戦争?

シェアする

もう世界は戦争状態だ。安全な場所はない。

有志連合、1か月で「IS戦闘員2500人を殺害」
http://www.afpbb.com/articles/-/3072367

ISの現金保管庫を空爆、「数億円」相当を破壊 米当局者
http://www.afpbb.com/articles/-/3072803

こんなの全部無駄だ。


思想を根絶するのは無理。
解決策は絶滅収容所だけ。
ましてや民主的手段では絶対無理。

共産主義は絶滅させないと10年もすれば蘇る・・・こう断言してロシアに300個師団を送り込んで2000万人ぐらい殺した人がいましたが、共産主義はまだぴんぴん元気です。アフリカにもやばいテロ組織がいっぱいありますし、こないだ共産主義国家が核実験をしましたしね。もっともこれはドイツが戦争に負けて共産主義を絶滅させることができなかったからです。もしドイツが戦争に買っていたら、スラブ人はウラルの山奥にのみ貧しく暮らす少数民族になっていたことでしょう。ちょび髭はキチガイでしたから本当にこういう世界を作ったはずです。その結果、ユーラシア大陸に限れば共産主義は無力化されたはずだ。

同様にイスラム原理主義過激派は宗教ではなくて政治思想なんです。思想の根絶は無理なんだわ。思想を統制するのは文字通りに言論の自由を封殺して抑え込むしかないのである。解答は閉鎖国家のみ。それも生半可な閉鎖国家ではダメ。北朝鮮でイスラム国はテロを起こせないやろ?イスラム国を封じ込める手段があるとしたら、アサド政権やフセイン政権などのバアス党だ。フセイン政権下ではむちゃくちゃ強烈な秘密警察が常に監視の目を光らせていて、反乱分子は完全に抑え込まれていた。それは湾岸戦争で敗北して落ち目にあっても変わることなく強烈で、拷問と即決裁判が秩序を保持したのである。だいたいマクロな視点でみれば、なんでファシズムが世界で流行ったかって、共産主義に対抗したかったからである。日本だって共産主義を根絶するために民主主義と手を切ったのである。

まあ、そんなわけなので、アメリカとか民主国家の天敵はいつでも過激思想による不正規作戦だ。イスラム国はそのうち全ての領土を失うかもしれない。全ての資金源を奪われ無力化されるかもしれない。しかし、言論の自由を認める国家において「神は偉大なり!」と叫びながら100均の包丁を振り回すだけでそれは立派なテロである。人間は意志と体のみでいつでも暴力を行使することができる。イスラム国に参加するため世界中からかの不穏地帯へ若者が集まり続けるだろう。それが嫌なら家から出刃庖丁持ってきてスタバに殴り込んで「神は偉大なりぃぃ」と叫べばいい。コロ助ですか?いいえ、立派なテロリストです。

いつでもどこでもどんな形でも「聖戦」に参加できる。「聖戦」はどんな暴力でも正当化する。マルクス主義そっくりだ。こういうのに若者は弱いのである。包丁持って暴れるだけで「聖戦士」や「革命の英雄」になれる。そりゃあ若者にはこれが甘美に思えるのは決まってる。思想を根絶するのは無理だ。思想はいまや世界を覆っている。もう平和な時代は永遠にこない。

でも一つだけ解決策がある。暴力に取り憑かれテロに憧れる馬鹿なガキに、それよりもっとかっこいいものがあるゼ?と教えることである。それはニンジャかもしれないしハリウッド映画かもしれない。文化力を高めることがテロを抑えるのである。誰も排斥しない豊かな文化が必要なのだ。

世界の流れは逆だ。共産主義を倒したいからとファシズムが流行った歴史をなぞろうとしている。我々はイスラム国を倒したいばっかりに、またファシズムを受け入れる用意が整ってしまった。奴を産んだメス犬がまた発情しているんだぞ。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください