残酷戦場写真館47 日本帝國

シェアする

日本軍の蛮行とされる写真には、ドイツ軍と同じに大変偽写真が多い。中国軍の犯行を「日本軍の蛮行」としばしば誤ったキャプションがつくだけでなく、映画のワンシーンを白黒にして古臭い加工を施して「赤子を殺す日本兵」とキャプションがついて紹介されることも。

欧米人には日本兵と中国兵の区別は全然つかないものらしく、それを利用した中国の活動家も間違いなくいると思われる。そもそも軍服も似ているし顔色も似ている。たとえ悪意がなくとも普通に間違えても仕方がない、と思えるレベル。それほど難しい領域だ。

このシリーズでも日本兵絡みの残酷写真はまだ紹介したことがないのだが、それは別に私がナショナリストだからではなく、上記の理由による。普通に難しいのだ。写真も古くて不鮮明なものが多く、けっこう鑑別は難しい。

今回は、その中でも、まあこれは偽写真ではないな、と(私が)思うものを紹介する。

japan

我々日本人にしかわからない「気配」というものはある。この行進する軍隊は間違いなく我々の同胞である。日本人ならばピンとくる。「これは朝鮮人だ!」なんて言い訳は通用しない。朝鮮人は当時日本人であるし、朝鮮人はそうそう国軍に編入されることはなかった。間違いなく日本人が中国人を跪かせている場面だ。五族協和など全部でたらめだということがよくわかるいい写真。愚直に信じて戦った誇り高い人々もいたというのに。残念な話である。

05 Jun 1941, Chungking, China --- Casualties of a mass panic. During a Japanese air raid, 4,000 people were trampled or suffocated to death trying to return to shelters in Chungking, China, --- Image by © CORBIS

05 Jun 1941, Chungking, China — Casualties of a mass panic. During a Japanese air raid, 4,000 people were trampled or suffocated to death trying to return to shelters in Chungking, China, — Image by © CORBIS

上は重慶爆撃の惨状を写した写真として有名。これはねつ造などではないと思う。とはいえ、たまに「Nanking massacre」とのキャプションがついていることもある。防空壕に逃げようとパニックを起こした群衆が階段で倒れてしまった、らしい。

重慶爆撃はテラー爆撃の先駆けといわれる重要な事件。飛行機による無差別爆撃を既定路線に変えてしまった象徴的作戦だ。

japan3

これは中国戦線でゲリラを処刑する直前の写真とされている。この写真を合成と見る向きもあったそうだが、つい最近別アングルの写真が元日本兵の私物の中から見つかり、めでたく本物認定された、とのことである。まあ、ゲリラの処刑は当時の常識を考えれば致し方ないものである。しかしこう、見物人がとても多いところなど、処刑が娯楽や見世物になっていた当時の日本軍の規範みたいなものがうかがわれて残念である。構図といいアインザッツグルッペの処刑場面そっくり。当時が戦争の時代で、ゲリラの処刑なんか単なる娯楽だったということがよくわかる嫌な写真だ。

nanking

これは日本の兵隊さんに間違いないでしょう。南京大虐殺のキャプションがつけられることが多い写真ですが、旧式の軍服を着ているしあながち間違ってないかもしれません。捕虜やゲリラを斬首するのは日本軍の通例だったようです。見せしめにもなるし戦意高揚にもなるし、当時は合理的と考えられていたのかもしれません。

japan5

お~~っとっとっと。。。。

これは元の写真をのせればグーグル神のお怒りを買うことは確実と思われたために、写真の上半分をトリミングしました。1900年前後に撮られたと思われる写真。とても映りが良いですね。日本軍と中国軍の軍服がずいぶん違う時代なんで、後年ほどのわかりにくさはありません。ゲリラが斬首された際の写真です。芥川龍之介の短編「将軍」を思わせる情景。当時はこれが常識だったんだよ、、、

え? 愛国心がなくなっちゃったって? ああ、そいつは悪かったねえ。

参考

ttps://www.quora.com/History-of-Asia-Why-is-the-relationship-between-Japan-Taiwan-and-Japan-Korea-so-much-different

ttps://historyimages.blogspot.jp/2011/11/chinese-japanese-war-1931-45-pictures.html

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください