トレブリンカ叛乱-書評

シェアする

「サウルの息子」を観た記念に、刊行されたばかりのこの本を読もう、と思い買ったはいいが、やや読みにくい文章のおかげでようやく読了。

トレブリンカ絶滅収容所でゾンダーコマンドとして働いたユダヤ人青年の手記である。

サウルの息子 戦争映画中央評議会


ゾンダーコマンドって言うけど、ただ単に”特殊部隊”ぐらいの意味です。ユダヤ人の雑用のことだ。

トレブリンカは、ワルシャワから列車一本の東に位置する寒村で、1941年11月に労働収容所(第Ⅰ収容所)が完成、ここの囚人が絶滅収容所(第Ⅱ収容所)を完成させる。ガス室が持ち込まれ、1942年7月に移送が開始される。ラインハルト作戦の一環だ。しかし、「普通の人々」でも描かれているのだが、この時期は移送と抹殺の黎明期で、鉄道のダイヤとかガス殺と焼却が段取りよく行かず、移送が滞ってしまう。そこで大量銃殺任務がクラクフ・ルブリン管区で活発となる。その担い手は主に秩序警察(オルポ)やウクライナ傭兵だった。9月には元T4作戦責任者の一人で、ソビボル絶滅収容所所長だったフランツ・シュタングルSS大尉がトレブリンカに着任。移送と絶滅が再開される。70万人以上がここで死亡した。

鉄道駅から、ソーティングヤードで囚人の荷物を略奪して仕分けし、その向かいにある《野戦病院(ラツァレット)》で囚人たちを殺し、火葬用くぼ地で死体の山にガソリンかけて焼きはらう。ガス室の存在感がほとんどないのがすごい。初期はガス室も一酸化炭素ガスなので非効率で、プラットフォームから降りて来た囚人たちを、小屋の屋根や窓からウクライナ兵が無差別に銃撃を加え、問答無用に皆殺しにしていたという。凄まじい血に塗れた殺戮と拷問の描写に言葉を失う。

ほとんどのゾンダーコマンドは死体の片付けや荷物の仕分けに駆り出されるのみで即日殺され、翌日また新たなゾンダーコマンドを選び出して雑用をやらせてまた殺す。一部の技術者やカポとそれに近い部下だけが、割と長いこと生き延びられたが、サディストのSS髑髏部隊の強烈な面々に気まぐれに銃殺され、拷問され、結局辛苦に耐えた挙句、何の意味もない無為な死を迎える。

何とも乾いた描写で、ありがちなホロコーストモノが逃げ込む、家族愛とか同胞愛とか愛国心とかスパイ・潜入のドキドキ感とか、全然ないのがすごい。これはエンタメではなく、生存者の記録なのだから当然だ。ドキドキもワクワクもこれっぱかしもない、絶滅収容所の日常が淡々と血生臭く、延々続く。

二十輌の家畜用貨車を空にしたというのに、また二十輌がプラットフォームに来て止まる。これもまた屍体でいっぱいだ。ウクライナ兵とSSの残忍な殴打が始まる。次の地獄が始まったのだ。頭のてっぺんからつま先まで打撲傷だらけだ。監視兵は顔をめがけてライフル銃で殴るから、我々の歯はグラグラにされてしまう。口の中が塩辛い気がした。アルフレッドが横を走り抜けながら「カッツァップ、カッツァップ、口から血が出ているよ」と叫んだ。またもや屍体の車輌を空にする。ただ屍体だけ。数時間で六〇〇〇から七〇〇〇の屍体を「野戦病院」へ引きずって行った。

と言ったような殺戮の描写と、SSの目を盗みながら物々交換をしたり、自分が生存するためのあらゆる活動を地味~に描写したかと思えば、いきなり拷問シーンが始まって、食欲がなくなるほどの血と膿を拝まされる。非常に精神衛生上嫌な本である。ここから何を学べと言うのだろうか。人間の醜さしか描かれていないじゃないか、、、

1943年以降、ホロコーストの証拠消しが活発になると、火葬用窪地にたまった死体の山をクレーンで運び出す作業が生々しく描写される。手足も内臓も巨大なアイアンクローに引き裂かれる地獄絵図だ。ここだけでもバケツいっぱいの嘔吐を保証したい。

しかし、こんな中でも地道なレジスタンス活動が功を奏し、少しずつ武器を入手し、ついにゾンダーコマンドたちは叛乱を起こす。その叛乱によって600名の囚人が逃走したが、ほとんど連れ戻されて死刑。生き残ったのは100名であった。

生き残った著者はどうやらユダヤ人には見えない、かなり美しい容貌だったようで、数々の女の厚意に救われ、やがてAK(ポーランド国民軍)に加わり、ワルシャワ蜂起に参加する。著者の目で見た、AK内部でのユダヤ人迫害の様子、ディルレバンガー旅団カミンスキー旅団の陰に隠れ、AK軍が隠れ潜むユダヤ人の母子を集団レイプする様子なども描かれている。ポーランドの反ユダヤ主義はナチと変わらぬ過酷さで、ポーランドではナチ崩壊後に全国でポグロム(民衆によるユダヤ人大虐殺)が吹き荒れ、ヒトラーの野望通りの世界が達成された。

・・・と言っても文章も訳し方も稚拙で読みにくい本だ。当時のトレブリンカ生存者の識字率は低く、イディッシュ語で語られた内容がポーランド語に翻訳され、その後各言語に翻訳される。そのため史実との整合性のある記録は少ない。本書は文字の書ける筆者が残したもので、地獄の絶滅収容所の実態を後世に伝える貴重な手記だ。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください