神様の言うとおり

シェアする

とりあえず、暴力的なエンターテインメント映画を定期的にバンバン作ってくれている三池崇史監督作品だ。

とりあえず、日本人の監督しては、ワタクシも一番信用している監督である。馬鹿馬鹿しいけど暴力的。傑作はないけどそれなりのクオリティ。今回の作品は悪の教典の焼き直しのようなお話。高校生を殺したくて殺したくてしょうがないらしい。「バトロワ」リメイクしれくれんかの。


お話は、いきなりダルマさんが転んだから始まる。ダルマさんが転んだ、で負けたら頭が破裂して死ぬのである。いきなりこれだからつかみはおっけーである。映画は冒頭が一番大事だと思っている。いきなり吐きそうなほどのゴア描写が山盛り盛り付けられており、素晴らしいと思ってしまった。

しかし、お話があまりにもシュールすぎるのと、展開がルール無用すぎて緊迫感がないことと、相変わらず美男美女にしか人権を与えないところなど、悪しき日本映画のくびきからは脱却できていない。いかに三池崇史といえど、俳優の黒い人脈から自由になることはできないのだろうか?また染谷くんが出ているのには失笑だ。まあチョイ役ですぐ死ぬからいいが、最近日本映画を観たら必ず絶対に登場しているように思う。いくらなんでも使い回しすぎだ。一体どうなっているのかさっぱりわからないところがまた不気味である。

話も不条理すぎてもはやギャグだし、招きネコとか普通に可愛いし、なんか観ていて真剣になれなかった。ソウのようなシチュエーションスリラーというにも、お話が意味不明すぎる。最後まで観てもよくわからなかったのだが、なんとなく続編がありそうな終わり方であった。この話で続編作っても大コケは間違いない。絶対にやめたほうがいい。おれは初見でもシロクマあたりでもう飽きてたもんな。

そんな不条理なお話ながら、キャラクターは全く平凡で、切り売りのテンプレをそのまま使ったかのような安さ。俳優の演技の稚拙さがそれに拍車をかける。なんのとりえもないけどイケメンでモテモテのジャニタレもどきに、いかにもヤリ×ン面なのに特に他に男もいないし主人公に勝手に恋する幼ななじみ。しかもそれが2人。他は全部脇役で殺されるのみ。ひどいキャラ設定だ。

「リアル鬼ごっこ」も奇抜な設定が目立ったが、キャラがオタク漫画のテンプレそのまんまで死ぬほど退屈な映画になっていたのを覚えている。

今回のこれも残虐描写はエゲツないのに、どう考えてもガキ向けである。中高生向けだ。もともとの原作がガキ向けの漫画なのだろう。そこを三池崇史が「悪の教典」風味に容赦なくやっちゃったのだろう。そう思うしかない映画。

美男美女への過剰な賛美からもう少し距離を置いてほしい。人間にはいろんな顔の人がいて、いろんな人生がある。世界の多様性を理解してほしい。

↑↑
なにか一言メッセージでも残して行ってください