TPP 悪夢の世界

シェアする

TPP大筋合意…消費者への恩恵は?

http://www.yomiuri.co.jp/matome/20150527-OYT8T50137.html

ついに亡国のニトロ燃料が注入されてしまった。


このブログは政治の話をするのは嫌いなのだが、時にはせざるをえないこともある。

確かに食い物高いよなあ、、、どんどん上がっている気がするし、あ~最近モノ高いよなあとみんなため息ついてるのにいきなり消費税を3パーセントも上げた無能な政府により我々の生活は日々圧迫されているのである。まさかこの流れはTPP参加を国民に是認させるための壮大な作戦だったのではないかとさえ思える。

特におれがイタいのは税抜き価格を巨大に表示する状態がいつまでも改善されないことである(なんでだ?)。5パーセントの時は消費者に誤解を与えるからという理由で税込み価格を大きく表示することが普通であった。これはモラルの問題でもある。しかし例えばスーパーならまだ冷静に価格を見ることもあるが、居酒屋などでは税抜き表示にしか目がいかない。だって居酒屋ってだいたい暗いし酔っぱらってるから8の倍数の暗算なんてやりたくないだろ。この結果異常に頼みすぎてしまって痛い目にあうことが多い。そうとう控えめに飲んでいるつもりでも、目を疑うようなお勘定を請求されることも。これははっきりと世の中が変わってきているな、と感じる。

で、給料は増えたかと言われたら増えてない。家賃や駐車場代まで3パーセント上げられる始末だ。本当にムカつく。給料も問答無用に3パーセント増やせばいいじゃないか、と居酒屋のおっさん口調で怒鳴りたくもなる。本当は泣きたいのだ。

しかしTPPで関税が撤廃されて色々安くなりまっせ~と言われても素直に喜ぶことはできない。我々が安い外国の食品を買うことで、確実に血を流している人々がいるわけである。それはわかりやすいところで言えば国内の農家や漁師など、クソ少ない国内の食料自給率をどうにかこうにか下支えしてくれている人々である。これらの人々を圧死させることにつながる。農家はもうからんと辞める事業者も続出するはずだ。そうすれば食料自給率はさらに下がる。こないだウクライナの大飢饉の小説を書いたばかりなおれであるが、食い物がなくなるとどうなるのかというのは吐くほど学ばされた。例えば軍隊が国の外周を包囲するだけで六道輪廻の餓鬼道の現出である。全く恐ろしい事態で、国に残るのは痩せ細った餓鬼と放射能だけ。悪夢である。

マクロな視点で見ればより安いものが売れるという観点から世界規模で国境を越えた価格競争が起こるわけで、これは事業者に如何にして安い労働力を手に入れるかということを必死で努力させることにつながり、つまるところ労働環境が劇的に悪化するだろう。日本の農家の中でも外国人実習生の名の下に奴隷労働をさせるという事態が現実にすでに起こっているが、「メイドインジャパンの素晴らしい技術を劣等人種のチミたちに教えてあげるよ?だから時給50円で働きなさい?福利厚生は社員寮だよ?六畳一間に10人で住んでね?」とやる連中が今の百倍ぐらいに増えるかもしれない。食の安全問題もさらに深刻化するだろう。コスト減コスト減は要は品質の低下、安全管理の手抜きにつながる。悪夢である。

外国に目を向ければ安い労働力と言えば、一番手っ取り早いのは子供や被差別階層や棄民層を使うことである。彼らは安い給料でまじめに働くし、言葉がわからなかったり知恵が足りなかったりで複雑すぎる資本主義の巧妙な労働契約を理解せぬまま資本家に奴隷として使役されることになる。インドで8歳の少女が有名アパレルブランドの工場で一日1ドルで15時間働くという事態がさらに加速するというわけだ。とても喜べたものではない。

それに日本にとっても安く売れるからと輸出が増えたりするのかもしれないが、労働力が不足している現状で輸出を増やすことありきの経営方針を打ち出されると、結局今でも3人分の仕事を1人でやっていた現場が、さらに5人分の仕事を増やされるという事態を招くことになる。労働環境はさらにブラック化し、労基署は「しょうがないですよね」と眉間にしわを寄せるふりだけして終わりに違いない。「だってお国のためですよ」「今は国民すべてが一つの目標に向かって耐え忍ぶ時ですよ」「聖戦完遂!一億一日十八時間労働!」という悪夢が現実になる可能性ありだ。地獄である。

さらに著作権の問題がある。順調に著作権侵害は非親告罪となる。「被害者の告訴が必要だから非親告罪化されても大丈夫」という意見が今のところ大勢だが、こんなもん被害者側が本腰入れたら吹けば飛ぶような安全保障である。グレーなことはやめておこうぜ、、、とブロガー側が自主規制する流れは確実に強まり、絶対せき止められないはずだ。文化は衰退し、オタクアニメでもうけていた産業も長期的にユーザーの減少を招く事態になる、、となると日本に国益はない。

と、悪いところ以外思い浮かばないぐらい最悪である。自民党は選挙前にはTPPはむしろ反対派ではなかっただろうか?いまや現実となってしまった悪夢の世界だが、どうにかして自分だけは生き延びられる方策を考えねばならない。資本主義はさらに進み、貧困はさらに拡大し、一部の富裕層が一人勝ちするマルクス・エンゲルスが危惧した時代に。。。おちおち外食したら寄生虫入りの食材が使われたハンバーグランチが九八〇円(税抜き)ぐらいで出てくる世の中なんてマジで最悪だしな。ここ一つとっても最悪だ。富裕層のみが高額の安全なヘルシーな食事をして健康な体型を維持し、貧民層はジャンクフードや揚げ物ばかり食ってぶくぶく太っていく。ああ、とんでもないことになっちまった、、

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください