ワードプレス

シェアする

当ブログ二周年記念特別企画第二弾を勝手に一人で真顔でやりたい。
なんでもネタにするのがここのやり方だ。半笑いで見守ってほしい。(そうでないとすぐにネタがなくなってしまうのだ)

今日はワードプレス(Wordpress)をレビューしたい。

ワードプレス?なにそれ?という人もいるだろうから軽く説明しますと、簡単にいえばブログの形態のことだ。つうかブログである。ブログを自分で作れるというサービスだ。

自分で作るのにサービス?という人もいるだろうから軽く説明しますと、簡単に言えばワードプレスはブログ内のレイアウトを簡単にいじることができ、プラグインと呼ばれる便利機能をあとから付加したり、何百種類もあるテーマから好きなのを選んだりそれを改造したりして、自分でブログをデザインできるのが最大のメリットだ。

たとえばFC2やライブドアブログやアメブロなどのように、大手のブログレンタルサービスでは、レイアウトを変更する機能は最小限で、その会社が許す限界を超えていじることは基本できない。また、無料ブログは会社が勝手に広告を挿入したりするので、美観が損なわれ、広告の位置をいじることもできない場合が多い。その他、このタグは使えない、とか見やすくデザインを微調整できない、とか制限が大変に多い。tumblerなどのような外国の会社の場合は文字の色を変える機能がついていなかったり、ウェブ拍手がついていなかったりして不便である。(ブログ記事内で文字の色を変えたりとか、ウェブ拍手などは日本人向けのサービスらしく、海外ではポピュラーではないようだ)

そんなわけで導入は楽なのだが、やはりデザインをいじれないことがオリジナリティーを大きく削ぐ結果となるので、レンタルブログはおもしろくない。広告入れて小銭を稼ぎたいという場合には、なおさら勝手に刺される広告が非常に邪魔となり、よしんば広告を入れたとしても、広告の位置を自由に決められないのは大きなデメリットである。

ワードプレスは有料サーバーと独自ドメインが必須となるため、当然だが広告は入らない。グーグルアドセンスなどの超強力な広告ユニットを自在に挿入でき、配置も管理者の思うがまま。色々試してクリックしてもらえる場所を考えたり、戦略を練ることができる。稼ぎたいなら断然ワードプレスをお勧めしたい。無料ブログの場合、グーグルアドセンスの収益の何パーセントかをみかじめ料としてレンタル先に貢がなければならない場合もあるらしい。ワードプレスならば当然そんなことはない。稼いだ金は全部自分のものである。

ドメイン取得料やサーバーレンタル料は、月数百円程度で済む場合もあれば、数千円かかる場合もある。それぞれ自分のブログの規模に見合ったサーバーを借りると良いだろう。ロリポップなどが一般的である。

で、ワードプレスの使い勝手は、といえば、結論から申し上げますと、もう無料ブログには戻れま千円という感じである(オヤジギャグ)。無料ブログはとにかく、痒いところに手が届かない場合が多い。それぞれのレンタル会社で特色はあるものの、おれの欲望を全部一手に満たせる会社は皆無であった。本当にいろんなブログを試したけれど、どれもこれも完璧とは言い難かった。それを考えると、ワードプレスはデザインにこだわりたい、手作り志向派にはまさに完璧なブログだ。全部DIYで何もかも自分の好きに決めたいならば断然ワードプレスである。大抵のことはちょっと勉強すればできる。まあ、というか、おれはけっこう勉強させられた。ワードプレス導入には少しばかり知識が必要なので、一番敷居が高いのはそこかもしれない。しかしちょっとパソコンに詳しい人なら困るレベルではないし、導入さえしてしまえばあとは便利なブログとしてカスタムは自由自在である。

サーバーレンタル費用やドメイン取得料に金を払うのに抵抗がある人もいるだろう。おれも最初はそうだった。こんなもんに金なんか使いたくなかったが、でも使ってみると思ったより稼げるもんだから、もうやめられなくなってしまった。収益という目標があれば更新意欲も自然と沸いてくる。逆説的に維持にも何にも金がかかっていないとモチを維持するのは難しいのだ。

というわけで、ガッツリ稼ぎたいならWordpressがオススメ。別にこだわらない、適当で良いという人はレンタルブログがオススメだ。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください