月100時間残業

シェアする

sabizan

誰もが一度は言われるセリフですが気にしちゃいけません

電通で自殺者が多いのはなぜですか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14110286394

サビ残かますのが当たり前の毎日になってくると、自分が何時間残業したのかなんて気にも止めなくなってくるんですよ。だって、どうせ残業代なんかもらないんなら、計算したり数えたって無駄でしょ? 数えないですよねそんなもん。電通は高給取りで知られていますから、残業代はちゃんと出ていたんでしょうね。


で、残業というのは人によってだいぶ捉え方に差があって、残業するのが当たり前、何の苦も無く当然のようにする(たとえサビ残であっても)、というひともいれば、たった30分の残業でぶーぶー言う人もいるんだが、どう考えても社会で冷や水を浴びるのは後者で、残業が嫌だなんておくびにでも出したら「あ?いやなの?じゃあ帰れば?もう来なくていいよ?」と冷たく村八分にされてしまう。

何度も言うけど会社はムラだから、みんなやってることをできましぇん!などと言う人は真っ先に粛清される。

Twitter社会は、だいたい現実社会の価値観とは真逆なリベラルな(言い方を変えると自分にクソ甘い意見が)跋扈するのだが、そのようなきれいごとは社会では大抵まったく実効性がない。

今回の電通社員の過労自殺だが、叩いたおっさんが叩かれているのだが、おそらく実社会ではおっさんの意見がごく当然の価値観で、おっさんはネットにあまり漬かりきっていないから空気も読めずに自分が当然と思うことを垂れ流しただけだと思われ、叩かれても「最近の若いもんは情けねえな、世の中変わったぜ」と鼻でもほじっているだろう。大抵はおっさんの言い分が社会ではごく普通に通る。

なぜこうなのか? ということを考えたが、やはりTwitterは圧倒的にユーザーの大部分を占めるのが学生だから、というのがあると思われる。あとは学生の支持を集めたいタレントや評論家や教職や政治家がアカウントを作ってプロパガンダを垂れ流している場所なのだ。だから有名な人も学生にとって甘美な意見を垂れ流す。そうやっていれば学生が自分を支持してくれてウマーなわけだ。Twitterは学生にとっては試練を戦うことも我慢することも一切免除される無菌室=パラダイスなのだ。

無論、この国が数千万円の費用と途方もない労力と時間を費やして育て上げた人材を、たかが一年足らずで無駄死にさせる電通の参謀本部の無能さには心底呆れ果てる。

サンパチ持たせただけの新兵を、ソ連の戦車団と重砲陣地が居並ぶ橋頭保に、無策に突っ込ませるかのごとき愚行。言葉もないほど無益。上に行けば行くほど馬鹿ばかり。それがこの国の伝統である。

しかも、若くて美しい女性だったということで、どうにもこうにもセクハラ、パワハラというものが男よりも襲いかかってきやすい環境だ。

権力を持ってて偉そうで金持ってるオッサン上司の現地妻になるか、

優しくてかっこよくて相談にのってくれる先輩社員の竿をしゃぶらされるか、

どちらかに身を委ねれば女は楽になれてしまう。この世の中の最大の不条理――搾取されることに卑屈な満足を見出し、奴隷は奴隷であることに安心感を覚える――そして結局死ぬまで酷使される。死ねば上司も先輩も知らんフリ

親や恋人や周囲が救ってやらねばならなかったが、誰一人救いの手を差し伸べなかった。ソ連軍の何十もの戦車団と重砲、重機関銃陣地に包囲され、ノモンハンの砂漠の戦場に見捨てられた、歩兵第二十三師団のように。

時と共に悲劇はなかったことにされ、教訓を見出す検証作業も禁止され、だれも責任を負わず、ただ、風が吹くように忘れ去られる。それがこの国だ。この国の歴史そのものだ。

この国は決してパラダイスではない。東大生でさえこのような目にあうのだ。五流大出身者はなおさらだ。吸血鬼共が、虎視眈々と君らの金と体と若さと時間を搾取しようと常に狙っている。ただ、自分を甘やかすだけでは生き残れない。奴らと戦うために牙をとげ。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください