進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

シェアする


ビックリ仰天のつまらなさである。




散々ツイッターで怒りの実況中継をぶちかました挙句、結局途中で観るのをやめてしまった本作だが、ワタクシも最近はつまんない映画に時間を取られ過ぎることを懸念し、映画自体をあまり観ていないのだが、そんなおれの弱り切ったマインズを直撃した本格的な童貞映画だ。

もう多くは語りたくない。日本映画のダメなテンプレの揃い踏みとだけ言っておこう。
あまりに暇なので観たのだが、そもそもこれは去年の9月に公開され、近所のTSUTAYAでレンタル一週間が解禁されたのはつい先週ぐらいだ。けっこう長いこと劇場で公開されていたようだし、興行収入は悪くなかったということだろうか???

これが???

ワタクシが懸念するのはまさにここで、この映画がいったいどれほどの興行収入を上げたのか、日本中の優秀な?製作者たちが勢揃いして作り上げたこの壮絶な無駄事業が、結局失敗だったのか成功だったのか、それが知りたいところです。。おれ的には10段階中、好意的にとらえても文句なしの0なんだけども。

【進撃の巨人】興行収入1位も「続編はやめて」と低評価の嵐
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150926/DailyNews_1016582.html

監督が馬鹿で無能で才能ないというのは間違いなさそうである。こんなに無能なのに庵野と並んでゴジラを作ろうだなんて、、、一体何者なんだ? そのバックボーンの強大さこそが最大のミステリーである。。つうかこれ売れたんか。。観に行く客が一番悪いわ。言葉もない。日本という国にまた一個ガッカリできる、最低の駄作だ。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください