マッドマックス 怒りのデスロード 3D

シェアする

怒りのデスロードをまた観てきた。

今度は3Dで日本語吹き替えだ。

おれは劇場で吹き替えだの3Dだの観たことなかったから、今回はいろいろと初体験だ。


映画館に行って二度映画を観るというのは、個人的には滅多にないことで、おれはよほど気に入っても、あえて観ないでDVDの発売を待つ。で、記憶が薄れている頃にDVDが発売されるでしょ?それを観て、また1度目と同じぐらい感動するわけですよ。

というわけなんですが、これはもう近年観た映画では別格でした。これを観れる環境にありながら、観ないのは犯罪的だと思えるほど。これ観てパッとしないなら、もう映画は死ぬまで観なくていいんじゃない?もう映画というメディアが好きじゃないんだと思うわ。。

と、そんなこと言ってしまいたくなるほど、これはやはりヤバかった。

3Dとか吹き替えとか、もう何がどうだったかよくわからないです。ただ言えるのは、とにかく二度目だったが、これはやはりヤバかったということだ。

イモータン・ジョーはプレデターのようなシルエットでけっこうカッコいいし、おれはこういうので女性キャラが派手なアクションかますのははっきり言って嫌いなのだが、そんなおれでもこの映画のシャーリーズ・セロンは勃起もののブツだということは断言する。その他個性豊かなキャラクターが多数登場し、久々にフィギュアが発売されたら是非欲しいな、と思った。ホットトイズがまず間違いなく発売するだろうが、中でもフュリオサやマックスなど、主役級のキャラがむちゃくちゃカッコいい。ジョー様も。ギター野郎も。

とりあえず完璧な映画で、興行的には成功しているにもかかわらず、ボチボチ来週から公開終了の劇場も出てくるようだ。おれも二回観たけど、劇場はスカスカだった。これ観ないで他の映画観てるなんて馬鹿じゃない?とおれなどは真剣に思うわけだが、日本映画のクソつまらなさをみるにつけ、日本映画界の斜陽は観客のレベルにあるように思えてならない。ここ最近、日本映画は本当につまらない。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください