シェアする

去年から投資信託を始めたのだが、一番リスクの低い騰落率の低いヤツを10本ほど見繕って積み立て投資しているのだが、本当にダメである。


最初は少しずつ増えていたのだが、上海金融市場の暴落、フランスのテロ、アメリカの金融緩和、年明けの大暴落で大損ぶっこいている。なんでこう定期的に株価が暴落するようなイベントがきっちり起こるのだろうか?それで損している人間がたくさんいるということは、その影で儲けている人間がいるというわけなので、実に面白くない。

昨年からガツンと下がって、ゆっくりゆっくりじわじわと盛り返してきて、またガツンと暴落というのを5回は繰り返しているのではないだろうか?今回の年明けの暴落は何だか理由もよくわからないし、強いて言うなら政治的情勢のきな臭さは確かにあるけれども、そんなもんでいちいち投げ売りしてたら儲けるなんて不可能じゃないか?まったくよくわからないまま、どんどん損が膨らんでいる。(円高や上海市場の混乱が原因として挙げられているが、、)

株価が下がれば、下がった時がチャンスで、安くなった株を買ってその後儲けるという考え方でやっているので、安くなった今買えればお得なわけで、別におれとしてはおいしい展開のはずなのだ。しかしそれでも自分の資産がどんどんマイナスになっていくのをアリーナで眺めるのは良い気分はしない。

しかし株はいいにしても、日経平均株価も今日見たら17000円台に突入してたぞ(笑)。じっくりじっくり値を戻して19000円台までどうにかこうにか来たと思ったら、またドカーンと何かが起こって一気に暴落。水の泡。茶番だ。誰かが操作しているように思えてならない。投資家心理などとよく言うが、皆は儲けるためにやってるわけじゃなくて、損をしないために投資しているのではないか?

全く前途多難だ。こんなもんで資産ができるわけがない。ゲーム感覚で貯金ができるかな?と甘い見通しで初めた積み立て投資だが、次プラスになったら売っちまおうか。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください