「 2016年06月 」一覧

イギリスのEU離脱で起こること【予想】

イギリスのEU離脱にはおろろいた。
国民投票なんかしたところで誰も心配なんかしていなかっただろうに。。
これは21世紀が始まって、911と東日本大震災とイスラム国の旗上げに並ぶ悪夢として歴史に刻まれるのは確実である。

じゃあ何が起こるのか?

ただのおじさんのワタクシが予測する、バカでも知ってる多分こうなる!世界の未来!(あまり本気で見ないでね)

>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください

AV撤廃論

http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/11680641/
私がアダルトビデオに出演させられるまでに起きたこと 「今思えばそれは契約書…」AV撮影強要被害の実態

これはひどい。
思うに、この国が少子化に苦しみ、男子総員が草食化し、クソ童貞まみれ亡国のキングダムになっちまったのは全部AVが悪いと今思った。
>>続きを読む


映画「Чекист(チェキスト)」

のレビューを書きました。戦争映画中央評議会にて公開しています。

詳しくは上記ページを読んでほしいが、この映画はロシア革命初期に暗躍した秘密警察チェーカーを描いた映画で、92年のロシア映画です。ソ連崩壊直後、或いは崩壊する正にその瞬間に作られたであろう奇怪な映画です。
>>続きを読む


恋は雨上がりのように リアルなのかオヤジの夢か

熱を出して会社を休んだ。そこで急遽漫画を読んだ。

試し読みだけのつもりだったのだが、おもしろかったのでついつい課金して全巻読んでしまった。序盤からぐいぐい引き込まれた。絵も上手だ。

ミステリアスな女子高生が、バイト先の45歳のオジサン店長に恋をするお話である。
こう書くと気持ち悪い話だな、と思うであろうが、なかなか女子高生の心の動きなどが瑞々しく、可愛らしく、かつありえそうな感じに表現されている。
>>続きを読む


ブラッドランド ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実

筑摩書房の「ブラッドランド」を記事にまとめてみたが、あまりにも膨大な文字数になってしまったので、もっと読みやすく調整して、使えそうならどこかで使おう思っているが、いまのところ見合わせている。

この本は30か国で刊行された全米ベストセラーだが、ブラッドランドという概念は日本人には理解不能だろうなあ、と思う。
>>続きを読む


女という理不尽

gender

冨田真由さんの意識回復、内臓の損傷なし

http://www.sankei.com/affairs/news/160607/afr1606070047-n1.html

すごいことだ。何日意識不明だったのだろうか? 内臓に損傷はないとのことだが、脳に損傷はないのだろうか? 脳に後遺症が残っていないことを祈りたい。

>>続きを読む


ヒメアノ~ル 残念無念

hime

古谷実の漫画はなんとなくいつも読んでいる。この漫画もかなり前に読んだと思う。内容は何となくしか思い出せないが、この映画が原作とはけっこうストーリーが異なることぐらいはわかった。ラスト付近はかなり変更が加えられており、これは結果的には賛否両論だと思うが、悪くはなかった。

ストーリーは最初ご都合主義に満ちている。いい歳して清掃のバイトの童貞小僧が、勝手に女に惚れられて付き合いだす。まあ、これは古谷漫画のいつもの流れで、なんでこんなことをするのかは不思議だが、その幸せな初々しいカップルが能天気にセックスばかりしていたら、日常の影で異常な事態が進行して行くという不穏なお話だ。具体的には彼女をストーキングしているビョーキ野郎が、この二人のカップルを殺そうと付け狙うのである。

>>続きを読む