「 2016年07月 」一覧

思想と芸術

難しい問題ではあるが、結論から申し上げればワタクシは単純に思想と芸術はとりあえず分けて考えていいんじゃない?派である。

だいたいよく考えてもみてくれよ。

音楽でいうとさ。ハードコアやOi!やパンクやらRACやNSブラックメタルなんかはさ(言葉の意味はわかんなくてもいいからね)。露骨に政治的メッセージを前面に押し出した芸術活動であるわけでさ。

>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください


誤解しないでぇ!

どの記事だったかもう忘れたけど T4作戦は本当に間違っていたのか…?みたいな意見を載せてましたよね。 過激なことばかり書いてますが、あなたも本質は人道主義なんですね。

こんな匿名メッセージがお客さんから来たんだけど、ちょっと危機感を覚えたので今日この記事を書いた。結局過激な言葉を連ねるとその印象ばかりが記憶に残り、内容やテーマは早々に記憶から薄れ、曲解されてしまうのかもしれない。

おれもこういう誤解を受けると、これから活動しにくくなってしまうと思うし、少し釈明させてほしい。メッセージをくれた方には、これをやらなきゃならない、と気づかせてくれたという意味で感謝申し上げたいと思う。

>>続きを読む


思想

最近のイスラム国のテロの不気味さは、必ずしも中央の指令を受けた軍事作戦ではなくなっていることだ。

イスラム国が拡散する憎悪に満ちたプロパガンダに影響され、独自に決行を思い立ち、独自の計画で実行した「自主的ムジャヒディン」と思われることである。

>>続きを読む


修羅の国

修羅の国・・・とはやしたてられることも多い北九州であるが、ワタクシは子供の頃はそのド田舎の山奥に住んでいて、そこでもこんなことがあったりするのであるが、、、、

>>続きを読む


シュナの旅 思い出深い作品

嘘だろ? と思われるかもしれないが、おれは子供のころから「風の谷のナウシカ」が好きであった。特にナウシカのきゃわいさと巨神兵のド迫力に魂を抜かれた口である。だがクソのような田舎小学校にいた時、なんか知らないが「ナウシカが好き」とは言い難いものがあった。なんかそういうことを公言するといじめられる危険があったのである。アニメ好きやオタクは子供のころから粛清の対象で、無秩序な赤色テロルに晒される危険があったので、随分長いことナウシカがお気に入りということを隠していた。
>>続きを読む


殺されたミンジュ 高品質韓国ノワール

「嘆きのピエタ」でも韓国黒社会と、底辺で蠢く人々の闇の群像劇を描いたキム・ギドクの新作ということで「観る~!これ観る~!ボク観る~!」という感じで映画館に行こうと時間を調べていたら、もう公開停止、、、どこでもやっていない、、、という感じで、早い話が見逃した本作であるが、最近すごく久しぶりにTSUTAYAを冷やかしていたら見つけたので即借りた。

>>続きを読む


出版不況

今書いている童貞小説がそろそろ書きあがるんで、校正を含めればあと2か月以内には応募できそうな情勢である。

というわけなんで、おれは今度はどこの賞に応募しようかなあ、なんてことを考え始めた。そこで色々調査していたのだが、、、、

>>続きを読む


ティモシー・スナイダー

今日本屋で「ブラッドランド」のティモシー・スナイダーの新刊の邦訳が出ていて軽くレジ横でフェアなんかされてて驚いた。


「ブラックアース」。モノクロの表紙がいいカンジである。センスいいなあ、、、

「ブラッドランド」と同じような雰囲気の表紙で上下巻、でも上下で450ページぐらいで、わりとコンパクトな本なのに、上下で6000円以上したので頭にきてほぼ立ち読みで済ませた(笑)。
(下巻なんて3分の1ぐらい役者のあとがきと参考文献の羅列なのに3000円以上するんやで! えげつないのう! 商業主義者に大量テロルを行え!

>>続きを読む


誰に投票してもおなじや思てええええ!!!

おれはなあ! 普段からブログとかそういうののネタ集めをするために、ほぼ年がら年中、資料集めをしていて、多分そのへんのダメな大学院生なんかよりもよっぽど本を読んでいるの!

来る日も来る日も本を読んでいるのにちっとも未読書が減らないの!今日もレーニンのキチガイ語録をあれほど書いたにもかかわらず、まだ足りないと探しに本屋に繰り出して2冊も分厚い本を買っちゃったの!もうマニアとかオタクとか簡単に言わないでほしいの!

おれはなあ!こう見えてめちゃくちゃ勉強家なんだよ!自分で言うなって?!

>>続きを読む