で起こる悲劇は、気が付いたら資本主義社会が原因と思われるものばっかりになっちまってる。今日は資本主義社会の問題点を真剣に考えたい。

>>続きを読む


男は駄目ランキング

島根の女子大生、バラバラ殺人事件・・・近年ここまでもやもやする嫌~~~な気持ちになったことはない。デヴィッド・フィンチャーの「セブン」なんか足元にも及ばない後味の悪さ、、、この世は醜い。大抵の場合、それは男が平時社会になじめず、問題を起こすから。21世紀においてもジャングルの法則にしたがい、無駄な闘争本能を持て余し、無駄に欲深く、この期に及んで子孫を残そうという欲求が強すぎる。平時ゆえに戦うことも殺しあうこともないのに、ぶくぶく太ってオナニー三昧。

おれは自分が男だからわかるのだが、本当に男って生き物は醜いし、愚かだし、困った生き物だ、、、おれは男が大嫌いだ(真顔)。

男ってダメね~~という言葉はおばさんに言われるとすっごくイラっとする言葉なのだが、大抵の場合、それは言い返す余地もないほどその言葉が真実をついているからである。

今回は男のダメな部分をランキング形式で考えていきたい。誰得なのか。そんなもん知らん。とりあえず島根の事件のご遺族の哀しみと怒り、憎しみを思うとこれをやりたくなった、、、さあ、みなさんも言葉に出して言いましょう! 男ってダメね~~、、はあ(ため息) >>続きを読む


ティモシー・スナイダー先生 来日公演――追加情報

おらー! おれはしつこいぞ!

「ブラッドランド ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実」を書かれたイェール大学教授のティモシー・スナイダー先生が来月、来日公演されることについて、詳細な情報が判明したの!!

【犠牲者1400万!】スターリンとヒトラーの「ブラッドランド」1933~1945

え?なに?全然、興味ない?! じゃあ、なんでここにいるの?! さっさと帰んなさい! パパとママが心配しているよ! 歴史の表舞台へ、日の当たる場所へと帰んなさい! >>続きを読む


憎悪というスタンダードのはじまり

この世の中を長らく覆っていたポリコレミストは、今やトランプの勝利、大英帝国のEU離脱に象徴される孤立・排斥・利己主義に圧倒され、もはや風前の灯火である。フランスも多分極右が勝つし、オーストリアでは勝てなかったけど、イタリアでは雲行きがあやしい。ドイツもメルケルに批判が集中しており、多分極右とは言わないまでも保守政党が勝利するだろう。
>>続きを読む


NOFXーSELF ENTITLED(・・と相澤仁美の話)

SNSにばかりかまけていないでたまには更新しよう! ブログを!と思い、スタバに出張ったが何も思い浮かばないのでヒヒヒ・・・ヒヒ・・イヒヒ・・と腕時計の画像をググったり保存したりしていたら3時間ぐらい経ってしまったので、よし! じゃあブログの更新は諦めて味ぽんとか味噌とかそういうのを買い込もう! とドンキホーテに向かったら自然と足は腕時計コーナーへ。「エヘヘヘ、、、綺麗だね、輝いているね、イヒヒヒ君の名は。」などとしばらくロレックスやブルガリの時計をヨダレ垂らしたジャージのヤンキーと並んで眺め、おうちへ帰ったら眠くなったので寝た。起きたらもう夕方だったのでもはや日課と化している小説を書いた。

で、夜になってもやしなどでかさを増やした鍋をぐつぐつと煮込んでウィスキーを飲み、「あ~~今日も無為に過ごしたなあ」と哀しみの涙に暮れながら、相澤仁美はおっぱいが良かったのかお尻であったのかということについて小一時間ばかり激論を交わした挙句(一人で)、また眠くなってきたので・・・

>>続きを読む