「 2015年08月 」一覧

終戦記念日

戦後70年だからなんなんだおらー!
とは口が裂けても言えない状況です。この時期はわいの店も掻き入れどきじゃけえ。アクセスも広告収入も三倍ぐらいに膨らんどるけえのう。戦争さまさまじゃのう。
>>続きを読む

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください

闇と病み

これはこないだテレビで、著者の押川剛 氏がTVで出ていて、この本の中で書かれているようなことをしていた。精神障害者やDV男、アル中や犯罪者予備軍のひきこもりなどを、親の依頼で精神病院や専門のグループホームなどに非暴力的手段で説得し、移送するのである。番組自体は迫真のルポタージュで、すさまじい緊迫感にワタクシも生唾をごっくんごっくんと嚥下しながら真剣に観た。そして後日この本を書店で見かけて手に取った。
>>続きを読む


日本褒めさせる系番組まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2141318293834147001

一時のブームかと思っていたのだがいい加減しつこい。テレビをつけたらまず間違いなく毎日どこかの局でやっている。番組構成は毎回ハンを押したように同じで、外国人(=ほぼ白人であることに注目したい)にとにかく日本を褒めさせるだけ。褒めさせるネタは噴飯ものにしょーもない。たいがい食い物だったり、企業のサービスだったり、旅先の美しい風景や温泉や地元の親切なおばちゃんだったりする。
>>続きを読む


70年

戦後70年だからか、最近非常にアクセスが増えております。戦争映画のページも、このブログもです。ありがたいことです。

最近は「野火」や「炎628」や「日本の一番長い日」など、過去の名作をリバイバル上映したり、リメイクしたりといった動きがけっこう盛んに行われており、そのおかげだと思いますが、戦争映画もアートとして、一つの映画のジャンルとして、認められてきているのかな?と感じております。
>>続きを読む


進撃の巨人 映画版

あまりに暇なので観た。
マイワースト映画「ローレライ」と同じ監督の作品だと聞いた。金を払ってでもムカつきたい気分だったのである。

原作の漫画はちょっと前に一巻だけ斜め読みして以降は手に取っていないので、先入観はほぼゼロだ。先入観が全くないという環境は貴重であると思う。

>>続きを読む