やばい、疲れた

シェアする

この二日、小説を書いて書いて書きまくり、今5万文字を超えたところです。某サイトにてすでに公開しています。

当初は油断して同じハンドルネームで活動していたら、けっこうこのブログのお客さんに見つかってしまいまして、急遽名前を変えました。

今は私のハンドルネームでは検索しても見つからないはずですし、見つからないように、と願っています。断っておきますが、それでも私の名前で検索までしてくれてコメントまでくれたお客さんには感謝の念しかありません。そこまでする方がいると思っていなかったので(笑)。でも読み始めたからには継続してコメントくださいね(笑)。まだ未完成なんで書き直す余地はかなりありますから。

同人投稿サイトでとりあえず反響を見て、推敲を重ねてからブログで順次連載形式で晒していこうかな、と考えていたので、まだあの小説は完成する見込みもなければ、タイトルも適当な仮題ですし、推敲作業を繰り返して最終形態にするにはまだまだ時間がかかると思っています。まだ大っぴらにお披露目したくはないのです。

それでも我ながら、いや、意外とよく書けたなwと考えています。なにしろ生まれて初めて書く小説なんだから。それにしてはあまりグダらずスピード感を維持したまま5万余も文字を連ねられたなあと、自分の馬力に感心しています(笑)。なんだこの自画自賛(笑)。

まあ自分の書いた文章ですし、一番読んでるのはおれなんだよね。自分の小説は穴が開くほど何回も読んでいます(笑)。おもしろいじゃん(笑)。というわけで小説を書くのはかなり楽しいので今後も継続していきます。

物語はおれの中でひと段落ついてしまったところで、これからまた無限の調べもの、調査活動、資料漁りがはじまります。まあと言っても、関連本はほとんど全部おれの部屋にありますから、また引っぱり出せばよいだけなのですが、、、

この週末、風邪をひいていることもあり、家にこもってずっと小説を書いていました。ワタシは最近では完全にスマホで文章を書いています。自由な姿勢で書けるから腰が楽だからです。ただ、右手の親指をやたらと酷使することにつながり、現在解剖学的に母指球と呼ばれるところが大変痛い。指が疲れました、、丸二日取りつかれたように親指を動かしまくった結果、書けた文字数はたったの3万文字です。最低長編と名乗るからには14万文字ぐらいは最低限必要ということで、これはかなりきつい作業です。生みの苦しみとよく言うが、調べものしつつ、文字を打ちつつ、物語もおもしろくしなければならない、誤字・脱字のチェック、歴史考証のの再確認など今までの執筆活動の中で言えば、第三帝国極悪伝説シリーズよりもさらに大変です。

単純に文字数が多いし、完成しなければ今までの苦労も水の泡。。なわけです、、、

大変だけどこれはかなり楽しいです。昨晩はほぼ徹夜しましたが、今日もほとんど寝ないで作業していました。楽しいからこんなことができるのですよね。体はかなりツラいですが仕事に支障が出ない程度に頑張りたいと思います。書き始めた当初に比べれば登場人物が活き活きと活動してくれるようになってきました。なんとかここまで頑張ったのだから完成させたいですね。

あと、おれの小説を読んだ方は是非メールアドレスを教えてください。いろいろ聞きたいこともあるので、メッセージ欄かweb拍手からお願いします。とにかくひと様からのフィードバックが欲しい状況でして。どうかご協力を。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください