困った奴ら

シェアする

サウジアラビア
イランと断交…外相表明 大使館襲撃受け
http://mainichi.jp/articles/20160104/k00/00e/030/123000c

困ったもんだなこいつらは、、

おれがこう思ってしまうのは西洋合理主義にすっかり飼いならされているからなんだろうけどね、、それは理解できるし、中東の争いはもとはといえば全部英仏が悪いというのもよく理解しておるのだが、、、なんでイスラム社会は、、こう好戦的なのか。


構図だけ見ればイスラム世界大戦じゃないか、、、スンニ派の盟主?サウジアラビアと、シーア派の盟主?イランのイスラム大戦の様相ではないか。

とはいえ、サウジアラビアがスンニ派の盟主だの、イランはシーア派の盟主だのと簡単に言うけど、そんな簡単な世界じゃないですからね。

サウジアラビアときたら、かなり閉鎖的な独裁国家だが、油関係は西欧べったりの姿勢で爆弾落とされずに済んでいる。山口組みたいなもんやで。イランはイランでペルシャ系でアラブ民族とは異なる民族でかなり似ているとはいえ言葉も違うらしい。

イラクは元々フセインがスンニ派で身近な者たちをスンニ派部族で固めた反動で新政権はシーア派に。それがムカつくからと旧フセイン政権の幹部たちはイスラム国などの過激派に手を貸している。イラクはスンニ派か?シーア派か?って未だに決定できずに戦争を続けているわけだ。

シリアはシーア派だと今朝のニュースで言ってたけど、シリアはアラウィー派といってかなり特殊な宗派でシーア派と簡単に仲良くできるものではない。内戦中やしな。そもそもバアス党は世俗主義による独裁だからそこまで宗派が大事だとも思えん。

クルド人はどうや?ってスンニ派が多いらしいけどご存知ヤズディ教とかもいるみたいだし、クルド人はイラクだけじゃなく中東全域で小規模なコミュ二ティを形成していて欧州でいうユダヤ人のような存在。何とも規定し難いわけよ。

つまり、宗派間対立だと思ってるとこの問題はわけがわからないままだ。中東は愚かな王族が支配する封建国家がいまだに多く、民は貧困と無学なままにとどめ置かれ、一部の王族だけがオイルマネーを独り占めにして儲けるという、貧しい人に施しなさい、とするイスラムの教えとは正反対なことをしているのが問題や。結局イスラム国も貧困層、被差別階層の革命行為なんだという理解が必要で、愚かな王族を引きずり下ろさねば民の不満は消えない。

王族が貧しい人を見捨て、油と欲にまみれてアメリカとべったりしているのを世俗主義と断じ、怒り狂って、イスラムに忠実な弱者に平等な世を作る、、というのがイスラム原理主義やそのためには暴力も辞さないというのが過激派や。なんか繋がってきたやろ?これは結局革命行為やねん。日本赤軍とかと主張そっくりだしな。マルクス主義によう似てるわ。

しかし、愚かな王族がいなくなって民主的な独立国家が生まれた場合、石油は今までのように手に入らなくなるかも。。だから、今のままでいいじゃん。。貧乏人は死ぬまで貧乏だしほっとけばいいし〜〜。。という金持ちや権力者が油と金と既得権益を守るために、民を犠牲にしているという構図がはっきり見えていない人は大人としてやばい。

スンニ派が〜〜とかシーア派が〜〜とか言うけど、結局、愚かなトップが、ちょっとムカついただけで国民の理解も得ぬまま勝手に争って勝手に断交して勝手に貿易までストップしてしまうというガキのような政治をしているのが問題。で、神のせいにしたりするんだ。。神が怒ってるとか言って。くだらねえ。。

イスラム教は本来貧乏人を助けなさい、弱い人を守りなさいという教えがあるが、どういうわけかイスラム社会は真逆の社会を長らく無批判に受け入れてきた。イスラム教は悪くないが、イスラム教を信じてる人間は異常なまでに権威主義的性格である。無政府主義より圧政の方がまだマシとの教えがあるからなのか。まあ、イスラム国を見てると確かに圧政の方がマシであるが、イスラム国は圧政から生まれた病理、悪魔であるとの認識もまた必要だろう。

サウジ連合とかイラン連合とか、簡単にまとまることは絶対にないが、ああムカついた!とテロリストに代わりにやらせるのがサウジ王族の伝統的やり方だ。金が流れて喜ぶのはイスラム国。世界の混沌はまだまだ続くだろう。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください