イスラム国 残虐行為ランキング

シェアする

とある海外フォーラムでイスラム国の極悪行為をランキングした記事を発見したので、その他の記事とあわせてまとめてみた。

既に情報が古い可能性もあるし、イスラム国の行為は現在進行形でもあるので、どのみちいずれ古くなるだろう。また、継続中の戦争はガセネタが多いものでありあくまでこれは参考に過ぎず、順位なども適当な基準であることを最初におことわりしておきたい。

日本人と海外の極悪と思う感覚の違いや、え?こんな事件あったの?日本だと報道されてすらいないじゃん!?という感じを味わっていただきたい。日本はとにかくイスラム国関係を報道しなすぎだと思う。宣伝してはいけないがほっておいていいものでもないと思う。


10位:ヤジディ教徒女性3500人を奴隷として売り払う

2014年12月に、北イラクで3500人のヤジディ教女性が性奴隷として捕えられ、売り払われたことが報じられた。彼女たちは拷問にかけられ繰り返し繰り返し暴行されている。イスラム国は悪びれることもなく奴隷を扱う際のエチケットなどを公表。例えばそれはこういうQ&Aの形式であった。

質問:思春期に達していない奴隷とアレしてもいいのですか?
解答:思春期に達していない場合、順応できる場合とそうでない場合があります。

試してみろってことかよ。おぞましすぎ。

9位:赤ちゃんに母乳を与えるために胸をはだけた女性に対し、中世の拷問を執行
milk
公共の場で赤ちゃんに母乳を与えるために胸をはだけた女性がいた。これはイスラム法で禁止された行為だとして、女性によって編成される宗教警察がこの若い母親を逮捕。猟で動物を捕えるときに使う罠のような器具を胸に押し当てて彼女の胸を徹底的に切り刻んだ。女性は一命をとりとめたが女らしさを象徴する部分は完全に破壊されていたという。

biter

拷問に使用されたとされる器具

8位:イスラムへの改宗を拒んだ子供たち4人の首を切る
イラクのイスラム国占領地で起こった悲劇。武装勢力はキリスト教徒の15歳以下の子供たちにイスラムへの改宗を迫った。しかし子供たちのうち4人は「いえ、私はイエスを愛しています。イエスはいつも私たちと共にあります」と答えた。武装勢力は4人の子供たちの首を切り落としたという。

7位:イラク軍捕虜600名を処刑
hostage
これはイスラム国の蛮行としてわりと最初に報道された事件だ。急きょ旗上げし、新生イラク政府を急襲したイスラム国は、各地で新生イラク軍を撃退。得た捕虜を片っ端から処刑した。アメリカ軍に長年訓練されていた新イラク軍だったが、スンニ派とシーア派の宗派間対立の激化によってどうにも士気が低く弱兵揃いだったという。それに比してスンニ派支配地域で徐々に支持を拡大し、旧イラク軍の高級幹部も多数潜り込んでいたイスラム国は単なるテロ戦術に終始するでなく、近代的戦術にも精通しており、アメリカ軍が流していた近代兵器を多数鹵獲し、かなり強かったと推測されている。また、この捕虜の皆殺し作戦は、西側が作ったスタンダードや国際法など知ったことかと世界に高らかに宣言した象徴的事件と言える。

6位:ヨルダン軍パイロットを生きたまま焼殺
日本でも有名になった事件で説明は不要だろうか。動画が存在するがあまりにも過激かつ宣伝臭が強い内容であるため、紹介するのはやめておく。

5位:アルバグダディ(町の名前)で45人の市民を焼き殺す
map
2015年2月、イラク北西部の要所アルバグダディがイスラム国戦闘員に包囲され、その近隣で米海兵隊に訓練を受けていた新イラク軍の兵士やその家族たち45人が焼き殺された

4位:リビアで21人のコプト正教会の信者の首を切り落とす
coptic
2015年2月15日、リビアでコプト正教徒(エジプトで発展した教会)21人が、オレンジ色のジャンプスーツを着せられた状態で波打ち際で整列させられ、首を切り落とされた。その模様は撮影され、世界に公表された。オレンジ色の服はグアンタナモへの報復なのか、、、

残酷戦場写真館38 グァンタナモで何が起きたのか

3位:子供たちを磔刑にして写真に撮る
isis-crucify-youth
2015年2月、イスラム国が新しい残酷ビデオを発表した。キリスト教徒と思われる17歳の少年を磔刑にかけ、三日間放置して殺しその模様を撮影した。イスラム国はいたるところでこのように「異教徒」を磔刑にかけて殺すという趣味の良すぎる拷問を繰り返している。少し探せばそのような写真や映像が山ほど見つかるがあまりに残酷なので閲覧注意。

2位:カメラの前でジャーナリストなどの首を切断
日本人も犠牲になったが、世界中の人権活動家やジャーナリスト、観光客などを捕まえてはカメラの前でプロパガンダを読ませ、生きたまま首を切り落とすという映像を世界中に流通させている。

1位:北イラクのシンジャル山で少なくとも500人の民間人を虐殺

yazidi-sinjar-massacre-anniversary-protest

シンジャル虐殺後一年にちなんだデモ集会

2014年8月、イラク北部のクルド人自治区シンジャル山がイスラム国に包囲され、少なくとも500人が処刑され、数えきれないぐらいの女性が性奴隷にされ、それとは別に子供や老人も100人以上戦闘に巻き込まれて死亡したとみられている。被害者は主にヤジディ教徒で、2014年だけでも5000人のヤジディ教徒が虐殺され、6000人以上の女性や子供が誘拐されて奴隷化されているとみられている。野蛮すぎる。

※※※※※※
今回は主にイラクでのイスラム国の蛮行を紹介したが、難民があふれているシリアの現状に関しては真偽不明の情報が混在しており、よくわからないというのが正直なところだ。シリアについても状況が分かり次第追っていきたいと思う。
それにしても女性や子供が主な被害者というのが戦争の正体だと改めて思い知らされる。イスラムの前近代的なジェンダー観も一役買っているように思う。このジハード運動は過去への異様な憧憬と激しい男尊女卑いう点においてファシズムに酷似している。ヒトラーを産んだ雌犬がまた発情しているのだ。世界はまた「奴」を阻止するため立ち上がることができるだろうか?

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください